2006年10月24日

はてなブックマーク成り上がりランキング

Pop is dead.ブロシキ - 被お気に入り登録数調査一年目のまとめ
 この中に「05/10/25〜06/02/25までの推移」というのがあったので、じゃあそれぞれのブックマーカーの、初登場から直近までの伸び率ってどんなものだろうと思ってまとめてみました。(右側の数字は、直近の被fav数/初登場時の被fav数)


 四割は全く知らない人だった。更に、僕がお気に入りに入れているのはkanimasterさんのみだ。
 単純に被fav数のみを見ていると、上位は固定される傾向にあってあまり面白くないんだけど、こうやってみるとまだまだ群雄割拠という感じで可能性がありますね。
 思うに、ブログに書ける記事の数っていうのはたかが知れているし、せっかく書いたとしても注目されるか否かっていうのはまた別の話だ。「多くの目に触れる」という観点からいえば、ブログ記事を一生懸命書くよりもブックマークをどんどんして、どんどんコメントを入れた方が「効率」が良い。
 被fav数ランキングの10位以内なんかを見てもわかるように、アルファクリッパーはアルファブロガーを兼ねているケースが多い。今まではブログ読者→ブックマーク読者という流れが主だったろうけど、ブックマーク利用者が増えた今は、その逆も十分考えられる。
 つまり、何が言いたいのかというと、ブロガーとして成り上がりたいのであれば、まずブックマーカーとして名を売った方が手っ取り早いのではないか、ということです。いや、もちろんブログで面白い記事を書いてるのが前提ですが。
 まあ、そういう仕組み(人と情報のつながりの強さ)こそが最近のはてな界隈の硬直化の原因であって、僕自信はそう言う考え方をあまり好まないのですが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック