2006年01月24日

食べたことのある肉、食べたい肉

DOB_devil(byTakashiMurakami) 適宜更新さんの記事を読んだ。
イノシシ、うまし
 猪はしばらく食べていない。猪と言えば魯山人の幼少期に関する記述が有名だけど、確かにおいしい物だと思う。何故広く食べられないのだろうか?魯山人の記述によると、当時は猪肉は牛肉よりも廉価だったようだけれど、それでもあまり広くは食べられなかったようだ。
 そんなことはいい。今まで僕が食べたことのある肉と、今後食べたい肉をメモしておこうと思ったのだった。

■食べたことがある肉
(鴨やうずら、猪などの味、あの特有の風味を、食べたことのない人に説明するのは難しい。やはり参考になるのは牛肉の味で、脂身の少ない、廉い牛肉を十分焼いて、それを噛んだ時に出る肉汁、あの味が近いのだと思う。馬刺しについては、鯨の刺身に近いが、そのどちらも食べたことのない人には「腐りかけの鮪の赤身」と言うとイメージが湧くかも知れない。)

・鴨:蕎麦屋に行って、あると必ず食べてしまう。一番手軽に「野趣」の様な物を味わえる肉。
・家鴨:ほとんど北京ダックしか食べたことがない。
・うずら:小骨が多く往生したが美味。
・すずめ:頭蓋骨のかみごたえを味わう珍味に過ぎない。
・だちょう:とても美味。鳥よりも牛に近い脂肪分の多さ。肉は軟らかい。

・蛙:鶏の油を抜き、固くしたような肉。
・わに:固く、まずかった。
・かたつむり:さざえの海の旨味を山の旨味にして、柔らかくした感じ。

・馬:馬刺しは好物です。
・猪:豚肉を若干固くした肉質
・兎:繊維質だが固くはなく、適度に脂質があっておいしかった。

・河豚:「無味の味」と自分を説得しながら食べましょう。
・うつぼ:高知で。油のかたまり。しかしそれなりに美味。
・鯨:刺身は馬刺しに近い。
・上海蟹:強く官能的、動物的な旨さ。レビューはこちら

■食べたい肉
・蛇:香港の「へび丼」が食べたい。

・犬:今年こそ韓国料理の「補身湯(ポシンタン)」を食べたい。
・熊
・鹿:多分食べたことはあるけれど、味を覚えていない。

・すっぽん
・なまず
・山椒魚:魯山人が賞賛した肉。天然記念物だけど。

魯山人味道
魯山人味道
この記事へのコメント
私のオススメは雉肉です。
お雑煮なんかに入れると、鶏肉より味があっておいしいです。
食感や見た目は鶏とほぼ同じですが、味は鴨と似たような、いわゆる「野趣」があります。
Posted by ゆみぞう at 2006年01月24日 12:13
■ゆみぞうさま
 雉肉も、食べたことがあるような気がするのです。肉団子を吸い物に入れて食べたような記憶がある。でも確かではないですね。

 気付かずに食べているケースもありますよね。たとえばおつまみとして売られているドライソーセージには馬肉が入ってたり。
Posted by LSTY at 2006年01月24日 12:47
ヒグマの缶詰を食べたことがありますが、固くておいしくなかったです。
缶詰だったら、アザラシのほうが美味しいですよ。
Posted by Ken at 2006年01月25日 22:35
■Kenさま
 北海道に行くと売られてますよね。大和煮とか書いてあって、結局肉の味は分からないだろうと思って買ったことはないのですが。
 とどカレーっていうのもあったような期がする。
Posted by LSTY at 2006年01月26日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12177683
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック