2013年04月15日

天ぷら愛好者の憂鬱

Pop is dead.・天ぷらが好きだけど、天ぷら屋を知らない。

・普段、天ぷらを口にする機会もほとんど無い。なのに「天ぷらが好き」なんていうのは矛盾するようだけど、好きだからこそ、口にする機会が無いのだ。

・いきなり前言を撤回すると、私は「天ぷらが好き」なわけではない、「うまい天ぷらが好き」なのだ。どういうことかというと「マズい天ぷらが大嫌い」だということになる。
・マズいものが嫌いだ、というのは当たり前のことだけれど、並の天ぷら好きであれば若干の問題があっても「まあ、この海老天は多少ベチャッとはしているが、いちおう天ぷらとしての体裁を成しているし、よしとしよう」と妥協するのではないか。
・しかし私の場合、この妥協が出来ない。「よーし、天ぷら食うぞ!」と気負って天ぷら屋に入ったは良いが、出てきた天ぷらがベチャッとしてたら、それだけで大落胆、一食損した感を一日引きずるハメになる。

・そんな物を食うくらいなら、ハンバーガーでも食っとい方がよっぽど気が休まる。不味い天ぷらを食べて心千々に乱れるなら、食べない方が良い。だから、下手な天ぷら屋に入らず、ハンバーガー屋に入ってしまう。
・つまり「マズい天ぷらは食いたくない!」という警戒心が強すぎて、日常的に天ぷらを食べる機会を自らみすみす逃しているのだ。

・そもそも、天丼ってのは何だあれは。サクッとしているのが天ぷらでしょう、なぜそこにタレをべちゃべちゃ掛けるのか。どういうつもりなのか。あんな物を許容している時点で、僕は「天ぷら屋業界」というのを信用していない。
・御飯の上に天ぷらを載せてタレを掛け、あまつさえそこに蓋をして「蒸らしてから」客に出すなんて、私の感覚からすれば烏滸の沙汰であります。
・ああいうものを公式メニューとして認めてるっていうのは、つまり「天ぷら屋業界」自体が、天ぷらの本分を見失っているのではないか、と思っている。

・だいいち、一方では「素材を味わうために、この天ぷらは塩で・・・」とか言っておきながら、天丼に関しては客の好みも訊かずタレどばどば、ってのは、これまさにダブルスタンダードと言うべきではないか。だんだん腹立ってきた。

・そんなこんなで何が言いたいのかというと「さくっとしたうまい天ぷらが食べたい」という事であって、何でそんなことを思ったのかというと山の上ホテル火災のニュースを見て「天ぷら山の上」の天ぷらを思い出したからです。

・山の上ホテルの失火は、あそこの社員が緩みきっていることの象徴であって、そんなホテルにはもう泊まるまい、と感じたが、天ぷらはまたいつか食べに行ってもいい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック