2010年02月18日

無くしたら、取り戻すまで。

 なくしたら、取り戻すまで。

 と言っていた広末涼子のCM。これを見て、その映像の、その脇の下をベロンベロン舐めたいと直感的に思った。
 いや、俺は変態だしエロいなあ、とか思いながら、つまり、恋愛というのは、異性の劣情をいかに刺激できるかって事なのです。

 女は嫌いだ、という感覚と、やっぱり女は良いよ、というアンビバレンツ、この狭間の、痺れによるドキドキ。これが恋というものであって、この異状性による快楽・悦楽ってのはなんとも言えないですね。

 いや、僕自身は今現在、不倫をしてるわけではないが、恋愛は良いなあ、と。そんなことを思いつつある。

 その発露が「広末涼子の脇のくぼみを、ベロンベロンと舐めたい」という、そこなんですな。低俗と言われようが、そんなもんだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック