2012年05月11日

落語家に御祝儀をいくら包むか問題

Pop is dead.・以前ちょっと考えていて、webで検索してみても答えが出なかったこと。「落語家への御祝儀っていうのは、いくらくらい包めばいいのだろうか?」これは難しい問題だよ。
・御祝儀の相場っていうのは難しい。特に芸人に対する御祝儀の相場なんて分からんわけです。でも「あの落語家のファンなんだけど、相場も分からないし、こんな額だと失礼かと思って渡せない」というのは、落語家にとってもファンにとっても不幸せなことではありますまいか。
・なので、敢えて書く。

・結論から言うと、最低額3000円からで、懐具合に合わせて決めれば良いんじゃないのかなあ、という所。もちろん多ければ多いほど喜ばれるだろうけどさ。さすがに1000円ってのは、ちょっと失礼かと思う。
・2ちゃんねるなんか見てると「1万円未満は失礼」とか書いてるやつがいるけど、余計なお世話だっつーの、ていうか、お前自身は身銭切って御祝儀渡したことあるのか、と。

・金額だけでは一概に言えないんですよね。御祝儀を切る「頻度」ってのも問題になる。それによって一回ごとの金額も変わってくる。
・考えてみてですね、定席に出てる落語家に対して、毎度毎度御祝儀を切るっていうのは、これは野暮でゲスよ。どうも、スマートじゃない。
・独演会だったり、定席でも時間の都合で話がたっぷり聴けた時などに「今日はありがとうございました」と御祝儀を切る、そんなもんじゃないですかね。

・その頻度で言えば僕の場合、相場は5000円から1万円といったところか。
・1万円も包めば十分ですよ。だって、自分の場合で考えて、1万円もらったら「おおっ」って思うでしょう。十分ですよ。
・あとは前座さんには500円とか1000円とか。最近「さすがに500円は人を食ってるかなあ」と思えてきたが。

・ただ、こういうのは基本中の基本だけど、何万円包もうがですよ、デカい顔しちゃあダメですね。こんなの当たり前の話で、旅館の心付けでもそうですが「俺は1万円払ったんだ!」ってエバるくらいなら、御祝儀なんて切らない方が良い。前提は飽くまでも気持ち、心意気なんだから。

・言いたいこととしては、少額であろうが、好きな芸人に対しては御祝儀を切るべきだと思う、ってこと。お金をあげることよりも「私はあなたを応援していますよ」という意思表示によって、芸人は勇気づけられるだろうし、自信につながると思うから。
この記事へのコメント
突然失礼します。落語家さんへの祝儀について検索していてたどり着きました。
応援している噺家がいまして落語会があるとお菓子などを手土産に持っていくこともあります。
でも、正直差し入れは迷惑なんじゃないかしらとも思うのですが、祝儀を切るのはさすがに生意気かなと思うし相場も分からないし作法も…と頭の中が?だらけ。
30半ばのファンが同年代の方に祝儀渡すのはどうなの…?と悩みは解決しきれませんがとても参考になりました。
これからも楽しく応援していきたいと思います。
失礼しました。


Posted by ルクルト at 2012年05月18日 22:15
■ルクルトさま
 実は僕も解決しきれてないです。ただ自分がもらう立場になったら、差し入れよりお金の方が「取り回しが良い」ような気がするんですよね。
 歳の問題はありますが、しかし落語家の多くはファンより年上ですから、敢えて気にしなくても良いと思うんですよ。
 率直に言うと落語家と幇間は似た業種なわけで、贔屓(ファン)としては変な遠慮をしない方が良い、と思います(飽くまでも私の意見です)
Posted by LSTY at 2012年05月19日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269558036
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック