2012年05月07日

iTunesでの落語アルバム命名法

Pop is dead.・ヒマなのでiTunesの楽曲整理。ジャケット写真をちょこちょこ設定。

・しかしもっと大事なのは「落語のアルバム名称」の設定。
・iPhoneなどで落語を聴く人であれば、これは分かる悩みだろうと思う。落語のCDには二つの種類があって「1トラック=一つの話」のものと、「複数トラックで、一つの話が構成された」ものです。これが混在している。
・これ、どうしようかとずっと考えていたんですが、iTunes上で「1アルバム=一つの話」という設定に統一することにした。1トラックだろうが複数トラックだろうが、一つの話に対して、一つのアルバム名を付けておく。iPhoneで聴く際には、アルバム名から検索する。
る。
・で、次の問題は「アルバム名の付け方」です。
・iPhoneで表示される最大文字列は全角で10〜11文字程度。この文字数で、演目が分かるようにしなければいけない。
・例えば「特選!!米朝落語全集 第十七集」なんていうアルバム名では、中に何が入ってるのか分からないわけです。
・落語のCDについているアルバム名には、肝心の演目が含まれない場合が多く、表記されていても後ろの方なので、iPhone上では見えなかったりする。そのアルバム名を、どう修正すれば良いのだろうか。
・これについては去年からずっと考えていて、正月に一応の結論を出したのだが、めんどくさくて放っていたのです。

・結論から言いますと、「演者 シリーズ 通し番号 ネタ名 _ 元のアルバム名」という付け方を採用しました。
・先の例では「米朝T17けんげしゃ茶屋_特選!!米朝落語全集 第十七集」となる。

・Tは「特選」のT。シリーズ名はアルファベット1文字で表わすが、例えば「落語」のRや、「全集」のZは重複する可能性が高いので避ける。
・だから例えば志の輔の「はんどたおる」であれば「志の輔G01はんどたおる_志の輔らくごのごらく01 はんどたおる 死神」になる。「らくご」のRではなく「ごらく」のGを付けるわけです。
・ちなみに「死神」は「志の輔G01死神_志の輔らくごのごらく01 はんどたおる 死神」ね。同じCDに入っているので、同じシリーズ名、同じ通し番号だけど、iTunes上ではアルバム名を変えちゃう。

・通し番号は二桁で統一。100以上ある落語CDのシリーズは「NHK落語名人選」(ちょうど100までリリース)だけだと思うが、100は買わないと思うし、もしも買ったら「00」か「A0」を付番しようかと思う。

・圓生百席の場合は「圓生H01-1一文惜しみ_圓生百席01 一文惜しみ 居残り佐平次」といったアンバイになる。Hは「百席」のH。
・圓生百席の場合は、それぞれCD二枚組だし、個人的に収録順序を重視したいので、通し番号の次に、その2枚組の中での収録順序が入る。つまり、居残り佐平次であれば「圓生H01-2居残り佐平次_圓生百席01 一文惜しみ 居残り佐平次」になる。

・こういう感じでアルバム名をつけていくと、iPhoneでもかなり検索しやすくなる。しかし、見てみると落語だけで200アルバム、1000トラック近くあるので設定が大変。おまけにWindows上ではiTunesの動作は重くて、バグか?と思えるような挙動も多いので、結構ストレスなのです。

・大須演芸場に通うのは良いが、いつも昼をどこで食べるかってのに悩む。あるいは、中抜けしてどう時間を潰すか。今まで万年筆屋で時間を潰していたが、いつもそうでは面白くないし。
・それに大須は人が多い。うまくもない店でも平気で満員。先日入って「駄蕎麦のくせに値段は超一流」と、ある意味感心した蕎麦屋「丁子屋」なんかも、一杯である。なんであんな店に喜んで行くのか、さっぱり分からないが、しかし随分客が入っている。

・なので、あえて大須で昼を食べるんじゃなく、名古屋駅で食事を済ませてから大須に向かう、という方向で考えることにした。名古屋駅地下の「京風ラーメンあかさたな」でラーメン食おう。それでいいや。僕はどういうわけか、あそこのラーメンがちょっと好きなのです。
・大須で食事する時は、タコスでいいや。調べたらタコス屋があるんです、大須には。僕は「タコス大好きっ子」なので、タコスには目がない。タコスとキッシュとミートパイ、それにエスカルゴは、メニューにあれば必ず頼む、というほど。魚であれば、あん肝、なまこ酢、このわた、それに白魚・のれそれの類も、メニューにあれば必ず頼む。
・話がそれた。そういうわけで、大須行きの食事はラーメンかタコス。

・で、空き時間はプールに行くことにした。大須から歩ける範囲にプールを見つけたのです。かるく30分くらい泳いで寄席に戻ればいい。寄席通いしながら運動も出来るという。名古屋から大須へもいつも歩いてるし、いい運動にな
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/268878646
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック