2017年02月11日

城崎温泉一人旅行記(二日目)

Pop is dead.6年前の旅行記の続き

■2011/9/6
 4時過ぎに起きる。何もする事のない休日程、早く起きられる。だから老人は早起きなのだ。さて、目は覚めたが外湯が開くのは概ね7時である。手持無沙汰でダラダラするが、宿の内湯が6時に開くと知り、6時丁度に押し掛ける。その後、御所之湯へ。

 宿の下駄を借りて表へ出るが、3分も歩かないうちに鼻緒がくいこむ。元来、私は下駄サンダルの類が苦手で、履くと必ず指や足の甲をすりむく。
 歩き乍ら私は、以前城崎に来た時のことを思い出した。ほぼ30年前だ。家族旅行で、冬に来たんだった。父に連れられて外湯を巡ったのだが、私にはそれが苦痛だった。そうだ、あの時慣れない下駄でアチコチ連れ回されるのが嫌だったのだ。足は痛い。しかも、その時は雪が降っていた。私も冬の情緒は好むが、雪ってのは家の中から眺めるものだと思っている。寒いのはごめんだ。その、雪の中を下駄履きで歩く。これは、当時の私には苦痛であった。外湯は当時いくつあったか、おそらく五、六はあったろう。父はすべてまわる気だったろうが、私は「もうこれ以上、行きたくない」と言った憶えがある。いや、口に出して言ったかどうかは定かではないが、そう思ったことは確かだ。
 そういう記憶が、下駄ばきの3分からよみがえってきた。

 ふたっ風呂浴びた後の朝食はおいしい。夕食はひどかったが、朝食は平均点。つまり朝食と夕食を同じテンションで作っているのだ、この宿は。普通は夜のほうに気合い入れるでしょ、それがない。
 8時くらいから宿の庭に何人か職人が入って手入れをしている。その音を聞きつつ、宿を出る。今日一日は丸のまま暇、豪華、尾頭付きのヒマな時間である。

 とりあえず、名所である玄武洞まで歩くことにする。歩く道沿いに広い川が流れていて、四方に山。歩けども絶景。台風の所為だろうが、田畑用の側溝が所々ドロだらけになっている。大きな川も濁っている。
 玄武洞の2キロほど手前に見事なガケ。これはすごいと見上げた後、ふと目を落とすと、道のわきに怪しいものが捨ててある。よく見ると、男根にゼンマイ式の足がついていてピョコピョコ跳ねるセクシー・ジョークグッズである。何故こんなものを買ったのか、そしてなぜ、こんな所に捨てたのか。
 そんな物を発見してしまったため、絶景よりも路上のごみが気になって仕方がない。下を向いて歩いていると、ここいらには蟹が多い。道路の溝に無数の川蟹が居り、折を見ては道を横切って川から山のほうに渡るようだ。アスファルトの上にはつぶされた蟹の死骸がいくつもこびりつている。
 途上、廃墟となったラブホテルを発見。「全室使用中」と表示されているが、もちろん人気はない。霊気もない。

 さて、1時間あまりかけて玄武洞に着く。先ほど見たガケを、もっとエンタテインメント化したような、すごい断崖。巨大な石の結晶。見上げていると、遠近感を失い、目まいがする。ロスト・ディメンション・ガケ!VERTIGO崖!そういえば僕は、高い所から下を見てもめまいしないな。こういうの見上げた方がクラクラする。
 ひとしきり感動したあと、バンドエイドを買いにJRで豊岡に行こうと思うが、最寄駅は大きな川を隔てた向こうである。さあどうする、と思っていると玄武洞の売店が渡し舟を出していると言う。渡し賃300円を払い、しかし舟が出るまで1時間もあるので店を一回り。しかしなんとカスハガがない!というか絵ハガキが一種類しかない。しかも写真の周りに枠線と余白のあるアレ、といえばカスハガマニアには通じるだろう。あの、気取ったおもしろくもなんともない絵ハガキしかない。山陰なんてカスハガのメッカだろうと思っていただけに残念
 仕方がないのでご当地戦隊もの「オンセンジャー」のCDと、ローカル菓子「ロミーナ」を買うが、渡し舟が出るまでまだ時間がある。売店の外にあるベンチで、本を読んで過ごす。
 つくつく法師が目前の木にとまる。つくつく法師の鳴き声は、そのひとつひとつが「練習」に様である。ひとしきり練習が終わると少うし横にずれて、また練習を再開する。なるほど、蝉とヨコバイは同じ種類の虫なのだなあ、とか思いながら夏目漱石「こころ」を少しずつ読む。
 ぼーっとしながら1時間待ち、渡し舟に乗り込む。客は私一人。濁った川の上を風がわたっている。その川を、舟で渡る。対岸の渡し場は台風の所為でぬかるんでおり、靴が泥まみれになってしまった。駅のトイレで靴を洗う。なにもないので素手でごしごし洗う。

 列車くる。豊岡へ。とりあえず豊岡に出て、薬局に行きバンドエイドを買うのだ。豊岡まで行けばなんとか物の都合もつこうと思っていたが、駅前の商業施設はまさかの休み。
 さて時刻は昼過ぎであって、とりあえず何か食べたい。しかし、駅前の商店街を歩いても、薬局どころかまともな飲食店もない。あきらめて帰ろうかと思ったが、空腹なので一軒のスパゲティ店に入る。老人一人でやっている店で、ワインと塩辛いポモドーロを食べ、コンビニエンスストアでバンドエイドを買って城崎へ戻る。

 宿の手前にある店で地ビール(ヴァイツェン)を一杯買い、公園で飲む。うまい。
 宿へ戻って少しダラダラした後、駅前の外湯「さとの湯」へ。ここはサウナもあり、まさにスーパー銭湯そのもの。情緒はないが、広く清潔で明るい。私が温泉に求める雰囲気ではないが、ポップではあるな。入湯客を見ても地元の人が多そうで、それこそスーパー銭湯の感覚で利用されているようだ。
 湯から上がって駅前の「グビガブ」という店で地ビール(ピルスナーと「かにビール」)。かにビールは、かにが入っているわけではなく、かにの味わいをイメージしたビールらしい。のみながら旅日記書き進める。地ビールは三種類飲んだが、公園で飲んだヴァイツェンが一番おいしかった気がする。
 一服して腰をあげ、いよいよ外湯「地蔵湯」へ。

 実はこの地蔵湯には思い出があって、以前、家族で城崎に来た際、私はここで湯あたりして卒倒したのだった。だから、今回はリベンジ。何をどうリベンジするのかよく分からないが、リベンジ。
 そんな事を考えて湯に入って気付いたのだが、城崎温泉の湯は熱い。源泉を水でうすめていると思うのだけど、それでも結構あつい。その中でも、地蔵湯は特に熱い方に入る。こりゃ長く入るとまずいと思い、リベンジそこそこに上がる。完敗
 しかし思い出を辿ってみて、この風呂ってこんな構造だったかな、違ったような気がするな、と思って訊いてみると、どうも城崎の外湯は平成に入ってから改築されたらしい。どうりで清潔だと思ったが、情緒という点ではどうかね、少し寂しい気もする。
 帰り道、「柳湯」へ。入口に柳が植わってて風情がある。なんか神田・室町の「砂場」みたいだな、と思って入ってびっくり。アツい!ここは城崎最熱の湯。44度くらいあるんじゃねえの?とっとと退散。参った。
 嫁への土産に「湯上りサイダー」(なぜか佐賀県製)を買って宿に戻り、夕食。食後、一の湯、まんだら湯、そして内湯に入り、寝る。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2017年02月01日

豆州および遠州紀行・外伝

Pop is dead.・旅行記の本編は書き終えたが、それに関連する細々としたことを随分端折ったので、ここに記録しておく。

■1/26
・銀座の寿司屋の客というのは「老人と若い女性」という組み合わせが多いように見える。女性は水商売ではなく、堅気で聡明そうに見える美人が多い。また一方で老人の性的な欲望や虚栄心などを理解した上で「そういう理由でこの店で御馳走してもらっている」ことを理解しているといった、女の狡猾さも強く感じる。村上龍の「オーディション」を思わせる感じで、少し恐い。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2017年01月30日

東京・松崎・清水・浜松

Pop is dead.■1/26
・昼、銀座「小笹寿し」へ、冬になったので再訪。お酒は冷酒にして、つまみに皮剥。肝ポン酢で食べるのだけど、このポン酢が良い。柑橘類の皮の苦みというかピリッとしたスパイシー感のバランスが絶妙だった。その後、お寿司は平目、鯛、皮剥、鱚、づけまぐろ、トロ、鯖、あわび、小肌、青柳、うに。これで18,000円弱。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2016年02月01日

中伊豆で「鄙びた宿」を再定義する。

Pop is dead.・年末に伊豆・吉奈温泉の「さか屋」に泊まった。吉奈温泉というのは私も知らなかったが、中伊豆の修善寺より少し南にある小さな温泉町である。
・仕事が忙しかったのと、その上、年の後半はひどいパワハラに遭って頭がおかしくなりそうだったので少しゆっくりしようと思いつき、場所を伊豆に決めたのが11月の末。既にそういう時期だったので多くの旅館はもう満室になっており、辛うじて見つかったのがこの宿だった。黒澤明や岡本太郎が愛した宿という事になっていて、修善寺からさらに離れた場所にあるという事は静かな良いところなのではないか、と感じた。
・口コミを見るとかなり評価は低いのだが「携帯が通じない」「建物が古い」「部屋に虫が入ってきた」という的外れな悪口が目立つように思えた。仕事から逃げるためには携帯が通じないのはむしろ好都合だし、古い温泉宿は好きだし、そうであれば虫くらい入ってくるだろう、と考えたので、さほど躊躇せずに連泊の予約を入れた。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2014年02月24日

修善寺で毘沙門天像を見た。

Pop is dead.・伊豆・修善寺に行ってきた。
・以前行ったのは20年以上も前かと思うが、その頃は風呂だった「独鈷の湯(とっこのゆ)」が足湯になっていて驚いた。こういうのは軽薄短小化の波ってのかねえ、文化の破壊だと思うが、しかし確かに、以前の独鈷の湯は外から丸見えの公衆浴場だったので、あれをそのまま続けるのは難しかったのかとは思う。場所も狭いので、あそこにちゃんとした建物を作ることは無理だろうし。だけど、風呂として残して欲しかったなあ。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2013年09月26日

山陰旅行記

Pop is dead.■9/21
・なんかよく分からないうちに、山陰に行くことになっていた。母と嫁と私で話していて、誰が言い出したのか判然としないが出雲に行こうという話になって、母が万端準備してくれたので、どういうわけだか行くことになった。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2013年09月02日

京都・美山荘に行ってきた。

Pop is dead.・岐阜の河村さんに教えてもらった京都・洛北の「美山荘」に行ってきた。
・京都市街を抜け、鞍馬山からさらに40分ほど山奥へ。公式な案内では「京都市街から車で1時間」とあるが、中心部から1時間では少し厳しいかも。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2013年08月07日

8/3-5日記(庭のホテル、市川、タキモト・久住昌之イベント)

Pop is dead.・食べたものの感想をすでにここに書いてしまったので、あとは行動のメモ。

■8/2(金)
・東京は実に涼しい。
・お茶の水から庭のホテルへ。結構迷った。お茶の水から線路沿いに歩くと随分遠いように感じるが、しかし女坂を降りるとすぐの場所。地図上の距離で見ると、どっちが近道とかいう程ではないんだけど、女坂経由の方が分かりやすく、近く感じる。
・地理的にちゃんと把握していなかったけど、松翁とかの割と近く。分かる人にしか分からないけど、山の上ホテルが提携してるスポーツクラブの入ってるビルがありますね、あそこから行くと分かりやすい。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2013年03月21日

群馬・四万温泉「積善館」3泊4日の旅

Pop is dead.・十数年ぶりに、群馬県北部・四万温泉の「積善館」に行ってきた。
・温泉地への一人旅は城崎温泉に行って以来、1年半ぶりになる。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2012年09月05日

9/1-3日記(カシオペア乗車から)

Pop is dead.これの続き

■二日目(カシオペア乗車から)
・少し驚いたが、カシオペアは最初、全ての部屋のドアが開いている。自分の部屋を確かめて、勝手に入って勝手にドア閉める。ちょっと無防備。何部屋か空き室があったんだけど、そこは夜までずっと開けっ放しだった。

・バーン!これがカシオペアスイート(メゾネットタイプ)の室内だ!
カシオペアスイート(メゾネットタイプ)室内見取り図
(写真は関連サイトに数多く取り上げられているので、室内見取り図を描いてみた)
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2012年09月04日

9/1-3日記(カシオペア乗車まで)

Pop is dead.・先日めだかを通信販売で買ったが、輸送時ストレスで死んだり弱ったり、また大きいものと小さいものとの差が激しく、10匹あまりいたのが、あっという間に2〜3匹になってしまった。
・通信販売は便利だが、生き物はこういう形で買うべきではないのか、と思った。値段が廉かろうが、やはりそれでは割り切れない物がある。

・さて、9月1日から3日にかけて札幌旅行というか「カシオペアに乗る旅行」に行ってきたので、その記録。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年10月14日

城崎温泉一人旅行記(一日目)

Pop is dead.・9月上旬に行った城崎旅行の記録、メモ帳に万年筆でチマチマ書いたまま、放っておいたのだけれど、少し時間が空いたので一日分だけアップしておく。
・ちなみに、メモ帳をiPhoneのCamScannerでスキャン(撮影)し、それをEvernoteに保存、それを見ながら外出先でPCに打ち込む、という手順を踏んだ。A7のメモ帳6ページにわたる記述だが、打ってみるとずいぶん短いのに驚いた。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年09月08日

旅の前と後の日記

Pop is dead.・城崎への旅から帰還。本来なら旅の内容について書くところだが、そうはいかない。「なぜそうはいかないのか」についての日記。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2009年08月10日

8/8-9日記(奈良・明日香旅行記)

Pop is dead.■8/8
・奈良へ。燈火会が見たいという嫁の提案。
・結論から言うと、燈火会はいまいち。2年前に行った時よりも規模が小さい印象。行った時期が悪かったのかも知れない。しかし人出はすごい。奈良の美点の一つは「静か」な事だが、こう人が多くてはたまらない。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2009年03月23日

奈良旅行記(奈良ホテル・法隆寺の邪鬼)

Pop is dead.■3/20
・旅の出発予定日。ただ風邪の治りが予想以上に悪く、今日の出発は取りやめる。熱はないが、喉の痛みが依然としてひどい。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク