2007年06月25日

食べ物と料理に関する「オレ常識」

Pop is dead.REVの日記 @はてな - 2007-06-22-Fri
 ここに「菜園の話」として私のブログへのリンクが貼られていて、はてこれはどういう事か?と思っていたのです。
 大したことも書いていないのだけれど、何故これがこのような形でリンクされるのか、と。

 後日見たところ、追記がされていた。
はてなユーザーについて、料理を知らないと話すコメント主は、どれほど料理を知っているのか、と。
 ここにおける、私のブックマークコメントに関して、である。

はてなブックマーク - はてなブックマーク - 分裂勘違い君劇場 - タダごとではない旨さのトマトソースができてしまった

 まあ全く嫌味な男である(私が)。
 ああいう事を書くから嫌われると思いつつも、しかし我慢ならずに書いてしまう。料理を学ぶ課程、というのには個人差があるだろう、と分かってはいるが、「少しでも料理をしたことがある人なら、当然分かっているであろう事」というのがあって、そういう事を知らない人っていうのが僕には「料理をする気がない人」と思えてしまう。
 二十歳くらいまでに、当然積んでいるべき料理の経験っていうのがあって、その経験があればここまで理解してないとおかしいだろう!という事っていうのがある。これ、完全に「オレ尺度」なんだけど、僕の中にはそういう「オレ尺度の常識」があって、それも知らない人っていうのは「料理しようって気がないだろ」という、書いてみると我ながら暴論中の暴論ですが。
 別に良いのです、する気がないのならしなくて。でもそういう人が料理に関する記事にブックマークコメントを寄せていたりするのを見ると「お前、料理する気もないくせに何ブックマークしてるんだ!」と勝手に怒ってしまうのですよ。別に怒ることもないんだが「お前、読む気もないくせに[あとで読む]とか書くなよ!」というイラダチに近い。

 そういう「オレ常識」の中に「普通のトマトを煮てもおいしいトマトソースは出来ない」っていうのが含まれるわけですね。これ、一度でもトマトを煮たことのある人なら分かる。妙な甘みが出て、うまく行かないのです。一度もトマトを煮たこともない人があーだこーだ言ってるのを見て「あ痛た、あいた」と思ってしまうのです。

 ここまでは長く、どうでも良い前置き。
 後人の参考になればと思って、僕が今までの料理経験から学んだ「オレ常識」をいくつか書いておきます。

・普通のトマトを煮込んでも、おいしいトマトソースは出来ない。
・トマトソースに白ワインを入れるとイタリアっぽく、赤ワインを入れるとフランスっぽくなる。
・トマトソースにオレガノを入れるだけでイタリア料理店のような味になる。
・こくが足りなかったらウスターソースを入れれば何とかなる。
・料理が塩辛くなってしまったら、修正は難しい。
・作りやすい料理というのは「味見のしやすい料理」、つまり調理時間が長い料理である。炒め物というのは難しい。
・納豆を15分くらいかき混ぜると、新しい旨味が出てくる。(via 北大路魯山人)
・市販のチューブ入りジェノバペースト(バジルとにんにく、松の実のペースト)は鬼のように不味い。
・ガラムマサラとクミンがあれば、なんでもカレー味に出来る。
・最初から材料と水を入れて煮込んでも、そこそこのカレーが出来る。
・ただし、玉葱を炒めるのと炒めないのとでは大違い。味の深みがまるで違う。
・人参を味噌漬けにすると、表面がグロテスクになる。
・中国製の黒酢はうまい。日本製のものとは雲泥の差である。
・料理に使う白ワインは、たいていの場合日本酒で代用できる。
・しいたけの出汁というのは、意外においしい。
・動物の出汁というのは、おもに骨から出る。
・セラミック製の包丁研ぎは劇的な効果を上げてくれる。
・大量の動物の骨を煮ると、煮こごりが出来る。
・中華料理っぽくしたい場合には、生姜と水溶き片栗粉が近道。
・鮪のトロは、少し火を通した方がおいしい。
・卵を電子レンジにかけると、大変なことになる。
・いわし、鶏肉、牛すじ等の廉い肉をおいしく食べる技術は、貧乏人必携である。
・チャーハンは、手軽なようで実は非常に難しい料理である。
・蕎麦を茹でたあと「氷水で締める」というのは必須の工程であり、流水で代用してはいけない。
・青い背の魚、あるいは貝殻を放置しておくと大変な悪臭を放つ。
・煮込み料理は長く煮るほどおいしくなる、というのは嘘である。
・普通のカレーは一晩置いた方がおいしかったりするが、タイカレーは一晩置くと台無しになる。
・テフロン加工のフライパンでは「とろとろのオムレツ」は出来ない。
・卵にオレンジジュースを極少量入れると「ふわふわのオムレツ」が出来るが「とろとろのオムレツ」には遠く及ばない。
・「ういきょう」を入れすぎると、料理が台無しになる
・オイスターソースが指に付くと、なかなか臭いが落ちない。
・玉葱は常備しておくと良い。
・マヨネーズはなくても生きていける。
・「半熟卵」の定義は人それぞれである。

 こんな感じか。これを読むと私の料理経験の浅さが知れると思うが。
この記事へのコメント
料理が塩辛くなってしまったら、修正は難しい>>これは本当にダメですね。塩だったらまだいいけど、醤油まで入れたらもうダメ。
Posted by 赤枕十庵 at 2007年06月26日 00:22
■十庵さん
 料理のステップというのは、1.塩加減、2.火の通し加減、3.旨味とかこく、という感じだと思います。
 料理ができない人というのは塩の段階でつまづくというか、確認せずに塩を入れてしまうのですね。「目分量」というのは経験があるから成り立つわけで。
Posted by LSTY at 2007年06月26日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45847644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

料理に関する「オレ常識」
Excerpt: 他人の不幸は蜜の味:食べ物と料理に関する「オレ常識」 面白いウンチクが書かれているので、ちょっと便乗。 出来るだけかぶらないようにしながら、僕も書いてみます。 ・香りを出したいときは..
Weblog: FETISH STATION
Tracked: 2007-06-25 23:46

料理について気になったことなど
Excerpt:  SBMを見ていて料理についていろいろ書いてあったのでメモ代わりに書いてみる。 ...
Weblog: KQZ on authentic
Tracked: 2007-06-26 00:35