2010年01月24日

映画「鉄コン筋クリート」見た。

 随分以前に録画していた映画「鉄コン筋クリート」見た。それなりに良い映画だと思うんだけど、これ、結局「やおい」だよね。
 そういえば「ピンポン」もやおい系だと思う。

 恋愛ってものを、「恋愛」として描くと結局それは恋愛=幻想でしょうってことになる。そこを「友情」として描くともっともらしくなるというか、なんかそんなことを思った。
 結局どっちも幻想だろ、と思うんだけど。

 男女の愛情は、一生に複数あるけど、男対男の愛情は一生に一つ、という考えに基づくのかなあ。それってしかし本当なのだろうか。

 映画としては、好きではないが評価します。
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
やっぱり腐男子フィルタで見るから
そう見えるんじゃなくあからさまに
やおいですよねえ。

なんか自分の眼に安心した。
Posted by Sの自乗 at 2010年01月27日 23:34
>Sさん
 あれがやおいでなきゃ、なにがやおいか!と思います。演出とかスパイスの違いだけですよ、結局。
Posted by LSTY at 2010年02月04日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック