2005年06月01日

キープ・ロッキン with みうらじゅん

DOB_devil(byTakashiMurakami) 朝から某先輩にメッセージを送っていて分かったことと思ったこと。
 ロックは思想や志向ではなく、今や市場でしかないと言うこと。それが現実だ。
 僕にとってロックとは何かに向かって(それは多分イデアという奴だろうけれど)進むベクトルだ。自分がロックしてるか否かは別として、ロックの定義は昔も今もそうだと思っている。
 でも、そんなこと言う奴は古いということなんだろう。

 ヤン富田が以前、インタビューに応えて「日本には、ロックしながら年取って死んだ人がいない」てな事を言っていた。
 ヤン富田はロックだと思う。いわゆる「ロック好きな人」は彼の音楽を好まないだろうけれど、僕は彼は「ロックしながら年取ってる人」だと思っている。

 若い頃だけ「ロックしようぜ!」なんて熱くなって、年取るとそれが冷めちゃって、でも懐かしいからその頃の曲は聴いたりする、、、
 そんなの悲しいじゃないですか!珍走団だよ、まるで!
 自分の中でロックの定義は変わらなくても、でも「ロックな物」は、多分自分の中では変わり続けて、だからこそロックなんだよ。
 ロックが市場やファッションになってしまった、いやもう随分前からなってしまってる。こういう事実は、やはり悲しいなあ。

 でも、僕は、出来ることならみうらじゅん氏のようにロックし続けたい。いや、もう既に今してないのだけれど(笑)でも、少しはそういうことを考えていたいな、と。
posted by LSTY | Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
> 何かに向かって(それは多分イデアという奴だろうけれど)進む

そういうベクトルは今でも確実にあると思うし
ロックという表現にそれをぶちまけてる人もいると思う

ただ 今やそんなイデアを熱く語る人は単なる電波扱いとなり
頼みとなるはずのマーケットが(メーカー、店舗、客含め)
一斉に引いてしまう というだけのことです
Posted by TOM at 2005年06月01日 14:35
どうでしょうにしても、ロックにしても、熱く語る奴はバカだって事ですな。
では、二人で言いましょうか、

せーの、

私はバカです!
Posted by LSTY at 2005年06月01日 17:39
藤村がバカだ!

もとい
僕はバカです
Posted by TOM at 2005年06月02日 22:11
すみません!
わたしはブロンソンが好きなのですが。
みうらじゅん氏のユニット「ザ・ブロンソンズ」がとても好きです。
影響を受けて友人(♀)二人と、「ブロンソンごっこ」をして写メ送り合ったこともあります。
ポイントは目線とヒゲ化粧、アゴに手、です。
昔、ではなく、一昨年だったかな。

>ロックとは何かに向かって(それは多分イデアという奴だろうけれど)進むベクトル

なんだかわ〜いと、拍手してしまいました。

>でも、そんなこと言う奴は古いということなんだろう。

いいの、古くて。
アポロ11号リアルで知ってるし、大阪万博行ったし。
ブロンソン、好きだし。
http://charles-bronson.hp.infoseek.co.jp/
Posted by S嬢 at 2005年06月03日 16:08
■TOMさま
 昨日、ヨーロッパrev.見ました。あのドイツでのバカ談義はベスト・オブ・バカ談義

■S嬢さま
 コメントありがとうございます。
 「ブロンソン原理主義」、、、すごい。
 ブロンソンズはいいですね。CDには確か「付けひげ」がおまけで付いていました。

 ロックに関しては、「コレがロックだ」と思った時点で終わりのような気がします。
 例えばギター・ベース・ドラムで、ギターにディストーションかかってるのがロック、とか、そういう固定概念を持った時点でアウト。
 形ではなく、精神であって、しかも、その精神の変わり方がロックなのだよな、と、なんかそんなことを再認識した今週。
Posted by LSTY at 2005年06月03日 17:14
>「ブロンソン原理主義」、、、すごい。

うれしい!
いや、「こんなの知ってるよ」
もしくは、「だからコレなんですか?」
となったらどうしようかと、ちょっと危惧。
広告がウルサいサイトですが、是非堪能していただきたいです。
「男なら行っとけ」
いや、すみません、ホンネが。。。

ロックに関しては、いろいろな人のいろいろな感覚があるとは思いますが。
ロックに関してひとつも語れない知的能力であるウチの娘は、「とってもロックな女」だと、母は認識しております。
とても、楽しい。
Posted by S嬢 at 2005年06月03日 17:52
僕は文化系にロックしてる人なので、ブロンソンのようにはなれないが、、、afuaさんに「精神的に加藤鷹」と評された男なんで、捨てたもんではないはず(だからなんだ)

↓afuaさんのブログ。「ブロン・ソン子」と命名するべき女性だと思います(笑)
http://blog.livedoor.jp/afuaromantic2005/
Posted by LSTY at 2005年06月03日 19:06
>↓afuaさんのブログ。「ブロン・ソン子」と命名するべき女性だと思います(笑)

ご紹介、サンキュです。
イキのいい女に出会えるのもまた、女としてのヨロコビでございます。
Posted by S嬢 at 2005年06月03日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4053907
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック