2012年07月04日

映画「八日目の蝉」の感想とか

Pop is dead.・録画していた映画「八日目の蝉」をようやく見た。

・この所、テレビの映画が豪華で「ダークナイト」「スパイダーマン3」を見たんだけど、どちらもハズレ。「ダークナイト」は再見だったけど、やっぱり面白くない。両方とも、ハリウッド映画の変容を示しているのかなあ、とは感じてそこには興味を持ったけど、映画としては面白くない。

・で「八日目の蝉」は重そうだったんで置いてたんだけど、見た。
・全体的には良い映画だったとは思う。ただ最後がいきなり終わる感じで「え?ここで、そんな感じで終わるの?」と思った。

・永作の演技が良いのは言わずもがな、なんだけど小池栄子が良い。微妙にいらつくキャラクターというか、常に不安で、あるいは高揚してフワフワしている雰囲気がすごく良い。
・一方、本当の母親役やってた人はあんまり。あのキャラクターには感情移入できないでしょう。気持ちは分かるが、見ている方として入っていけない。つまり子供を持つ女か、夫に不倫された経験のある女、そういう実体験を持つ人しか感情移入できないと思う。
・井上真央も良いんじゃないですかね、あの、心のない感じとこの人の童顔のバランスが良い。あの役、例えば栗山千明なんかがやったらキツいでしょう。それだけで、雰囲気的に単館系映画になっちゃう。

・ただやっぱり卑怯だよね「犯罪者+子供」でストーリーを構成するのは。泣こうと思えば絶対に泣けるモチーフだもん。
・舞台も近いし逃亡劇って事で映画「顔」を思い出したんだけど、ここに子供っていう要素が入るとこれだけポピュラーな映画になるのか、それズルいじゃない!と感じた。なんか。

・気になったのは「なんで不倫相手とのセックスで避妊しないのか?」って事なんだけど、どうなってんすかね。世間的にはそういう感じなの?堕胎すればいいじゃん、というのは一般的認識なんだろうか。大変な世の中になってるなあ。

・細かい部分では冒頭近く日無坂が出てくるのが良い。
・あと、有名な役者が結構出てくるのに関西弁を使ったのは勇気、英断じゃないでしょうか。関西弁がダメだと映画全体が崩れるんだけど、この映画ではなんとかギリギリ持ちこたえた。変なトコあったけど。

■以下は真面目な話で、かつ当たり前と言えばあまりに当たり前の話なので、面白くありません。

・ダウンロード違法化、アノニマス、原発再稼働、デモ、民主と自公で消費税増税、ここら辺のニュースに接して、世の中というか政治・行政・インフラ企業がこういう姿勢ならテロルの台頭は当たり前だし、日本もそういう時期に来ているのか、とか感じた。NHKでアノニマスのニュースやってたけど、僕にはほとんど「アノニマスのPRビデオ」のように見えた。
・政治が世間に耳を貸さず暴走して、行政が濫用できる権力を手にすると、世の中は生きにくくなるなあ。ダイナマイトどんどんって気にもなるよなあ。

・で、やっぱり新聞テレビの責任って大きいし、そういう物に依存せずにどうやって情報を得るかって事ですなあ。前も書いたけど新聞テレビ、特に新聞の商売っていうのは「情報を売る」って事です。間違えちゃいけないのは、情報を「提供する」じゃなくて「売る」なのね。だから商売のために情報を隠す。遮断しないと値段が付かない、売れないから。
・だから「情報を売る商売」っていうのは反対から見れば「情報を隠蔽する商売」なわけです。農作物の生産調整と同じです。

・なので新聞テレビ業界に何かを期待しても無駄だと思っていて、じゃあwebかというとそうでもないわけですなあ。インテリの多くはやっぱり選民主義的なんですよ。webという場があっても、そこで無差別に人に情報を与えようとしない。「分かる人にだけ分かればいい」っていうインテリの特性があるんですかね。
・さらに政治的な事に関しては、立ち位置を明確にせずに、しかしイデオロギーに捕らわれまくった主張を「客観的に」とか前置きを付けてバラマく馬鹿が多すぎて、もうwebはゴミだらけだと思います。

・こういうこと書くと「政治は複雑だからそんなに簡単に語れない」って言い訳するのもインテリの特徴なんだけど、あのねえ、アントニオ猪木も言ってる通り、複雑な問題というのは、簡単な問題が一度にワーッとやってくるから複雑なだけなんです。それぞれを分けて、からまった糸をほどいて考えれば良いんです。
・それをやるのが本来、知識層の仕事だと思うんです、得に中途半端な知識層ね。学者とか本当の知識層が難しいことを突き詰めて考えて、それを世間に対して通訳するのが「中途半端な知識層」の仕事ですよ。僕はそう自覚してますよ。だけど世の中のインテリはプライドが高いから、そこまで降りられないんですね。だからダメなの。

・私としては、民主党と自民党に関して「マニフェストを同一書式上で比較した物」と「過去2〜4年程度の立法の提案、それに対する国会での賛成/反対の記録」が欲しい。あとはそれをどう読み、判断するか。書かれていないこと、表に出ていないことに関しては、もうこれは仕方ないんだけど。
・やっぱり、あるメリットがあると、その反対にはデメリットが必ずあるんですよね、そのメリットとデメリットを並べてみて、自分としてはどの利益(メリット)を重視するか、そしてそれに対するデメリットをどこまで受け入れられるかってことを判断するべきだと思うんですね、その判断のための最低限の材料もないわけですよ。少なくとも新聞テレビは提供してない。
・デモもいいけど、その前の段階、主張を決めるための素材の整理ってことから始めないと、判断も何も出来ない。結局「気分」になっちゃう。

・しかしwebっていうのが普及してもう10年以上経つと思うんだけど、そういう情報が普及していないっていうのは、どういうわけなんだろう。
posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
後半のようなお話ご意見伺えて良かったです。落語のお話も勿論勉強になるので良いんですけどね。
Posted by yoko at 2012年07月06日 00:32
■yokoさま
 こんなこと書いても、読む方は面白くないだろう、と思うのであんまり政治の話とか書かないんですけど(知識もないし)気に入っていただけたのなら、良かったです。
Posted by LSTY at 2012年07月06日 10:25
消費税増税 メリット デメリットで プログ検索中です。もうすぐ参院ですね。
消費税増税 具体的に なにを するのだろうか?心配です。消費税増税マニュフェスト。民主党も 選挙前のマニュフェスト消費税増税パーセントで進めていくべきだと思う。政治研究会(名前検討中
政治は 暴走しているんですね。
Posted by 村石太レディ&アニオ太&ギャンブラー at 2012年07月12日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック