2019年06月12日

選挙の作法(どの政党に投票するのか?の比較的簡単な選び方)

Pop is dead.[B! 政治] 老後2000万円「報告書はもうなくなった」自民 森山国対委員長 | NHKニュース

 安倍政権、腐りまくってるんだけど、次の選挙も自民党が勝つんだろうか。
 前にも書いたけど、小泉政権の「郵政選挙」の時に日本の政治は死んだ。あの時に僕は自民党に票を入れて、未だに悔やんでいる。
 そしてそれから投票行動を変えた。

 ただ多くの人は「自分が自民党に入れたんだから、自民党が間違っているわけがない」と思い続けているわけです。
 食べログで「この店は高かったから不味いはずはない」と、ひどい店に星五つ付けてる人にも似ている。

 で、僕はあれ以来、どういう風に投票行動を変えたのか。政治を勉強して、各党・各候補者の公約を吟味して投票するようになった、とかでは全くない。
 更に言えば「そんな風にして投票対象を決めるのは烏滸の沙汰だ!」とまで思っている。公約なんか信じてるの?って感じ。

 僕の場合、投票行動を変えたというか「選挙は何のためのものか?」という根本を見つめ直して、それに沿って投票をするスタイルに変えたということです。
 言うなれば「選挙の作法」というものを身につけた、と言うことでしょうか。

 選挙は何のためにあるのか?あなたは、何のためにその党に票を投じるのか?
 多くの人の答えはこうだろう。

「政権政党を選ぶため」

 アホか、と昔の自分に対して思うように、思う。

 政権政党を選ぶんだったら自民一択だろ、そんなこと考えてるから自民党にナメられるんだよ、お前は。 
 根本的に違うの、考え方が。

選挙っていうのは「政権政党を牽制するため」に有効なのです。

 少なくとも僕の中では、ほぼそれだけのものです。
 現政権がとんでもねえ事をやってたら、お灸を据えなければいけないわけです。それが選挙の目的だ。自民党の中で、現政権中枢の居場所をなくし、存在感を薄め、自民党内の勢力図を変える。結果として、自民党政権でありながら、その中身が変わる。そこを目指すのだ。現政権が良くない、と思うのであればそこを狙い、いわば「自民党の良心」たり得る政権への交代に結びつければよろしい。

 今なんかまさに安倍が、あるいは麻生がめちゃくちゃなことをして、日本という国を私物化してるわけだから、これはさすがにギュゥと言わせなくてはなるまい。
 その時に考えることは「安倍や麻生は、あるいは自民党は『どの政党が議席を伸ばせば』最も嫌がるか?」ということですよ。

 そんなこんなで、前回の選挙では「公明党に入れる」ってのも、僕の中の選択肢としてはありましたね。まあ、次もアリでしょうね、公明党。自民党の公明党への依存度が高まると、それはそれでアリかなあ、とは思う。
 でも、なんだかんだ安定政権になってしまうわけで、僕はその道を選択しなかった。

 あと、石破とか安倍に対抗する自民党議員に、小選挙区で入れるとか。これは一見筋が通っているようでいて、一番ダメなパターンね。誰に入れようが、自民党が勝てば「安倍=選挙に強い」ってことになって、どうにもならないですよ。
 小選挙区で反・安倍の自民議員が勝ちまくって、比例区で自民惨敗みたいな、相当極端なことが起きない限り、ダメねこれは。

 共産党、ここも議席を伸ばしてるけど、まあ普通に考えて共産党が政権政党になる可能性はないので、まあ安倍政権からすると「ハエがたかってる」程度に思ってるんじゃないか。

 だとすると、やっぱりどんだけダメ政党でも個人的には立憲民主党しかないわけです。「悪夢」がよみがえるかも知れないという「悪夢」を少しでも自民党に感じさせられれば、それは十分に「安倍降板」のための布石になり得る、と思うわけです。だから立憲民主党にずっと入れてる。
 とか書くとすごくバカっぽいんだけど、言い訳として書くと「立憲民主党政権」を望んでいるわけではないからね、僕は。「自民党に対するいやがらせ」が目的だから。

 というわけで、別に立憲民主党に投票しろ、とは思わないけど「今の政権(あるいは自民党)にとって、もっとも議席を伸ばして欲しくない党」というのを考えて、そこに入れろ!とは思うね。

 少なくとも、この期に及んで「他に良い党がないから」なんていうバカな理由で自民に入れたり、同じような理由で棄権するとか、そういうのはやめてね。
 そういう奴らこそが、日本という国を滅ぼすんだという事だけは、真面目に考えておいて欲しい。


(僕は「政治について語るのは恥ずかしい」という世代に属しているように思うけど、さすがに沈黙し続けてるのはずるいだろう、と思って書いておく)
posted by LSTY | Comment(0) | 愚にもつかぬ事 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]