2005年06月03日

Webデザインについて気付いたこと

DOB_devil(byTakashiMurakami) webデザインが、よくできてるとか、よくできてないとかいう話がある。
 ここのwebのデザインは良い、とか聞いて、そこに行ってみると、大概はロクなもんではない。デザイナーの目からすると優れたデザインなのかも知れないけれど、僕の目からすると鬱陶しいだけの物だ。
 多分、webデザイナーというのは「広告のデザイナー」と同じ線上にいるんだろう、と思う。それが問題だ。僕は、webデザイナーには「機械や道具のデザイナー」に似た能力が求められると思う。というか、さっき、そう気付いた。

・広告=見る物・動いている物
・機械=使う物・動かす物

 であって、僕はwebデザインに「見て楽しい」ことより「使いやすい」ことを求めている。
 FLASHなんて大嫌い!ってのもその所為で、押すべきボタンが浮遊してると、単純に押しづらいだけだ。欲しい情報に行き着くまでに延々とムービーを見せられるのはマッピラだ。

 だから、僕は「デザインに凝ったwebサイト」にたどり着いた場合、真っ先に「サイトマップ」に向かう。多くのサイトにおいて、「最も優れたwebデザイン」が施されているのは「サイトマップ」だと思う。中にはひどいのもあるけど。
 webデザインの問題点は「表示に関する制約の多さ」ではない。求められる物が、違うのだ。多くのデザイナーは、多分無駄な努力をしているのだろうと思う。

(もちろん、利用者によってwebサイトに求める物は違う。だから「webサイト」と一括りにすること自体が無茶なのかも知れない)
この記事へのコメント
同感です。
少数の人から好感を得ることより、多数の人がストレスなしに
情報まで辿りつけるのことの方が大事だと思うので。
Posted by kakako at 2005年06月03日 11:56
> 多くのデザイナーは、多分無駄な努力をしている

やあ それはウッドデッキのテーブルの天板を変形させて
流しそうめん用の樋が立てかけられるようになったりする
難儀な家を作ってしまう『ビフォーアフター』の
設計士さんたちのことですね
Posted by TOM at 2005年06月03日 13:01
■kakakoさま
 二次元上で展開されるデザインなんて、既に僕にとっては快楽ではない、とは言い過ぎでしょうが、そんな気もしてきました。

■TOMさま
 そんなのあったんですか?確かに、あの番組って感心すると同時に「そんな機能、ホントに使うのか?」ってのも多いですね。
 思ったんですが、デザイン重視というのは、ある意味「捨てる美学」を求められるわけで、対象に何を求めるかが明確になっていないわけです。
 それが、例えば家電や車ならニーズを明確にすることも出来るのですが、家となると、ニーズを絞り込むことはほぼ不可能なんですよね。
 だからおかしな方向に行ってしまうのかな、と。
Posted by LSTY at 2005年06月03日 17:38
Posted by TOM at 2005年06月03日 19:20
ああ、小ぶりな乳房の一件ですな←SEO対策
Posted by LSTY at 2005年06月03日 19:24
つーか、会員以外は飛べないリンク貼らないでください、先輩(笑)あっちにコメントしました。
Posted by LSTY at 2005年06月03日 19:36
> 小ぶりな乳房の一件ですな

違う違う KOEIの功罪についてですYO

といってもう一回引っ張ってみるテスト
Posted by TOM at 2005年06月03日 19:40
引っ張られないテスト。
Posted by LSTY at 2005年06月03日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

目指せ!Webデザイナー・・・でもちょっとその前に!
Excerpt:  実はこのエントリー記事、先月の週末に書き始めたもので・・・途中で書き上げるのを忘れてしまってた記事なんです・・・(^^ゞいまさらだけどさ、ブログのエントリーっていうのはさ、当然ながら旬というものがあ..
Weblog: ちょぉ〜っ!弱小零細企業オヤジのつぶやき
Tracked: 2005-06-08 23:25