2009年09月26日

音楽とweblogのこと

 僕は音楽を聴いて文章を書く人があまり好きではなくて、いや、相対的に書くのなら良いんだけど、絶対的というか文学的に書こうとする人が苦手なわけです。個人的な思いを書かれても、俺は知らんと思う。

 だからweblogで音楽のことを書くのは難しいですね。

 mixiの音楽コミュニティーには、まずほとんどバカしか居ないし。

 しかしmixiミュージックは好きで、誰が何を聴いてるか分かる。僕のmixiミュージックを見てもらえれば、僕が今、どういう気持ちなのか分かるんじゃねえか、わっかんねーだろーなー(by松鶴家千とせ)とか思う楽しみがあります。

 しかしmixiミュージックは展開を縮小傾向だという噂を聞いた。Last.fmも極東に関してはそうらしい。つーかLast.fmは重すぎ。

 音楽とweblogは、実は相性が悪いのだろうか、などと感じた。
posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
数十秒でも良いから、試聴可能のi-tuneやWMPの音源を個人が利用できればクチコミで広がる音楽もあるだろうに、と思う事が多いです。
オリコンチャートには載ることがないようなマイナーなアーティストにも、個人ブログ経由でスマッシュヒットするチャンスがあるといいのですが。
Posted by ekken at 2009年09月26日 22:31
音楽をネタにしてそれにまつわる個人的な話ってのがボクの好み。

高校生のときボクの好きな女の子がDead or Aliveが好きで、ボクにアルバム貸してって言ってくれたときはうれしかったなぁ……とかそういうの。ちなみにこれ実話。
Posted by 赤枕十庵 at 2009年09月29日 00:58
■ekkenさん
 僕はJASRACに金払ってでもTELEXなんかを配信したいんですよ。でも手続きがかなり面倒くさいんですね。
 あそこが簡単になれば、たとえばAmazonで配信の権利が1ヶ月分買えるとか、そういうシステムも良いなあ。
 でもそれは需要ないですよね。無料じゃないと広がりはないのかも知れないです。

■赤枕十庵さん
 それはアリなんですよ。僕がダメなのは、個人的な、しかしおそらくは本人が「客観的だと思ってる思い入れ」とか、あるいはガイド本に書いてある「定説」を列記して「だからこれは名盤」とか書いてる人ですね。
 まあmixiの音楽コミュニティーとか、Amazonのレビューとか見に行ったら例に事欠かないですけど。
 自分が自分の耳と脳で聴いて、それをどうやって人に伝えるかという点に工夫がない人のレビューは、ほとんど無価値なノイズだと思います。
Posted by LSTY at 2009年09月30日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128862210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック