2007年11月13日

「笑う犬の冒険」

Pop is dead. ふと思い出したので書き留めておくけれど「笑う犬の冒険」は良いお笑い番組だったと思う。ウッチャンナンチャンとネプチューンが中心になっていたコント中心のお笑い番組。思えばあれ以来、コントを主軸としたお笑い番組を見た覚えがないし、あれ以来、お笑い番組自体を見なくなった。

 この番組より少し前というのは、ウッチャンナンチャンというのはダウンタウンに対して存在するグループで、少なくとも僕の中では「面白いダウンタウン」に対して「つまらないウッチャンナンチャン」が存在する、というような物だった。
 もっと前の「夢で逢えたら」で、この二グループは共演していたのだけど、この番組においても、お笑いを引っ張るのは飽くまでもダウンタウン、という印象だった。

 しかし「笑う犬の冒険」におけるウッチャンナンチャンは素晴らしかった。特にウッチャンの演じるサエないおじさんたちの魅力。
 堀内健という才能が最も活かされた番組でもあったように思う。彼のナンセンスさとウッチャンナンチャンの堅実さ、ベタベタさがうまく中和していた。

 当然つまらないコントも沢山あったが、全体的にはとても良い番組だったと思う。
 というようなことを突然思い出した。日曜の夜にああいう番組があると嬉しいのだけれど、今はない。
この記事へのコメント
私も好きでした〜。
フジテレビ721(CS)で再放送しているので、
今でも時々、見てます。
やはり「小須田部長」「てるとたいぞう」が
群を抜いておもしろいですよね。
でも私が一番好きなのは「トシとサチ」です。
>「笑う犬の冒険」は良いお笑い番組だった
私は「笑う犬の生活」の頃が一番、おもしろかったように思います。
「笑う犬の冒険」になると、1時間枠になるので、
コントにキレがなくなって無駄にだらだら長くなったような…
「夢で逢えたら」も好きでした〜。
「笑犬」も「夢逢え」も、you tubeに結構、ありますよね。
こちら↓小須田部長シリーズです。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%B0%8F%E9%A0%88%E7%94%B0%E9%83%A8%E9%95%B7
Posted by LIN at 2007年11月13日 17:19
わたしも「笑う犬の冒険」は好きでした。
「トシとサチ」に出てくるウッチャンのキャラクター「モトミヤさん(でしたっけ)」が好きで。
携帯電話に出るときに「もしもし」でなく「誰だ。」というのが好きでした。
家の電話が鳴ると受話器を取ったら「誰だ。」と言うことにしています。
Posted by Mappy at 2007年11月13日 19:05
■LINさん
 小須田部長と「10円」は好きでした。
 「てるとたいぞう」もいいですね。ナンチャンがやってたラーメン屋の娘も好きでした。
 「生活」の方は残念ながらほとんど見たことないです。
Posted by LSTY at 2007年11月14日 13:13
■Mappyさん
 「〜だ。」つながりで、僕は路上でパトカーを見ると必ず「警察だ!」と言うことにしています。
 「ここは警察じゃないよ〜」と続けても可。
Posted by LSTY at 2007年11月14日 13:15
名倉が政治家でてんやものを食べながら愚痴るコントが好きでした。

ほりけんのアナウンサー学校みたいなコントも楽しみだったなー。
遠山響子もよかったなー。
関係ないけど志村けんと石野陽子が結婚しなかったように、内村さんと遠山響子も結婚しなかったですね。
Posted by めいろ at 2007年11月28日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック