2019年06月02日

愛情と距離

Pop is dead.・恋愛について。男の恋愛と、女の恋愛について思ったこと。

・よく言われるのが「女は上書き保存、男は名前を付けて保存」とか「男は顔に恋をし、女は声に恋をする」というものだけど、これはまあ、一般論としてはそうなんだろうけど、よく分からない部分がある。

・で、個人的に思うのは距離のこと。
・これはかなり個人的な、本当に「私に特有な心の動き」なのかも知れないけど「遠くにいないと思えない」というのがある。遠くというか、相手がいない状態の時に、思いが強くなる。
・具体的には、奥さんがそこにいない仕事の帰り道とかで、突然、彼女に対する感謝とか申し訳なさとかが愛情とともにドバーッと感情的に出てくる、なんていうことがよくある。

・一方で、奥さんは僕と一緒にいる時にすごく愛情表現をしてくれる。
・僕は、奥さんと一緒にいる時には結構、感情を殺してるんだよね。まあいわゆる「不器用な男」ってやつなのか、よくわかんないけど。
・そういう「一緒にいる時」と「離れている時」どっちで愛情を感じるかってのが、僕の中での男女の差なのです。

・たしかに、恋愛の絶頂というか初期段階では少し違うんだけど、僕の場合そういう時には相手と一緒にいるといっぱいいっぱいになって愛情云々とか言ってられない、切羽詰まった状態になるので結局同じことか。
・やっぱり童貞をこじらせるとそうなるわな、どうしてもそうなるわけ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]