2005年12月15日

今後、Yahoo!ブログにはアクセスしません。

DOB_devil(byTakashiMurakami)■頂いたコメントから、修正と加筆。
・訪問履歴は、自分がYahoo!ブログを持っていない場合、残らない。
・但し、例えばYahoo!ブログとYahoo!オークションを同じID・ニックネームで使っている場合、ブログのIDからオークションの取引履歴が覗かれる可能性あり。
・ニックネームの使い分けにより、それを回避できる。Yahoo!では一つのIDについて6つまでニックネームが登録できる。(ニックネームの変更は「プロフィールの編集」からできる)
以上、12/16追記。

・上記の情報より、たまにアクセスしてます。
以上、2006/1/18追記

以下、12/15に書いた記事本文。
−−−−−−−−−−
 以前から思っていたのだけれど、Yahoo!JAPANは、「膨大なユーザーを抱えるメリットとデメリット」を正しく理解していないのではないのかな。
 Yahoo!のIDを一つ取得すると、メールやオークション、ブログなど、様々なサービスが利用できる。それはとても便利なこと。しかし同時に、嫌なことだってあるわけだ。
 かなり以前の記事なのだけれど、下記の記事によると、Yahoo!にログインした状態でYahoo!ブログを見に行くと、あしあと(訪問履歴)が残るらしい。
Yahoo!ブログにも「あしあと機能」があり、ログインした状態で、同じサービス内を巡回すると、コメントの有無にかかわらず、その履歴が相手のブログに表示されて、恐らくは相手も興味津々にこちらのブログを訪問してくれることでしょう。
むだづかいにっき♂:あしあと機能とランキング
 これ、自分では試していないので、もしも違っていたら指摘してもらいたいのだけれど、このことがずっと気になっていた。だってこれはつまり「相手に自分のIDを教えること」だから。
 少し前に「IDとパスワードの盗み方」という記事を書いたのだけれど、IDを知られる、というのは結構リスキーなことだと思うのです。

 もちろん、どのwebサービスにもIDはある。そんなのはYahoo!に限ったことではないのです。
 しかし、Yahoo!は利用されすぎている。メール、オークション、ブリーフケース、ブログ、カレンダー、アドレス帳、その全てを使っていたとしたら。そして、それら全てを利用できるパスワードを、もしも盗まれたらどうなるのだろうか?パスワードが盗まれたら、というのは極端な例だけれど、一部の情報は、IDを知るだけで覗くことができるのです。

 Yahoo!JAPANは、そこら辺の所をもう少し考えた方が良い。登録ユーザ数の少ない弱小webサービスではない、だからこそ存在する障害、というものがある。この問題はまさしくそれだろう。

 そんなわけで、あしあと機能があると思われる以上は、自衛手段としてYahoo!ブログへのアクセスは今後行いません。Yahoo!ブログからのトラックバックについては、こちらで確認できる概要文だけ読んで削除する可能性があります。あしからずご了承ください。
 一応書いておくと、僕はYahoo!のサービス全般に対しては、大きな不満は持っていません。Yahoo!ブログはあまり好きではないですけど、それと今回の件に直接の関係はありません。

付記:ブラウザの設定で同サービスへのアクセスを禁止しました。
■Sleipnir2.00での設定方法
・セキュリティーの「ページブロックマネージャ」でURI「http://blogs.yahoo.co.jp/*」を追加(*=アスタリスク=半角の米印を忘れずに)
・セキュリティーの「ページブロックの有効」にチェックを入れる。
posted by LSTY | Comment(14) | TrackBack(0) | Web(ブログ) | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
Yahooはニックネームとか言う機能を使ってID漏洩を防ぐ事が出来ますよ。
僕は基本的にログアウト時にしか巡回しませんけど。
Posted by えっけん at 2005年12月15日 16:11
■えっけんさま
 おお、そうなのですか、ありがとうございます。でも、正直どの情報がどこまでオープンになってるのか、すごく分かりにくいんですよ、Yahoo!のIDに関する情報って。ニックネームが複数設定できるけど、その相関関係がいまいち分からなかったり、いやーなわかりにくさがある。
 そういうわけで、躊躇してしまいます。
Posted by LSTY at 2005年12月15日 16:18
ついでに、gooブログのそれ。
gooブログはURIの末尾がIDになっていて、メアドも共通です。
このことが不満なユーザーも多いようです。
ただ、gooのフリーメールのスパムフィルタは、結構高性能で、自動的に迷惑フォルダに入れられていて、有料版の特権であるメーラーでの受信をしても、メーラーにはスパムが来ません。
今の所、必要なメールがスパム扱いされたこともないです。
Yahooでも同じ自動振り分け機能があるのですが、こっちはメーラーでの受信の際は、無視されてしまう為、結果的にスパムが多いことになります。

それでも僕のメインメアドはYahooなのですけど。
Posted by えっけん at 2005年12月15日 16:59
■えっけんさま
 「このサービスには、このIDを使う」というのが選択できれば良いですね、ユーザーとしては。もちろん同じIDで複数のサービスも使えて。
 サービス提供側は大変そうだけど。

 実生活に置き換えると、会社でもレストランでも、飲み屋でも、本屋でも、エロビデオ屋でも、風俗でも、どこでも同じ名前の名札つけて入るような、そこまでの勇気は、僕にはないですから。
Posted by LSTY at 2005年12月15日 17:15
Yahoo!にログインした状態でも、ブログを開設していない場合は、
コメントしない限り訪問履歴は残りません。
私もコメントする時以外は、ログアウトしていますが。

えっけんさんの言うとおり、IDとは別のニックネームを使い分けることで防ぐことができます。
(1つのYahoo! JAPAN IDには6つまでニックネーム(公開プロフィール)を作成できます。)
「◆Yahoo!IDニックネームの使い分け」 という記事に書いたのですが、(Yahoo!で^^;)
登録したIDのままブログ開設した方は、公開プロフィールにブログURLが表示されるので、
同じIDで複数のサービスを利用する際は、別のニックネームのほうがいいでしょうね。
ちなみに、オークションの履歴が丸見えの方も大勢いらっしゃいます。
私はとてもじゃないけど見せらんない(笑)
Posted by らぶ at 2005年12月15日 21:29
■らぶさま
 貴重な情報をありがとうございました。えっけんさんからの情報も含め、追記しました。

 例えばSeesaaにしてもはてなにしても、ブログサービスが中心のサービスの場合はIDの使用範囲が限定されるし、それがオープンになることが前提なので良いんですが、Yahoo!みたいに総合的なサービスを扱う場合には、どのIDがどういう風に管理され、どこに履歴が残り、どの情報が覗かれる可能性があるのか?っていうことをアナウンスするべきだと思うのです。

 ただ、それをアナウンスしたことにより、悪意のあるユーザーによるいたずらも頻発するだろうから、そのバランス感覚が微妙なんですけどね。
Posted by LSTY at 2005年12月16日 10:29
楽天ブログはブログの右上にあるShoppingListという項目をクリックすると
その人が楽天で何を購入したかがわかってしまいます。
(ただし評価したもののみ)
この機能を削除してくれと楽天にメールしたけど
ダメでした。
この機能を知らずに、Hビデオなんか買って
友達に「ブログ、作ったよー」なんて教えたら
エライことになります。
そもそも、第三者に自分が購入した商品が
のぞかれるなんてイヤですよね?
Posted by LIN at 2005年12月16日 10:52
追記ありがとうございます。
Yahoo!ブログユーザーでなければ、閲覧だけで足跡(ID)が残るわけじゃないのでご安心を(笑)
補足ですが、訪問履歴を表示しているブログ(Yahoo!)の場合、
IDの横に表示される「×」をクリックすれば自分で履歴を消すことはできます。

Yahoo側のアナウンスが不十分という意見もありますが、
ユーザー側も、何を公開して何を非公開にするべきか
自分で考えて選択したほうがいいと思います。
公開プロフに「既婚で恋人を探している」という選択があるYahoo!って、
やっぱり出会い系でしょうか?(笑)
Posted by らぶ at 2005年12月16日 11:19
■LINさま
>楽天ブログはブログの右上にあるShoppingListという項目をクリックすると
>その人が楽天で何を購入したかがわかってしまいます。

 それって、どういう神経なんだろう?買い物を見ると、その人の家族構成が分かったり、知られたくない身体的な障害とか、そういうことがオープンになる可能性もあるわけでしょう?
 それを公開させる神経が理解できないです、僕には。
 人の痛みや隠したいことの存在なんて、想像できないのでしょうか?

 ここら辺、web上の匿名性と絡めて考えると、深いような気がします。って語り尽くされてる感もあるけど。
Posted by LSTY at 2005年12月16日 11:50
■らぶさま
 再度のご教授、ありがとうございます。

>IDの横に表示される「×」をクリックすれば自分で履歴を消すことはできます。

 それは、「公開されてる場合」に限っていて、ユーザーが一つ一つ、手動で消さなくてはいけないわけですね?だったら根本的な解決策にはならないな。

>Yahoo側のアナウンスが不十分という意見もありますが、
>ユーザー側も、何を公開して何を非公開にするべきか
>自分で考えて選択したほうがいいと思います。

 僕が書いた意味は、Yahoo!は「ユーザーのどの情報が、どのような場合に、どのような形で」公開されるかを、もっとわかりやすくアナウンスするべきだ、という事です。それがなければ、公開・非公開の判断も付きませんから。

 今でも、よーく見れば分かるんだけど、でもかなりわかりにくいんですよ。使ってて不安になることがしばしばあります。例えば、画面の一番上に、現在使用しているニックネームと、公開されている情報を表示しておくとか、そういう工夫があっても良いんじゃないかな?と思います。

 誤解して欲しくないのは、僕は別にYahoo!嫌いじゃないんですよ。プレミアム会員にもなってるし、もっと安心できれば、もっと使い方を広げたい、と思ってます。でも今のままじゃ不安。なんか怖い。
Posted by LSTY at 2005年12月16日 11:59
はじめまして。
ブックマークのコメント拝見させていただきました。

つまんないっていうのはLSTYさん個人に言ってることではないです。システム全般に対して、というか。。。組織だっていれば、こういうことは必ずおきてしまうんだなあというような。web上だろうがなかろうが、一緒だなーっていうような。

別に批判じゃないので。。。
ブックマークのコメントは感情的で適当なので。
もしかして変に誤解させてしまったかもしれないなぁと思い書き込みさせていただきました。このコメントで誤解が解けているか謎ですが。すみませんでした。

あ、あといつも楽しくblog拝見させていただいています。面白くて気持ち悪い記事が多くて楽しいです。ありがとうございます。
Posted by mozy at 2005年12月16日 18:27
■mozyさま
 なんか「戦争っぽい」という表現が気になったので。別にYahoo!のユーザーと喧嘩する気はないのです。この記事に限って言えば、ユーザーを批判するつもり全然無いんで。

 ただ、僕はよく一部のYahoo!ユーザーを罵倒したりしてるんで、誤解を招きやすいというか、挑発に見えるのかなあ、と思いますが。

 Yahoo!ブログはやっぱり、作り方が偏りすぎてるなあ、と思うのです。顧客の囲い込みに特化しているというか。その結果として閉鎖的になり、Yahoo!内でしか通用しない、しかし強いルールが生まれたり。

>面白くて気持ち悪い記事が多くて楽しいです。

 これは褒め言葉?(笑)褒め言葉だと理解しておこう、その方が精神衛生上良いから。
Posted by LSTY at 2005年12月19日 10:04
もちろん、褒め言葉でございます!
正直にありのままを書いているのだなぁと思える記事が多いと、わたし気持ち悪くなるんです。きらーい、という感情と、面白い、という感情が混ざって。でも人間てそういうもんだと思うし、そういう風にわたしは書けない(どうしても表面をよそおってしまう)から、凄いと思ってます。
なんかファンレター書いてる気分になってきました(笑)
Posted by mozy at 2005年12月19日 14:33
■mozyさま
 そうでしたか。ありがとうございます。
 気持ち悪いと思いながら見て頂けるのはありがたいです。

 昔、野田秀樹(劇作家)が、「客が、僕の芝居を見た後、帰り道で人殺しとかしてくれたら嬉しい」というようなことを言っていました。甚だ不穏当な言葉ではあるけれど、表現するというのはそういう物なのかも知れません。

 見ている人の気持ちをゾワゾワさせることができたら、それはとても光栄です。
Posted by LSTY at 2005年12月19日 15:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10692239
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック