2011年08月11日

iPhone4購入しました。

Pop is dead.・Facebookのアカウントを取って放置してたんだけど、徐々に知り合いが増えたので、何か少しだけ書いたりしている。と言っても1日100文字程度か。
・Facebookはそもそも画面が醜い。見にくい、ではなく醜い。美しくない。機能も分かりにくく、不透明で、またサービス提供側に過度にコントロールされており、これも美しくない。
・あと、善意をベースとしたメディアで、なんで善意をベースとしてるのかというと、そっちの方が金が儲かるからだ、というサービス提供側の意図が透けて見えるのも気持ち悪い。

・さらに個人的には窮屈だ。本名で運用するとなると、どうしても建前でしか物が書けないので面白くない。
・映画が公開されるということであわててアカウントを取ったが、どうも爆発的なユーザ数の伸びはないようで、日本では失敗なのかなあ、という印象。webサービス、IT業界に限らず、日本のマーケットというのは特殊で、そこに最適化されたサービスじゃないと定着しないというのが僕の持論です。

・先日、久しぶりに海に行って、携帯を海に落とした。4年間使った我が愛機(NOKIA N73)は海底深くに沈み、あっけない最期を迎えたのだった。
・NOKIAはすでに日本市場から撤退していて、ソフトウェアのアップデートも不具合があってできないし、電池がダメになったらiPhoneにしようと思っていた。というわけで予定を繰り上げてiPhone4(32GB)を購入。
・そういうわけで、今まではLotusNotesとN73を同期させてスケジュール管理に使っていたのだけれど、GoogleカレンダーxiPhone標準カレンダーの組み合わせに移行。
・しかしiPhone使っていて思うのは、ボタンがない不安感。物理的なボタンだけでなく、画面上のボタンも少ないので、例えば「戻る」ボタンとか「終了」ボタンがないので、なんか違和感というか不安感がある。ジョブスの美学もいいけど、ボタンは安心感だ!と思った。

・数日間で設定した内容:iTunesを使ったPCとの同期(音楽、Gmailの連絡先、Chromeのお気に入り)、web経由でのGoogleカレンダーとのシンクロ設定、無料アプリケーションのインストール(twitter、Facebook、Instagram)とこれくらい。あとは、乗換え案内とぐるなびと、適当に入れていったん完了か。
・連絡先については、以前の携帯のバックアップ内容をCSVで持っていたので、それを別ファイルの住所録と統合した上でGmailにインポートしてから同期。結構めんどくさかった(半日作業)

・iPhoneはN73と比べてそんなに優れた物ではないと感じる部分も多々あるんだけど、常につながっていて「接続」という意識なしに使える感じはすばらしい。今までの携帯の「起動して、接続して、更新して、利用開始」という手順がない感じ。
・今まで僕はカレンダーについては「同期」にこだわっていた。PCあるいはサーバ上のスケジュールが、自動的に携帯側にコピーされる仕組み。web経由でサーバのカレンダが参照できる、じゃなくて、飽くまでも携帯のローカル環境にデータがコピーされなければいけない、という考えだった。これは先述した「接続して、更新して、利用開始」がストレスだったから。GoogleカレンダーxiPhoneのweb経由参照は、そのストレスを感じないから十分合格。

・あと「さすが」と思ったのは、イヤフォンジャックを外すと、音楽の再生が止まる仕様。こういうのは気が利いている。

・キダ・タローのベスト再発。また花紀京&岡八郎の吉本新喜劇DVDがいくつかリリースされていたので買う。すっかり大阪国民モードである。

・花紀京&岡八郎のDVDは、二人共演が1枚、おのおの単体主演の物が各2枚の5枚が出ている。私は共演物と花紀京の2枚、合計3枚を購入。
・これ、Amazonのレビューにある通り、画質が非常に粗い。まさに古いビデオテープを見ているような感じで、画面上に無数の横線が入っている。今の技術をもってすれば恐らく修復はできるだろう。粗いままのリリースは残念と言えば残念。
・しかし、私はどちらかというと「リリース至上主義者」でありまして、修復を経た完璧な形でのリリースに敢えてこだわらず、とりあえず早く廉くリリースしてくれた吉本に感謝したい。
・だって、花紀京&岡八郎のDVDなんて相当コアな人しか買わないわけで、DVD制作費用がかさむと、そんな額はペイできないってんでリリースされない可能性も高い。特にこういうマニアックな作品については、とりあえず低コストでDVD化する、という姿勢も評価すべきかと思う。
・しかし、話は飛ぶが、これまたマニアックな「恐怖奇形人間」なんてカルト映画を完全に修復してリリースしてしまうアメリカという国はすごいな、と思うね。
・で、内容ですが、こういうと悔しいんだが「吉本ギャグ100連発」の方が一般的には受け入れられるだろうし、その方が無難だよなあ、という気もする。しかし花紀京ファンとしては持っておきたいDVDだな。

・キダ・タローのベストは、昔出ていて廃盤になっていた物のマイナーチェンジ再発版という感じ。CMソング中心の構成でCD3枚組。
・まあどうでしょうね、有名な曲はYouTubeでも聴けるし、あえて買わなくてもいいといえばいいんですが、これもステイタスみたいな物ですな。キダタローのCMも持ってないのに大阪文化について語るな的な。キダタローのCDも持ってないのに、探偵ナイトスクープ好きを自称するな的な。
・個人的には「くいだおれ」とか好きなんだけど、ジャズのテイストが入った物とか、微妙にエレクトロな曲があって、それなりに楽しめます。
・あと「アホの坂田」ね。これもほんと、聴かなくていい曲だけどね。木久蔵の「いやんばかーん」と同レベルのどうでもいい歌だけど、なんかこれ持ってないといけない、みたいな。

・あとはiPhone用にAKGのイヤフォンを注文。イヤフォン買うのって何年ぶりだろう。先日、家電量販店で最近のイヤフォンのフィット感と音質に感心して注文。人生初AKGですよ。仮面の忍者AKG、AKGのアン、AKG48。

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて
浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

蔵出し名作吉本新喜劇 花紀 京・岡 八郎 [DVD]
蔵出し名作吉本新喜劇 花紀 京・岡 八郎 [DVD]
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219663638
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック