2005年07月05日

仲間意識の基本は疎外だ(秘密バトン)

DOB_devil(byTakashiMurakami) なんか、秘密バトンというのがチラチラと回っていますが、これは私の「不快アンテナ」にひっかかりますね。
 質問内容は伏せられていて(バトンを回した人と回された人だけが知っている)解答だけが並べられているんですが、バトンが回ってきてない人としては、何が書いてあるのかわからないわけですよ。

 そんなもの、メールでやれよ!と。

 ブログであれSNSであれ、わからない人が見ているところでそんなことをやる意味がわからない。
 いや、意味はわかっている。
 「わからない人」が存在するからこそ、「わかってる人」の結束が高まるのだ。内輪意識・馴れ合いが楽しいのはわかる。僕は、あらゆる話の中で最も楽しいのは内輪受けの話と悪口だと思っている。しかし、内輪話と悪口ほど、オープンな場所でするべきでない話もない。
 更にその上、結束の堅さを確認するために、あるいはそれを堅くするために、オープンな場所であえて内輪話をする、なんていうのは実にみじめったらしい行為だと思う。

 回してる人全員がそういう事を思ってやってるんではないだろうけどさ。
 で、まあバトンが広まるにつれ、質問の推理なんかができて、そういう楽しみはあるんだろうが。

 しかし、なんか、そういう「無闇につながっていたい」という空気を感じたのですよ。SNS(mixi)やってても思うけれど、無闇につながったって仕方がないのですよ。もともとのつながりが弱いから、内輪で盛り上がって、他人を疎外することで相対的につながりを強調する、みたいな雰囲気がとてもイヤなのです。
 もちろん自分にもそういうところ、弱々しいつながりでも保とうという気持ちがあって、そういうの自己嫌悪の元になったりするんですね「あー、みじめったらしいなあ」とか。
 人とのつながりを深める真の手段というのは「自分が『つながりたい』と思われるような人間になること」なわけでしょう。一方的につながりたいと思うのは、イヤな依存ですよ。

 内輪つながりで、これと同様の不快感を覚えるのがexciteブログの「非公開コメント」機能。コメントした人とブログの管理者にしか読めないコメント。あれ、なんなんでしょうか?あれが一つでもあると、コメントしたくなくなるもんな。

 まああれだな、VIPルームみたいなもんで、疎外された人間のひがみなんだろうけど(笑)、でもブログの閲覧者ってそのほとんどが「内輪以外の人々」なわけで、そういう人にとって、そういうの不快だよ結構、なんていうことを自戒を込めて書いておきます。
この記事へのコメント
ブログとSNSの使い分けができとらんのです。
今その辺のこと書いてます
Posted by えっけん at 2005年07月05日 20:53
初めまして。
エキサイトの「非公開コメント」機能、FC2にもあります。
これで以前困らされたので、HTMLを弄って取っ払ってしまいました。
エキサイトは無料ユーザーだとそのあたりを弄れないのが気の毒ですね。いや、それがいいのかな。
エキサイトにはさらに「ログインユーザー」だけがコメントを読み書きできる機能もあります。
突っ込みを入れたい記事があってもエキサイトユーザーじゃなくなったのでもうできませんが。
Posted by Mappy at 2005年07月05日 21:18
 音楽や本のバトンはブログの長所をそれなりに生かしていたけれど、秘密バトンは適していなかったらしく、あっという間に鎮火された感じですね。

■Mappyさま
 こんにちは。
 ああFC2か、、、多分以前に書いたけれど、あそこは新規ユーザー獲得のためにTBスパム推奨みたいなキャンペーンを張っていて、それ以来嫌ってます。いや、ユーザーをじゃなくて、運営会社を(笑)
 だって、TB飛んできて、見に行こうとしたら非公開設定になってるんですよ。無茶苦茶ですがな。
 後悔されている場での中途半端な非公開って懐疑を生む物ですね。
Posted by LSTY at 2005年07月12日 13:48
はじめまして(礼
掲示板に書き込みしていたのですが、自分自身が
意識しないうちにも、そうなっているなぁなどと考えて漂流しているうちにここへ辿りつきました

推理の楽しみ

まさしく、それが私個人的に、あまりおもしろいとは感じませんでした

内輪話は、勝手にしてくださいな
とか、無気力になってしまいます
こちらも勝手になんですが^^
たいていは、興味のない話だったりしますけども

気持ちの赴くままに楽しんで、気づいたことです
知らないってことは、おそろしいですね
何処にでも、ツナガッテイル感覚はもっていないとやはりいけませんね
非公開では、ないのですから
Posted by ぽん at 2005年07月12日 14:50
■ぽんさま
 「公開されていること前提の内輪話」というのが、なんか「私たち、仲良いんだモンネ」という訳のわからない自慢に見えて、イヤなんですね、多分。
Posted by LSTY at 2005年07月12日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

内輪の存在価値と孤独
Excerpt: 仲良しグループの中で、自分の居場所を確保するためなら何だってやる人がいます。 他人(新参者)を疎外し
Weblog: ぽんすブログ
Tracked: 2005-07-08 04:03