2006年01月05日

歌舞伎「研辰の討たれ」レビュー

DOB_devil(byTakashiMurakami)・實川延若の「研辰の討たれ」をビデオで見る。以前に見た覚えがある。町人が、お殿様に取り立てられ、侍になるのだけれどそれが肌に合わずに道を踏み外す歌舞伎。ものすごく近代的なテーマで、明治以降に作られた話だろうと思う。
・結論は「結局、侍と町人は別物で、その異文化間でのコミュニケーションなんてできないんだよ」という、素敵な物でした。
・タイトル通り、主人公の研辰は最終的に殺されるのだけれど、じゃあ彼が悪者なのかと言えばそうではない。これが面白いところで、歌舞伎で殺されるのは常に「本物の悪者」である、と相場が決まっている。
・いわゆる「悪者」、つまり泥棒なんかが主役の歌舞伎はいくらもあるけれど、その泥棒は「本物の悪者」ではなくて、むしろヒーローだったりする。そういう人は殺されない。とらえられる直前で幕切れ、というのがパターンになっている。
・ほとんどの場合殺されるのは「本物の悪者」、つまり観客が全くシンパシーを感じない役である。でも研辰は無惨に殺される。
・研辰は悪者として存在する役だけれど、しかし主人公であって、「観客の側」にある人間だ。それがあっけなく殺される。ボニーとクラウドのように。
・面白い芝居だと思った。
・この作品は、最近野田秀樹がリメイクして「野田版・研辰の討たれ」として上演したらしい。見てみたいが、しかし、野田秀樹も随分扱いやすい演目をリメイクしたな、と思う。この芝居は、もうすでに近代的な作品として成立している。リメイクするなら、時代物の方が手応えがあったのではないだろうか。野田秀樹が解釈した時代物って、見てみたい。
(實川延若=実川延若=じっかわえんじゃく、研辰の討たれ=とぎたつのうたれ)

↓これが野田版。
歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11348150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック