2007年03月14日

大阪でふぐを食べてきた。

Pop is dead.・仕事で大阪に行ってきました。
・もう春ですが、寒い季節の大阪と言えば「常夜燈のおでん」か「ふぐ」だろう、ということで今回はふぐを食べに。

・行ったのは「玄品ふぐ」という店。
・チェーン店ということと、コースが3900円というあまりの廉さに、ちょっと警戒しながら行ってきたのですが…

・結論としては「バカウマ」。この値段でこんなふぐが!という驚きの店。
・北大路魯山人はふぐの味をたしか「無味の味」と評していましたが、この店のふぐには独特の味わいがありました。例えるなら、鯛やひらめの味から雑味を取ってシャープにした感じ。淡泊、と言ってしまうと単純に味が薄いようですが、上品でありながらしっかりとした味でした。これは「長期低温熟成」とやらのせいかもしれません。

・特に「ぶつ刺し」という、ふぐの肉をぶつ切りにした刺身が素晴らしかった。こんなにボリュームのあるふぐ肉を食べたのは初めてかも知れません。
・皮に張りがあり、それを噛み切るとしっかりとした歯ごたえのある肉。何かに似ていると思ったらナタデココのような。いや、ぜんぜん違うような気もするけど。
・ふぐと言えば薄造りですが、薄く切ってしまっては味わえない絶妙の歯触りでした。大推薦です。

・メインのてっちりにもふぐが随分沢山入っていて驚きました。随分廉いのでふぐ肉チョロで、しかも骨だらけかと警戒していましたが、案に相違して随分ちゃんとしたふぐ鍋でした。

・雑炊に行き着くまでにお腹一杯になりました。
・これで4000円しないっていうのは随分廉いなあ。普通、どうやっても1万円はするメニューだろうこれは、という感じ。

・難があるとすれば、店の雰囲気がちょっとカジュアルすぎるというか、ふぐの店にしてはちょっと落ち着けないかなあ、という感じ。
・大阪のふぐ店というと、こういう店が多いのでしょうか、しかしまあ、そんなにガチャガチャしてるわけでもないので、気にはなりませんでしたが。

東京にも店があるようなので、また行こうかなあ、と思える店でした。
この記事へのコメント
安い肉は柔らかくさせる薬を注射してるって聞いたことあるから、安い魚が美味しいのも何か裏技使ってないか疑っちゃう。
そこのふぐは信用できますか?
Posted by 安いななし at 2007年03月14日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[食]玄品ふぐが美味いわけ
Excerpt: http://lsty.seesaa.net/article/35917554.html 私も、親戚のおじさんによくあびこの玄品ふぐにつれてってもらいます。最近東証マザーズに上場したそうです。(ちな..
Weblog: 莫迦正直中毒者の自爆日記
Tracked: 2007-03-15 04:07