2006年03月13日

僕が聴いている音楽を数字で表すと

DOB_devil(byTakashiMurakami) 音楽レビューについて考えていて、やはり最初に「レビューする人間が、どういう音楽をどれくらい聴いているか」なんていうことが大事だよなあ、なんていう事を思った。
 レビューする人の信用度であるとか、嗜好、得意なジャンルとか。そういう予備知識によって、レビューの価値はかなり変わるのではないか。
 そういうわけで、家にあるCDの枚数をざっと数えてみました。とても面倒くさかったです。
テクノ140
邦楽80
ジャズ70
モンド60
テクノポップ50
ヒップホップ50
ハウス50
落語50
ロック50
ファンク・ディスコ40
ソウル30
アシッドジャズ30
トリップホップ20
クラシック20
ラテン10
合計750
※モンドには民族音楽を含んでいます。邦楽は、他のジャンルに入らないような物だけ入れてます。

 2枚組とかも1枚で数えているし、ジャンル分けが結構いい加減なのですが、まあだいたいこんな感じ。ざっと見るとテクノが非常に多いのですが、「機械系・人力系」で分けると、半分ずつくらいでした。
posted by LSTY | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
私は聴く音楽が非常に偏っているし少ないので音楽についてのコメントではないんですが、「レビュー」については、音楽だけでなく、本もゲームも映画もグルメもAV機器も、レビューの対象になっているあらゆるものは、やはりレビュアーのその分野における経験値や嗜好などの情報を出来る限り提示することは、特にこれからは重要であり必要なんでしょうね。

ただ難しいのは、そのレビューを参考にする側が、実際どれくらいレビュアー自身の情報まで真剣に欲しがるかってことで、私はレビューを参考にするならできるだけ詳しく読んで吟味したいけど、別にそこまで深く考えずに買いますよ試しますよって人も当然いるから、適当な匙加減がなかなか分からない・・・
Posted by ncd108 at 2006年03月13日 15:52
■ncd108さま
 先日書いたテクノ名盤に関する記事なんですが、アフィリエイトの結果を見るとクリック数が一番多く、唯一売れたのが「攻殻機動隊」というCDでした。
 このCDについては、はてなブックマークや、他のブログでも推奨されていたのですね。
 この結果を見て「『おすすめ』は蓄積される物なのだろう」と思いました。
 つまり「あの人は推奨しているから」よりも「いろんな人が推奨してるから」買う、ということですね。
 そういう場合、レビュアー個人個人の重みっていうのはあまり重視されないのかなあ、とも思います。
Posted by LSTY at 2006年03月14日 10:58
今のところは、「いろんな人が」は、大はずれを引いてしまうリスク回避としては仕方のないことかもしれないですね。というより、やっぱ「面倒だから」ってのもあるのかな(苦笑)

音楽については試聴可能な曲が増えてはいますが・・・

今はまだレビュアー自身の情報が先にしっかり公開された上でのレビューというのが一般的になってはいないので、例えばですね、Amazonのアソシエイトに参加する場合は、自分が記事を書くジャンルにおいて最低限自分の嗜好の情報を入力(登録)しないと書けない、みたいなシステムが普及すれば変わってくるかもしれません。
Posted by ncd108 at 2006年03月14日 15:08
「おすすめは蓄積されるもの」はすごくなっとく。
ちょっと違いますが私のブログ検索ワードNO1は「こどもののみもの」で次が「ロケットカウル」……どんな評価が蓄積されているのか(^^;
Posted by 赤枕十庵 at 2006年03月15日 11:08
■ncd108さま
 量と質、両方あるから、敷居を高くするのも問題かなあ、とも思うのですけどね。
 Amazonで言えば「参考になった・ならなかった」もあまり有効には働いていないですね。
Posted by LSTY at 2006年03月15日 15:25
■赤枕十庵さま
 赤枕さんのレビューには興味があるんですよ。すごくたくさん聴いてるんだろうな、という印象があるから。それもジャンルを広く聴いてる感じなので、信用できる感じがします。
Posted by LSTY at 2006年03月15日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14736627
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック