2012年08月02日

7月下旬日記(馬油を塗る男がペリカンデモンストレータM200を買った)

Pop is dead.・馬油を買った。
・買った理由はいくつかあって、まず自宅のハンドクリームが切れたこと。それから筆記具の関係で革製品(ペンケース)が増えて、手入れ用に。id:kotorikoが革製品の手入れには馬油がいいと書いていたので、Amazonで購入。
・何軒も薬局を回ったが、薬局で売られているのはソンバーユという商品で、これがセール価格でも1280円もする(通常は2000円くらいか)高いなあ、と思っていたらJB馬油ってのはAmazonで1000円しない(コトリコさんが紹介してたのもこれ)というわけで、これを購入。

・買って、車のハンドル、ペンケース、財布、名刺入れ、靴に塗ってみた。靴は合成皮革だと思うから無駄作業かも。
・ハンドル、ペンケースは比較的新しいので、油を吸わない。塗るとずっとペカペカしていて、乾く(油を吸う)気配がない。これはマジナイみたいなものか、あるいはそのうち何らかの効果が出てくるのか、よく分からない。
・名刺入れ(十数年使用)は適度に油を吸うように感じた。手入れは、多くてもせいぜい1年に1回くらいで良いのかな。
・関係ないけど、油を塗る前に車のハンドルをふいたら随分汚れていた。黄色というか茶色い手垢。随分汚いもんだなあ、と思った。

・財布、これは結構ダメージを受けていて、表面もツルツルではなく、みすぼらしい感じ。これが油を吸いまくる。塗っても塗っても油を吸うので、4回くらい塗った。でも、効果もむなしく、見た目が良くなるようなこともなかった。もう寿命かな、買ってから6年、今まで手入れをしなかった所為か。
・しかし思い当たることは、日焼け止めクリームが付いた手で財布を触った時から、革の劣化が激しくなったような気がするんだな。良くないのかな。オイルフリーの日焼け止めにしてからそうなった。

・というわけで、新しい財布を発注。國鞄(コクホー)というメーカーの物にしてみた。
・届く前から心配なのは、カード入れが4枚分しかないのね。今の財布は8枚分あって、これくらいは欲しいじゃないですか。クレジットカード1枚、銀行カード2枚、免許証、保険証、職場のID、ビデオレンタル店のカード、これだけで7枚はあるわけです。
・カードがたくさん入る財布の場合、小銭入れが無かったりして、なかなか良いのがない。ただ個人的にはカードをあんまり持ち歩きたくないんで、4枚入り(一つのポケットに2枚ずつ押し込んで8枚)でなんとかやっていこうか、と思う。

・ペリカンのデモンストレータM200が届く。デモンストレータというのは元々、万年筆のセールスマンがその機構を説明するために使ったもので、本体が透明プラスチックで出来ている。見た目が軽くてカジュアルな上、そのメカが見えるので楽しい万年筆です。
・今年発売されたデモンストレータは無色透明で、ピストンのネジ部分にも透明プラスチックを採用しているので、今まで以上に内部構造の可視化が進んでいる。ああ、こうなってたのか、と感心した。
・金具が金色なのがちょっと気になってて、スケルトンというのはカジュアルなイメージなんですが、そこに金色が入るとチープなんじゃないか、むしろ銀色を合わせるべきでは?と思ってたんだけど、そんなに派手な金色ではなく、まあこれは許容範囲内。
・ただペン先がダメだね。M200というのはペリカン万年筆の中では(子供向けのものを除くと)最低ランクに位置するもので、ペン先はステンレス製。それにやっぱり廉物なんでマジメに作ってないのか、インクの出が悪い悪い。ほとんど不良品のレベルだが、経験上M200ではこれが標準の品質だと思う。これでは使い物にならないので、別途ペン先を調達して交換する必要がある。
・このM200というモデルには、その上位モデルM400のペン先が使える。こっちは14金製。このペン先を付けてやると、夢のような書き心地になるのです。ただこのペン先、ペン先だけで1万円くらいするのですね。デモンストレータの本体も1万円くらいだから、都合2万円ということになる。無駄遣いと言えば無駄遣いではある。

・思いつくままに各種著作物を購入。
・MADLIBのミックスCD「Medicine Show」13枚組ボックス
・「孤独のグルメ」DVDボックス
・「フェリーニの道化師」ブルーレイ版
・丸尾末広x花輪和一「新・英名二十八衆句」
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック