2012年03月05日

阪神明ぶらぶら記

Pop is dead.・仕事で大阪に行く予定が入ったので、阪神をブラブラ。

■3/1
・夜、ミナミのおでん屋、たこ梅本店へ。
・大阪のおでん屋と言えば、常夜燈かたこ梅という老舗。
・さえずり、鯨のスジ、大根、ねぎま、じゃがいも、厚揚げ、よもぎ麩、糸こんにゃく、湯葉、それに名物の蛸の甘露煮にお酒二合で7,000円也。これは高い。いくらなんでも高すぎる。計算してみるとふっかけられてるわけではなく、メニュー通りの値段だが、これでは「たこ梅」じゃなくて「たか梅」だ。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2012年02月09日

1月下旬〜2月上旬のtweetまとめ

Pop is dead.・最近のtweetまとめ。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2012年01月18日

ここ1ヶ月のtweetまとめ

Pop is dead.・気が付いたら、前回ブログを書いてから1ヶ月も経っていた。
・twitterにはちょこちょこ書いていたので、多分、文章を書く心理的・物理的余裕がなかったんだろう。twitterは1分で書けるけど、ブログは30分くらいはかかるわけで、その程度の時間でも、わりと「余裕」というものに左右される。
・そういうわけで(どういうわけで?)ここ1ヶ月のtwitterへの投稿から、抜粋してまとめておく(一部、加筆修正してます)
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年12月19日

12月前半あたりの日記

Pop is dead.・いわゆる「ライブ」というものに対する興味を失ってから、ずいぶん経つように思う。
・時間的・空間的・金銭的な束縛というのがあって、そこにさらに、僕自身の芸能に対する拘泥が加わり、その結果として「生の芸能」に関わる機会が無くなった。さらにその事実に慣れ、事実に対する精神的解決方法として、ライブに対する興味を無くしたのだろうと思う。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年10月13日

10月中旬日記(東海林さだおの植民地主義・TOMOVSKY・シャーペン)

Pop is dead.・城崎旅行の際に買った東海林さだお「そうだローカル線ソースカツ丼」読了。人相学のあたりはつまらなそうだったので読み飛ばした。
・最後の椎名誠との対談が面白かった。東海林さだお本の中では異色の内容だと感じた。
・東海林さだおは、興味本位で世界の奇食について、椎名誠にいろいろと訊く。それに対して、椎名誠が終始イライラしてる。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年10月03日

10/1-2日記

Pop is dead.■10/1
・昨日は飲み会だったので昼前に起きる。
・外で仕事上の知人と呑むのは、僕にとって恐らく苦痛なことなんだろうと思う。プライベートな友人と呑むのとは多分ちがう。

・電車に乗って文具屋へ。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年09月27日

9/24-25日記(映画「探偵はBarにいる」、本「腹を割って話した」感想など)

Pop is dead.■9/24
・朝起きて、電車で映画を見に行く。朝夕は急に冷えるようになったので、念のため長袖を持ってゆくが、歩いていると暑いのでTシャツ1枚になる。
・映画館に着いたのは10時前だが「探偵はBarにいる」は11時から。時間まで隣接するショッピングセンター内をぶらぶら。文房具売場も面白くないし、結局本屋くらいしか見るところがない。しかしこういう庶民型ショッピングセンターの文具売場でも、モンブランのリフィルなんかは置いてるんだな、知らなかった。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年09月12日

9/10-11日記

Pop is dead.■9/10
・夏目漱石「こころ」読了。

・映画「トニー滝谷」見る。嫌いではないかなぁ、という程度の感想。なんかちょっと、話にわざとらしさがあるなあ。そこをうまくごまかせてない印象はあった。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年09月02日

9月冒頭日記(旅支度・モカ補足情報)

Pop is dead.・iPhoneを持っていて、TeamViewerとDropBoxがあれば外出先でも家のPCを使えるわけです。すごい。
・しかし、TeamViewerはPCが起動していないと使えないのですね、スリープ状態だとオフラインになってしまう。なので今、自宅のPCは常時オンになってるわけだが、電気も食いそうだし、HDにも悪いような気がするので、RemoteBootを導入して、必要な時にiPhoneから自宅PCを起動できるようにしようかと思う。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月24日

8月下旬日記(積善館から城崎へ)

Pop is dead.・仕事割と忙しいが、ようやく終了への目処が見えてきた。
・9月中旬以降になるとまた別の仕事があるので、その前に少し休もうと思う。嫁には悪いが、今回は一人旅を計画
・こういう時に真っ先に候補に挙がるのは、群馬県は四万温泉の「積善館」である。4度ほど泊まっただろうか、古い建築と廉さが魅力の宿。
・しかしいつも積善館では芸がないか、と思って色々検討した結果、今回は城崎に目的地を決めた。城崎は二度目。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月11日

iPhone4購入しました。

Pop is dead.・Facebookのアカウントを取って放置してたんだけど、徐々に知り合いが増えたので、何か少しだけ書いたりしている。と言っても1日100文字程度か。
・Facebookはそもそも画面が醜い。見にくい、ではなく醜い。美しくない。機能も分かりにくく、不透明で、またサービス提供側に過度にコントロールされており、これも美しくない。
・あと、善意をベースとしたメディアで、なんで善意をベースとしてるのかというと、そっちの方が金が儲かるからだ、というサービス提供側の意図が透けて見えるのも気持ち悪い。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月05日

8/4日記(少女時代2集の感想・使わないメモ帳)

Pop is dead.・少女時代のCDが届く。Amazonでの表示名は「少女時代 2集 Run Devil Run(リパッケージ)(韓国版)」アルバム名は「Run Devil Run」なのだろうか、と思うが「Run Devil Run」はシングル曲名なので、アルバムかシングルかの区別が付きにくい。
・韓国におけるCDリリースについてよく知らないんだけど、シングルが主体で、アルバムはそれを集めた副次的なリリースなんだろうか。「2集」というのがシングルの寄せ集めという印象だし、値段も廉い(2000円以下)。
・リパッケージという名前の通り、このアルバムはいったんリリースした後、さらに何曲か加えて再リリースした物らしい。日本だと、リリースして数年の新しいアルバムにボーナストラックを足して再リリースなんてしないように思う。あと、DVDみたいなトールケースに入ってるのも不思議。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年08月01日

7月下旬日記(少女時代のCDを注文した)

Pop is dead. 最近また嫌韓だ嫌日だという話になってるので、思ったこと(@Twitter)
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年07月12日

7月上旬日記(特設空母・潜水艦・輸送艦・スライドショー10)

Pop is dead.・いよいよ!戦車模型に飽きてきた。ヘッツァー、ヴィルベルヴィントが作りかけだが、どうも飽きてきた。
・そんなわけで艦艇模型のキットを買ってくる。以前から興味があった特設空母、潜水艦と輸送艦。輸送艦には、搭載する戦車が付いていて、そこが魅力だった。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年07月06日

7月初旬日記

Pop is dead.・webの普及によって、ずっと著作権が問題になってきたんだけど、なんとなく最近、「出典元がどうこうなんてどうでもいい」という感覚が浸透してるような気がする。
・ネタ画像的な物について、特に個人発信の画像についてそうなってるような気もする。つまり個人が発信したネタ画像というのは、最初から「みんなのため」のものであって、オリジナルがどうかとか言うべきじゃないという考えがあるのかもしれない。てめえが発信元かどうかじゃなくて、みんなが楽しめればいいだろう、みたいな精神。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月20日

6月中旬日記(ティーガーIいつの間にか完成)

Pop is dead.・ケンミンの焼ビーフンもらったので、作って食べたりする。うまいねえ、ケンミンの焼ビーフン。塩分高めなので、野菜を大量投入。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月14日

6/13日記(ラザニア・模型道場)

Pop is dead.・ラザニア作った、というかスーパーで売ってるラザニアのセットありますね、アレを作った。
・あれ(青の洞窟っていうやつ)って、普通につくるとただのレトルト食品だね。即席板パスタの間に、レトルトのホワイトソースと、レトルトのミートソースを重ねて、それを焼くだけ。ほんと、ただのレトルト食品。
・それではあんまりなので、ミートソースを半分自作。トマト+玉ねぎ+挽肉でソース作って、そこにレトルトのを加えた。自作した方のソースは基本味付けなし。味付けなくても、レトルトの方が塩辛いからね。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月07日

6/6日記(自作タンメン・III号突撃砲の写真)

Pop is dead.・しばらく何もしたくない気分だったけど、少し戻ったかな。たまっていた洗い物を食器洗い機で片付け、台所をすこしきれいにして、タンメンを作る。
・スーパーに行ったらもやしが品切れだったので、カット野菜と生姜、豚肉でスープを作る。味付けは香味(味の素による味覇のコピー品と言って良かろう)ペースで。
・結果、ものすごく薄味のタンメンができた。まあ、薄すぎたら香味足せばいいか。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月03日

6/1頃の日記

Pop is dead.・ここ数日の昼食
・具なし冷やし中華に、野菜ジュースとサラダを混ぜて食べる。
・御飯・唐揚げ・サラダ・野菜ジュース
・鯵のたたき丼・サラダ・野菜ジュース
・そんな感じで、サラダと野菜ジュースを毎日。この食事のおかげか、頭痛がなくなってきた。

・しかし冷やし中華+野菜ジュースはちょっと失敗だったな。塩分が低すぎた。少し冷やし中華スープを足さないと食べられない感じ。
・まあガスパチョってあんな感じだけどね。考えてみればスペイン料理ってまずいけど、塩分は低くて健康的なのかも知れない。もっとも僕はバルセロナでしか食事しなかったので、地方なんかによって違うのかも知れないけど。
・あ、でも国内のスペイン料理屋でも味薄すぎてまずかったな。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年06月01日

5/31-6/1日記(VA女優・コレステローラー・ツィメリット哀史)

Pop is dead.・学生の頃からロックというジャンルには興味がなくて、タワレコなんかに行ってもロックコーナーには寄りつかなかったですね。ただクラフトワークはロックコーナーに置いてあったんで、Kのトコにだけは顔を出してた感じ。横浜のHMVって狭いんだけど、クラフトヴェルクのドイツ語版だけは揃ってた。
・いや、だからロックバンドには疎くて、ニューウェイヴ以降のロックバンドって全然知らないんですよ。で、ある日、ロックコーナーを通りかかって、「V.A.」という仕切り板を見てですね、とっさにバンド名だと思ったのね。ヴァン・ヘイレンのイメージですね。
・うわ、このバンド、随分たくさんCD出してるなあ、と思ってね、感心したんですよ。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年05月31日

5月末日記(まだまだプラモ日記)

Pop is dead.・嫁の誕生日に、琉球張り子をプレゼントする。何プレゼントしようかなあ、と考えていたら偶然、日常的ヘンテコ道カタログで見かけたのだった。
・張り子や土人形のたぐいには、何故か割と惹かれる。うちには同じく嫁へプレゼントした土人形と、あと、なまずの上に猿が乗ってお祈りしてる土人形(地震よけらしい)、それにつればり人形なんかがある。つればりは郷土エロ人形で、もう絶滅寸前みたい。四国のおみやげ屋なんかで、たまに見つけることができる。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年05月30日

サーティーワン攻防記

Pop is dead.・先日、嫁と久しぶりに31(ベアスキン・アン・ラビンスン)でアイスを食べてたんですよ。パチパチ好きとしてポッピンシャワー食べてた。
続きを読む
posted by LSTY | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年05月16日

5月上旬頃の日記(プラモ記と見たDVDなど)

・III号突撃砲完成後、ヤークトパンターを作り始める。
・ヤークトパンターは第二次世界大戦における最良の戦車と言われる駆逐戦車。砲塔は旋回しないが、その分、分厚い装甲を備え、これを撃破できる戦車は存在しなかったとかいう、とにかく強い戦車である。ゲーム「大戦略」においては、ヤークトパンターよりもヤークトティーガーの方が強いんだけど、ティーガーの方は恐らく装甲が重すぎる所為だろう、機動力がとても低い。というわけで「大戦略」においてもやはり、最良の戦車はヤークトパンターということになる。

・で、この戦車は大戦後期に登場した車両なのでベース色は黄色、という事になる。大戦初期のドイツ軍における基本色はタミヤカラーで「ジャーマングレイ」とされる暗い灰色だが、アフリカ戦線において採用した黄色がヨーロッパにおいても有効であるとされ、以降は黄色が基本になったらしい。だから塗装としては黄色か黄色ベースの迷彩というのが歴史的に正しかろう、と思うわけです。ジャーマングレイのヤークトパンターが1台もなかった証明というのも無いんだろうが、まあ恐らく無かったんでしょう。
・しかし私は敢えて、ヤークトパンターを灰色に塗りたい。そっちの方がかっこいいから。まあ「かっこいいから、歴史上あり得ない色で塗る」っていうのは、戦車プラモマニア界では邪道なんだろうなあ。

・キットは黄色塗装を前提とした黄色いプラスチック製なので、サーフェイサー吹いてジャーマングレイ吹いてという感じで、シンナー臭に耐えながらの作業。車体上部を組み上げて、さあキャタピラでも組むか、という時に車輪を紛失。塗装後、風に当てて乾かしていたら風が強くて車輪がどっかいっちゃった。あー、これはこまりたな。
・部品取り寄せも面倒なので、車輪が見つかるまで、ヤークトパンターは保留。ここら辺の面倒くさがりなところも、戦車作りに適性がないという現われのように思う。

・そんなこんなでやる気がなくなったので、インタヴァルとしてザクを作ってみる。旧ザクと迷ったが、今回はザクIIの1/144スケール。設定色はかなり明るいのだが、これでは軽すぎるので、ダークグリーンとフィールドグリーンで塗る。ガンプラを初めて作ってから30年くらいになるけど、こういう風にちゃんと作ったのは初めてだなあ。
・最後に水性のつや消しコート吹いて仕上がってみると良い感じ。「この色が正しくて、基本設定色が間違ってるんじゃないか」と思えるほど。この年になってプラモが楽しくなってきた!今度はズゴックでも作ろうかな。水中兵器だから、今度は海軍色だな。タミヤから出ているマニアックなカラー「呉海軍工廠(こうしょう)グレイ」と「佐世保海軍工廠グレイ」でズゴックを塗る、これが今のプラン。
・つまりですね、呉の造船所で使われた灰色と、佐世保でのそれでは違うってんで、タミヤはそういうカラーを出してるわけですな。マニアの世界だなあ。だいいち「工廠」なんて読めないよ。軍直営の軍需工場のことらしいですね、英語ではアーセナル(Arsenal)で、工廠の労働者が結成したサッカーチームが「なんやらアーセナル」っていう名前だと、いうことです(サッカーには全く興味ないけど、アーセナルって聞いたことある)

・しかしガンプラ作ってばかりでもアレなので、ついにIII号戦車にとりかかる。こっちは大戦初期からある車両なので、安心してジャーマングレイに塗れる。III号突撃砲のかっこよさには遠く及ばないが、シュルツェンの貧乏くささというかダサさというか「いかにも後付けな感じ」が良い。
・シュルツェンというのは、戦車の側部や砲塔の周囲を囲む追加装甲のことで、見た感じ「鉄板がぶるさがってるような感じ」です。見るからに廉っぽい。しかし、これはこれで効果があったようですね。なんかそこらへん(どういう風に効果的だったか)については当時の榴弾の仕組みとかまで勉強する必要があるのでよく分かりませんが。そういえば、大戦後期の戦車には、表面がでこぼこになってるのがあるけど、あれはセメント的な物を塗ってるらしい。なんでも、磁力で戦車にくっつくタイプの砲弾だかの対策らしい。

・ああそういえば、III号突撃砲作ってる時に気になってたOVM「グレネード」だと思ってた棒は、やっぱり砲身洗浄用の棒(クリーニングロッド)でした。たしかに榴弾が車外に付いてるのはおかしいなあ、と思ってはいたんだが。
・多分、ロッドの先端部分(耳かきでいう梵天の部分)だけ、黒いカバーが被さってる感じだな。ヤークトパンターなんかになると、ロッドごと長い筒に入って、車外に取り付けられてる。

・余談だけど、戦車マニアはキャタピラのこと「履帯(りたい)」って言うのね。キャタピラが商標だからかね。wikipediaでは「無限軌道」ってなってるな。軍事用語では履帯、という説もあった。どうなんでしょう、どうでもいいけど、履帯って言ってるやつは戦車とかミリタリーマニアって事でよかろうと思う。

【以上が戦車プラモの話】

・大島渚の暗い映画みたいなあ、とか思ってて、何か偶然に「絞死刑」の予告編をYouTubeで見かける。これは昔見たな。
・しかしこの予告編がちょっといやな感じだった。言葉遣いが。まず「死刑廃止に反対してる『連中』」っていう物言いがなんかカチンと来るよなあ、とか。しかしまあ、これは自分の意見をはっきりして、対抗勢力をも明確にする、という意味ではありかなあ、と思うんだけど。しかし「〜と、俺達は思う」ってのは何だろう、これはちょっと受け入れがたい。「俺達」って何よ、「俺は思う」でいいじゃんよ。映画作ってる人、配給元も含めてみんなそう思ってるのかね。監督と脚本家の意見を「俺達の意見」って言っちゃうのは、僕はイヤだなあ、と感じた。
・その他にもこの予告編「完璧」の連発とか、ちょっとイヤだったな。その当時の雰囲気ってこんな感じだったのかな。

・レンタルビデオ店で、中古DVD100円セール。あろうことか「イージー・ライダー」があったので買ってくる。
・その他「仮面ライダーアマゾン」「ワルキューレ」「アメトーーク」借りてくる。

・「ワルキューレ」は、ドイツ軍戦車を見るために借りてきたんだけど、戦車はほとんど出てこなかった。残念。
・当時の時限爆弾って、あんなにちゃちなものだったのか、よく戦争してたな、と思ったんだけど、よく考えてみると当時も目覚まし時計くらいはあったはずで、ということは機械式の時限爆弾もあったはずだ。つまりあれは、金属探知なんかをすり抜けるための物だったのかな、と思った。
・あと細かい部分で、ヒトラーが将校(?)に対して「ワルキューレを知っているかね?」と聞くシーンがあったと思うんだけど、当時のドイツの官僚で、ワルキューレを知らない人間はいたんだろうか。
・セットやらそういう物は興味深かったが、映画としては全然面白くない作品なので、その筋の好事家以外に薦める気はない。

・「仮面ライダーアマゾン」は、なんとなく昔から「異形の仮面ライダー」として興味があって、今回初めて見た。まあ、どうなんでしょう、ウルトラセブンの方が面白いな。いかにも子供向け、いかにも昔って感じのトンデモな設定とかあるけど、そこで楽しめるほどでもない。
・十面鬼の中に「バカリズム」に似た人がいて、それがちょっと面白かった。

・「アメトーーク」は黒柳徹子芸人とか板尾創路伝説が入ったDVD。板尾伝説面白かったな。「冒冒グラフ」見たくなった。

・ドラクエのエロパロゲーム「ギャルゴンクエスト」というのを見つけてやっている。エロゲームでレベル上げしたりする空しさが楽しい。
・エロCGの出来なんかもそんなに良くなくて、微妙な感じだけど、まあドラクエ好きとしてはやるでしょ。
・しかしエロゲームやるのは10年ぶりくらいか。CGものだと「カスタム隷奴」とか「えねま2」以来。実写物も結構やったなあ。というか実写ものが好きだったんだけど、昔からエロゲームは二次元物ばかりで、実写版については元々Mac版でしかほとんど出て無くて、ついにリリースが無くなった頃からエロゲームはやってない。
・当時から思ってたんだけど、僕にとって二次元エロって言うのは変態じゃなきゃ意味が無くて、ノーマルな内容であれば二次元である必要ないじゃん、と感じるわけです。
・というわけでいくつか変態系のエロゲームでもやってみようかと検討中。しかし変態物って体験版だけで結構「お腹一杯」になるなあ。本編買う必要ないようにも思えるのだなあ。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月28日

III号突撃砲とりあえずの完成

・相変わらずプラモ。

・とにかくチョコチョコと道具が要る、というわけで100円均一とDIYの店に行ってみる。

・100均の店で買った物:蓋つきガラスびん二つ、先のとがった綿棒、洗濯ばさみ、筆セット、先のとがったピンセット
・DIYの店で買った物:細筆

・結論として、100均の方がプラモ道具が充実してる。というかメイク道具ってプラモ塗装にも使える。
・100均はDIYに比べれば女性向けの品揃えをしていて、メイク≒プラモ塗装には嬉しい品揃えだった。
・今回買わなかったんだけど、写真立てに使うクリップスタンドは、もうあれはプラモ製作に必須でしょう。台からワイヤーが出ていて、その先端に小さなクリップがついてるやつ。小さな部品の塗装と乾燥に最適。似たようなものがプラモ製作専用にも売られてるけど、多分そっちは高い。
・蓋つきガラスびんは有機溶剤を使った筆洗い用に購入。最初は化粧品用の小瓶を買おうかと思ったんだけど、サイズ的に小さすぎたのと、化粧品用のって有機溶剤入れられないのね。これは意外だった。マニキュア用の溶剤とか入れられないのかと。
・ただ、ガラスびんについてはDIYの方が廉かった(78円だった)
・あと、筆も100均にあるけど、良い感じの面相筆はないね。一応買ったんだけど、有機溶剤で洗ったら「筆の軸に塗ってあった塗料」がはげちゃった。
・DIY店でも筆を買って、そっちはコシもあって良い筆だった。筆については、塗料との兼ね合いもあるし、プラモ専門店で買ってもそんなに高くないので、専用のを買っても良いな。普通はエナメル塗料の使用とか前提としてないんだろうし。

・面相筆って、まゆ毛とか顔の表情(面相)を描くから面相筆って言うんだと知った。
・ちなみに子供の頃は「えつきばり」って「え突き針」だと思ってた。正しくは「柄付き針」ね。あと「並の強さの台風」って「波の強さの台風」だと思ってた。
・あとあと、山手線の「内回り、外回り」の概念を理解したのは大学に入ってからだったな。面目ない。

・で、プラモ製作の進捗状況(ドイツ軍III号突撃砲B型、1/48)
・本体はほぼ組上がり、あとはアクセサリ(グレネード、スコップ)取り付け、デカール貼り、汚し/仕上げで完成という段階。
・あれ、グレネード(擲弾)で良いんだよなあ、木の柄の先に黒い固まりがついてるやつ。
・そもそも何故、私が戦車模型を作るようになったのかといえば、ゲーム「大戦略」やり始めたから。しかしここ数日は大戦略全くやらずにプラモ作ってばかり。こういうの、本末転倒って言うんだろうか。

・さて、次に作るのはIII号戦車かヤークト・パンターか。しかしいずれにせよ、黄色・迷彩塗装前提のキットで、プラスチックは黄色。これをジャーマングレーに塗るためには、まずサーフェイサーで下地処理しないと行けないんだろうなあ。めんどくさい、というか塗るのはいいけど乾くまで待たなきゃいかんわけで、それで1日費やすわけです。
・子供の頃は、塗料の重ね塗りなんて思いもつかなくて「ただ塗りゃあいいんだろう」という感じだったけど、やはり1回塗りだと全然ダメね。でも、重ね塗りしすぎると、細かい部品とか付けにくくなったり。

・「昭和ちびっこ広告手帳」にもタミヤの広告が出てて、他社が「ハンター・タイガー」とか書いてる中で、タミヤは「ヤクト・タイガー」とかいう表記を使っていて、さすが、分かってらっしゃる、と思った。
・しかし「ケーニッヒス・ティーガー」はタミヤも「キング・タイガー」なのね。なんでですかね。

・そういえば芸術新潮の五百羅漢のやつと、分厚いドラえもんの本買った。ドラえもん全集みたいなやつ。

・とか言ってる間に、プラモ組み上がる。デカール貼りには先の細いピンセットと、先の細い綿棒が大活躍。あとは汚し。
・携帯で撮ったのでダメな感じの写真ですが。

201104282019s.jpg
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月26日

戦車の日記

・プラモデル買い出し。
・ドイツ軍III号戦車、ヤークトパンター(駆逐戦車)、ソヴィエトSU-122(自走砲)を購入。塗料も色々買ったので1万円近く使ってしまう。

・既に購入したドイツ軍III号突撃砲は、おおむね組み上がってきて後はアクセサリを取り付け、仕上げして汚し、という段階。
・48分の1というスケールなので、細かい部品が多くてなかなか難しい。ピンセットがないのでラジオペンチで組み立てる。
・しっかし、極小部品のバリ取りなんか、どうやるんだろう。

・しかしタミヤがリリースしている1/48の戦車で一番かっこいいのはやっぱりこの、III号突撃砲(B型)だなあ。車高の低さ、短い砲身、そして車体後部の扁平な感じ、それらのバランスが素晴らしい。
・思わず買ってしまったソヴィエトのSU-122も、購入のポイントは車体後部のノッペリ感。一見無駄に長いように見える車体のあの感じがいい。あとSU-122は砲身にカバーがついてて、それもいいな。駐退機のカバーらしい。と言われても駐退機がどんな物か、具体的に理解できないんだけど。

・ただソヴィエト軍の戦車というのは、せっかくの車体をあの貧乏くさいダークグリーンで台無しにしているんだな。あの緑色というのには、戦車に対する愛情みたいなものが感じられず、どうも良くない。
・しかし、SU-122のパッケージ横には冬季迷彩塗装のイラストが描いてあって、それが滅法かっこいいのです。「緑色の車体に、白いペンキをぶっかけた感じ」で、所々、白がはげて緑色がのぞいている、それがなんともかっこいいので買ってしまったのです。
・しかしこれ、どう塗ればいいんだろう。初心者の私にはハードルが高そうだ。

・戦車の色に関しては、僕は迷彩色も好きではなくて、じゃあどう塗るのかと言えばジャーマングレイ。これに尽きる。つや消しのダークグレイです。この色が、果たして戦場で有利なのかはよく分からないが、しかし戦車の色として、これほど強そうで、またセンスのいい色というのはないんじゃないでしょうか。
・というわけで、III号戦車もヤークトパンターも、ジャーマングレイに塗ります。もしかしたら歴史上、それらの車両が灰色に塗られたことはないのかも知れん。しかし、いいんです、塗りたいんだから。

・しかしこの、戦車の色という物について考えると、これは長くなりますな。そもそもなぜ灰色なのか。夜間や、森林など薄暗い場所なら有利だろうが、昼間の戦闘では良くないでしょう、灰色。大戦初期に多用されたという表記を見かけたので、つまり第二次世界大戦が始まった頃はまだ戦車も未発達で、なんとなく色を塗っていたのかも知れない。そこから知見を貯めていって、敵に発見されにくい迷彩色に発展していったんだろうか、とか。
・あと、どこで戦うかにもよりますわな。ドイツ軍が戦ったのはヨーロッパからロシア、アフリカにかけてと広範なはずだから、ロシアであれば冬季迷彩もあるし、アフリカの砂漠なら黄色になります。だから、その戦車がいつ頃リリースされて、その当時のドイツ軍の戦線がどうだったのか、まで考えなきゃいけないわけです、本当は。
・なんてめんどくさいんだ、戦車プラモ!!

・こういう事を体系的に書いた本ってあるのかな。どうもないような気がするんだよな、Amazonで戦車本検索した感じだと。あと、第二次世界大戦中の話なんで、写真はほとんど白黒。カラー写真だと、ほとんど戦車博物館でのものに限られるんじゃないか。で、たぶんそれらは塗り直されてるから、参考になるのかどうなのか。
・あと、パトレイバー(イングラム1号機)のプラモ作りたくなってきた。かつてMG一つ作ったんだけど、塗装もしてないし、警視庁のエンブレム(メッキパーツ)無くしちゃって、そのまま組み立てたもんだからどうも心残り。

1/48 MMV(ミリタリーミニチュアビークルシリーズ) ドイツ III号突撃砲 B型
1/48 MMV(ミリタリーミニチュアビークルシリーズ) ドイツ III号突撃砲 B型

1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.27 ソビエト自走砲 SU-122
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.27 ソビエト自走砲 SU-122
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月22日

4月半ばくらいの日記

・一週間ほどにわたって左胸が痛く、心臓がまずくなってきたか、いよいよ年貢の納め時か、と思って病院に行く。
・結果、心臓も肺も何ともなく、またしても原因不明であった。私が体調不良で「これはヤバいかも」と思って病院に行くと、十中八九「特に異常なし=原因不明」である。もしかしたら心因性のものなのかも知れない。僕は元来、あまりストレスを感じない方なのだけれど、心では感じない分、ダイレクトに体にストレスが伝わっているんじゃないか、という仮説を信じている。

・ドイツ軍III号突撃砲のプラモデル、塗装しながら作成中。戦車プラモは初めてだけど、キャタピラの組み立てが難しい。
・砲身が細長い戦車よりも、太く短い突撃砲が好き。あと、迷彩色はあまり好きじゃない。やっぱりジャーマングレイが渋い。次はブルムベアあたりかなあ。架橋戦車のプラモなんかあったら絶対欲しいんだけど。

・期せずして仕事が忙しくなる中、環境がExcel2010になり、血管が切れそうになる。Officeと銘打っておきながら、コンシューマー向けにしてどうするんだと思う。
・これに関してはtwitterで何度も愚痴ったが、現行のExcel2010をライトユーザ向けのアプリケーションと位置づけて、それとは別にカスタマイズを前提にしたオフィス向けExcelをリリースするべきだと思う。オフィス向けの物は10万円くらいでも良いんです。会社でエクセル使ってる人でも、上級者に分類される人だけが使えば良いんだから、まあ数十人に一人くらいのイメージ。
・愚痴ってる間に、リボンとクイックアクセスツールバーの設定をいじりまくって、なんとか使える状態にはした。しかし、ボタンアイコンの編集ができないのは非常に痛い。プリセットのアイコンは使えない物ばかりである。あのアイコン、キリスト教文化を背景にした人種には使いやすいんだろうか?と思うほど、まったく直感的にピンと来ないデザインばかり。まだIBM(Lotus Notes)のアイコンの方が使えるな。
・そんな感じで悪口ばかり並べたが、初級者・中級者くらいにはあれでいいのかも知れん。しかしそういう風に、多数決的な考え方でアプリケーション、特にああいう世界中の職場で重用されているアプリケーションを「改良」するという、その姿勢がおかしいと思うわけですな。ヘヴィーユーザにとっては、そういう「改良」は「生産性向上に対する妨害=改悪」だと、僕は思う。
・ところで、あいかわらずWordはどうしようもない感じなので、Excel、PowerPoint、テキストエディタで全部済ます予定。もうさすがにWordは社会的にも必要じゃない気がするんだけど、官公庁からWordで文書送られてきたりするんだよね、PDFじゃなくて。どういうわけか官公庁・銀行はWord好きっぽい。だからビューワーとしてはどうしてもまだ要る。エディタとしては、個人的には害悪でしかないと思う。特にあの見出し機能、あれうまく動かなくてドツボにはまると悲惨。半日くらい余裕で無駄になる。

・古今亭志ん生「なめくじ艦隊」読了。
・ちくま文庫のコーナーに行くといつもあるので「いつか買わなければいけないんだろうなあ」と思い続けて数年、ついに買って読んだという感じ。
・あんまり面白い本じゃなかった。やっぱり落語というのは落語そのものが面白いのであって、落語周辺の著書は、あまり楽しんで読めない。安藤鶴夫の「落語国紳士録」は面白かったけど、その他、速記本を除いて面白い落語本って読んだことがないような気がする。
・たしか志ん生師匠って、どっか地方で落語やって、ちっとも受けないもんだから「おまえら、日本人か?!」と怒鳴って高座降りたんじゃなかったか。
・そういうまあ、価値観の狭い人といえばそうなのかなあ、と思わせる部分がちょっとあるな、新作落語批判とか。それが悪いというんじゃなくて、そういう落語家であり、ほとんど最後の「ナチュラル・ボーン・ハナシカ」だったんだろうなあ、と感じる。
・当然ながら、志ん生ファンは読んでおいて損はない本なのかも知れないですね。僕は、志ん生師匠好きだけど、落語界にはびこる「志ん生原理主義」が好きじゃないので、わざと距離を持ってるわけで、そういう僕にとっては必読って程でもなかった。

・とは言いながら、この本読んでたら志ん生師匠の落語が聴きたくなり「雪とん(お祭佐七)」のCDをAmazonのカートに入れる。どういうわけか、僕の中で志ん生師匠の代表作といえば「火焔太鼓」でも「黄金餅」でも「お直し」でもなく、「雪とん」なのだ。
・つまり志ん生師匠の噺は、その崩れ具合が良いんだけど、その加減が僕にとって最適な感じなのが「雪とん」だったりするのであった。
・しかし志ん生師匠の録音を聴いていると、志ん朝師匠が80まで生きて落語やってたら、どんな感じになったんだろうか、と思う。圓生師匠みたいな固まり方はしないと思うんだよね、もっとフリーな感じになったんじゃないかね。それを見たかったなあ。

・立川志の輔「蜆売り」聴く。良い話だが、どうしても志の輔の若さが出ちゃう。志の輔には、圓生師匠とは別の理屈っぽさがあって、古典的な滑稽噺は正直あまり面白くない。たとえば「雛鍔」とか面白くないし、聴いたこと無いけど、この人がやる「孝行糖」「金明竹」とか面白くなさそうだ。
・「蜆売り」は滑稽噺じゃなく、バリバリの人情話なんだけど、なんかこの人の理屈っぽさというか「現代にこの話をやる必然性を求める姿勢」みたいなのが感じられちゃって、どうものめり込めない。
・そうだなあ、これは志の輔に限らず、例えば現在の古典芸能界全体に言えるかも知れないんだけど「この古典を、今演じる意味」ってのを追求しすぎると、なんか違うような気もする。じゃあその問題を放っておくべきかというと、そうでもないとは思うのだけど。

・とはいえ、今存命の落語家で聴く気がするのは小三治と志の輔くらいなものです。権太楼は枝雀の後を追いすぎてる感じがするし、さん喬は暗い、喬太郎は今後が楽しみだけど、ちょっとまだかなあ、という気がする。原則として立川流はあまり好みではない、となるとこの先どうなるのかなあ。まあ、僕自身の感覚はとてもドライで「音源さえあれば、リアルタイムで落語界がどうなろうが関係ない」ってのが本音だが。

・最近、twitterには酔った勢いのグチしか書いてないので、特に引用すべきtweetはなし。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年04月06日

志の輔の小咄

 14年前につけていたノートに書き留められていた、立川志の輔のネタ。

----------

「どうして遅刻したんだ、お前ら二人は!ん?山田、お前なんで遅刻したんだ!」

「いや、すいません、実は私、部長にNY勤務を命じられまして。いや、そういう夢を見まして、それで早速、成田に行って、飛行機に乗り込んだんですが、なかなか飛行機が出発しませんで、気がついて目が覚めたらこんな時間に…」

「バカも休み休み言え!で、斉藤、お前はなんで遅れたんだ!」

「僕は、見送りに行ってました」

----------

 多分、ビデオ見ながら書き起こした物。なんでそんな事したんだろう。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年03月31日

クラフトヴェルク「ディー・ロボター」の中のロシア語

 先日書いたシティボーイズ公演における「白髪三千丈」の駄洒落、どうしても思い出せないのでDVDを見直したら「オーハジサンゼンジョー(大恥三千丈)」だった。こりゃ思い出せないわけだ。というか、そもそも駄洒落ではなかった。

 最近、ブログの記事にするほどのことはない、なんてことはない事だけど、twitterで書くには文字数が足りない、というようなことをよく考える。

 例えば、クラフトワークが「ロボット」の中で使っているロシア語の詞は、

「Я ТВОЙ СЛУГА. Я ТВОЙ РАБОТНИК」
(ヤ・トボイ・スルーガ、ヤ・トボイ・ラボートニク)

 らしくて、これを自動翻訳すると「I AM YOUR SERVANT. I AM YOUR WORKER」になる。ちまたでは「I am your slave.」って事になってるんだけど、slave(奴隷)ではなく、servant(召使い)みたい。ただservantは奴隷を意味することもあるようなので、間違いでもないのか。

参考:Kraftwerk page
自動翻訳:Translate Free Online | Language Translation

 こんな事をちょこちょこ検索したり。それぞれ断片的な情報はあるんだけど、ロシア語でなんて言ってて、その読みが何で、意味がどうなのかってことまで書いてるサイトに巡り会わなかったので、まとめて書いておこうかと思うんだけど、そんな大したことじゃないわけです。
posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年03月25日

最近のtweet(俺はシズマだー!)

 最近のtweetより。震災関連のtweetについては敢えて除いています

 @doggylife 関西のうどんってのは、たぶん関東でも売られてる「ヒガシマルうどんスープ」が基調です。僕は、ごんぶと買って、添付のスープを捨てて、ヒガシマル使ったりします。一時期、味の素だかが「どんでん」って関西風のつゆを売ってましたが、それは無くなりましたね。

 ポジティブなことばかり言ってる人間はアホに見えるけど、ネガティブな考えだけでは疲れてしまう。本当に嬉しいこと、楽しいことには、素直に喜びたい。ただ、それは、例えばweb上にはほとんどないな。不得意多数への善意ってのは、ファストフードみたいなものだから。

 中国はとにかく廉い兵器を大量生産して、体当たりしてくる。例えば対空車両で戦車に突撃する。そこに人権意識とか、搭乗員に対する認識なんてのはないのですよ@大戦略

 僕自身の大戦略のプレイに関して言えば、10代の頃よりはるかに慎重になり、それはそれでつまらんとも思うのだな。首都攻略と相手部隊全滅がほぼ同時に起こるような、牛歩なプレイになってきた。

 コンサートで「自分が知ってる曲」が演奏されるとワーッてなる人がいるんだけど、あれはなんだろうね。なんか「カラオケ野郎」って思っちゃう。クラフトヴェルクが日本で「電卓」演奏したときは僕もさすがにワーッとなったけどね。

 世に売られている「メモ帳」の99%は紙クズであって、クソの役にも立たぬ。つまり「片手(右手だけ)でメモを取る」設計になっていないのだ。文具屋は無知蒙昧か?

 細野晴臣インタビューで面白かったのは、細野さんがフュージョンを馬鹿にしてるのと、長渕剛を演歌だって言ってるのと、あと大麻やってた話かな。もっとジャンキーだったのかと思ったら大麻でやめたみたいだった。

 ゲテモノ系の肉を食べたレポーターは必ず「味はトリに近いですね」という。

 チケットが何秒で完売!とか誇らしげに書く演劇公演があるけど、クズが、と思う。芝居なんて物は、見たいな、と思いついた時にふらっと見に行けるような物じゃないといかん、というのが僕の持論。
 しかし今やそういう芝居はないな。それこそ下北沢とか大学の演劇サークルくらい。

 乞食っていうけど、現代の乞食が「食を乞う」姿ってのを見ない。そういう意味で「乞食」という言葉は現実にそぐわない不適切な言葉ではあるが、それに代わる言葉は断じて「ホームレス」ではないと思う。

 葛飾区の兵隊はかつしかく戦う。

「となりの家にかこいができてねえ」「ブロックべい!」
※注)これは、いしかわじゅんの漫画「うえぽん」に出てきたギャグ。僕が面白いと感じるほぼ限界のアバンギャルド・ギャグである。つまり僕はいつも「意味」に縛られるので、徹底的にナンセンスなギャグは受け入れられない。つまり前衛じゃなくて、保守なんですな。

 もうねえ、ガネフの卑怯っぷりに、あたしゃ本気で腹を立てましたよ。タタキツブしますよ@大戦略

 俺はシズマだー!
 これだけ広範囲な災害があると、かつての「戦後のドサクサ」みたいに、身代わりとかなんか「犬神家の一族」や松本清張作品みたいな事が起こったりするんだろうなあ。俺はシズマだー!みたいな。

 高校の時の歴史の先生が「古式泳法で立ち泳ぎしながら手榴弾を投げた個数 世界一」でギネスブックに載ってる、という噂があったが、ギネスのデータベースを見てもそれらしい記録はないんだよなあ。

 心が本当に弱ってるときには、どうしても志ん生師匠なのかと思った。小三治師匠、馬生師匠とは別格のものがあるな。好き嫌いでいうと馬生師匠なんだけど、馬生師匠にも救えない時間というのがあって、そこは志ん生師匠なんだなあ。
※注)僕が志ん生師匠の噺で何が好きかというと、すぐに思いつくのは「お祭り佐七」である。雪が出てくる話が大好きなのである。馬生師匠の「鰍沢」、金馬師匠の「夢金」なども大好きである。「ハワイの雪」は、特に好きではない。

 大瀧詠一の「大瀧詠一」はある程度好きだけど、ナイアガラ関連には全然食指が動かない。「ロング・ヴァケイション」はジャケのセンスが大嫌いで聴いたことすらない。とはいえ「レッツ音頭アゲン」は紳士のたしなみとして持ってはいる。

 昔の新聞って、記事中に出てくる人の住所まで書いてあったんだっけ。有名人の不倫関係を扱った新聞って宮武外骨が出してたんだっけな、愛人宅の住所まで書いてあって「すごいなあ」と思った覚えがある。
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年03月21日

3月中旬日記(白髪三千丈)

・祖母逝去。
・僕が子供の頃、祖父母の家に遊びに行くと、必ず祖母が僕を駄菓子屋に連れて行って、プラモデルを買ってくれた。ロボダッチかガンダム、ガンダムの放映が終わったあとは、オーガスとかあったな。
・そう言うわけで、僕はガンダム見たことないんだけど、ガンプラだけは随分作った。ギャプランとか、なんか今急に名前が出てきた。
・駄菓子屋の横にはコスモスの自販機があってね。当時のガチャガチャって50円くらいの物だったから、コスモスの機械に100円入れるのには何か罪悪感があった。なんかとんでもない賭け事をやってるような気になって。当然のごとく、ロクな物は出てこないわけだ。
・そう、今のガチャガチャは随分良心的なんだけど、当時のガチャガチャってのはヤクザな物でねえ。

・葬儀に参加するため、久しぶりに明石に行ったが、瀬戸内の町というのは、やはり僕にとって特別というか、心が安まる。リタイアしたら、あそこら辺(明石から西宮あたり)に住みたい。
・瀬戸内にいると、花粉症もなんともない。
・せっかく明石に来たのだからと、穴子の肝の佃煮を買う。

・文庫版「細野晴臣インタビュー」読了。「オムニ・サイトシーイング」の後くらいのインタビュー。別に読まなくて良い本だったかも知れない

・震災に関連して思ったこと。
・放射能に関して、デマだ無知だとか色々いう人がいるんだけど、僕が放射能に関して知るのは「よく分からない」という事だったりする。よく分からないから危険だと感じるのは当たり前のことで、僕が子持ちで東京に住んでいたら、子供だけでも関西に移すことを考えると思う。それに対して「お前が無知だからだ」と言われるとしても、である。公的に「危険だ」というアナウンスが出た時にはもう手遅れだと思うから。
・僕はグリコというのはもうちょっとまともな会社だと思っていたんだけど、省エネのためといって道頓堀のネオンを消しているらしい。関西で省エネしても、その電気が東北・関東に行くわけじゃないんで、実質的に無意味。おそらく、一回省エネと言ってしまった以上、引っ込みがつかなくなったんだろうが、まあ今となっては「自粛」の意味しか持たない。
・twitterについては震災時に役立つという意見がある一方、デマ拡散装置じゃないかという否定的な見方もある。しかし実際に震災時、電話やメールよりも強いインフラらしいという事も分かったわけで。今後もそうあり続けるのかどうかは分からないけど、通信の冗長性について大いなるヒントになったのかも知れない。例えば災害時には電話は「30秒だけつながる」仕組みにしたらどうなるんだろう。

・放射能については、重ねて書くが無知ゆえの考えではある。不安を煽る言説を批判する人は多いが、「本当にまずい事態になった場合、どの程度のことが起き、どれくらいの範囲にまで被害が広がるか」について、真実らしい情報がない中で、僕ならそう行動する、という話である。
・まあこういうのは、アメリカ軍が上陸してきた時の日本人と同じ考え方といえばそうであって、そう考えると自分自身恥ずかしいのだけれど、でも人間というのはそういう物ではあるまいか。
・省エネについては長くなるので書きたくないんだけど、一言で言うと「資本主義と省エネは両立しない」ので、省エネ運動自体が僕は茶番だと思ってる(今回のような短期的な物は例外だが)。じゃあ先進国がなんで省エネだって言うのかというと、省エネのための技術(脱・化石燃料としての原発技術を含む)を売るためであって、本質的に地球のためではない。今後、原発の建設・維持が高コスト化することは目に見えているので、変化はあるかも知れないけど。
・首都圏の食糧買い占めについては「馬鹿が」と思いながらニュースを見ているが、例えば東北への救援物資に回る分が買い占められているのなら問題だけど、そうじゃなきゃ「馬鹿が」と思って放っておけばいいレベルか。電通様の戦略十訓そのままの話。

・なんか、堅くて暗くて浅薄な話題ばかりになってしまった。

・些末なことほど、一旦気になるとずっと気に掛かるもので「白髪三千丈」に関して、同時に二つのことが気になって気になって仕方ない。
1.「白髪三千丈のたぐいだよ」という台詞が出てきた映画、あれは何だったか?
2.シティボーイズのコントで「白髪三千丈」に関する駄洒落があったと思うが、何だったか?
・便所でずっと考えていて、ようやく少しだけ思い出した。
・1.は黒澤明「まあだだよ」における内田百間の台詞。2.はシティボーイズ公演「ラ・ハッスル・キノコショー」の、饅頭のてっぺんに焼きゴテを押すコントにおける、中村有志の台詞。
・しかし、そこから先が思い出せない。百間先生は何を「白髪三千丈のたぐい」だと言ったんだっけ?池の中に住む大魚の話かなんかだったか。
・中村有志は、饅頭工場で働く中国人(ちなみに密入国者)の役なんだけど「白髪三千丈」の駄洒落って結局何だったか?
・ほんとにどうでも良いことだし、DVD再見すればわかるのだから根を詰めても仕方ないんだけど、どうも気に掛かって仕方ないとはこういう状態。

・あいかわらず大戦略ばかりしている。大戦略における輸送機って、高いばかりで使えないな。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年03月16日

震災後すこし思った事

 ちょっとブログを更新していませんが、被災したとかいう話ではなく、書くことがないから書いていないだけだったりします。地震の関連については、僕は個人的に「不特定多数に対する善意」みたいなものが非常に苦手なので、だったら黙ってろ>自分、ということで特に書くことがない。

 しかし、たった今も原子力発電所で、文字通り「死ぬ気で」作業をしている何名かの方々には敬意を表したいというか、なんとも言えない感情を持ちます。国のために死ぬ、他者のために死ぬ覚悟を決めるというのはすごいことだと感じます。

 株価は暴落しているようですが、当面は原子力から化石燃料に少し戻り、長期的に見ればいわゆるクリーン・エネルギーへのシフトが加速するはずなので、日本の技術力が評価されるのではないかと思います。復興需要も含めて、お先真っ暗というわけでなく、日本はまだ沈没しないように思われます。
 考えてみれば、この、カマキリがバラバラになったような日本列島はそのまま海底の地面が歪んだ結果の土地のように見え、山、とりわけ火山が多く温泉が多いということは「かなり変で危険な土地」なわけですが、何万年とかいう間、日本人はここに住んできたわけです。その間ひどい災害は何度もあったろうに、日本人はこんな土地にしがみついて生きてきたというのは、とても不思議にも思いますが、そういうのが人間と土地との関係なのかも知れません。

 特に書くことがないと言いながらちょっと書いてしまいましたが、そんな感じです。
 以降、しばらくweb環境から離れます。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年03月07日

3/4-6日記(親不知抜歯後の抜糸)

・金曜、飲み会。おでん。
・おでんは、関西風でなければいけない。よって重要なのは「コロが入っていること」と「ちくわ麩が入っていないこと」である。ここら辺については久住昌之「食の軍師」参照のこと。
・ここの店は僕の中でちゃんとしたおでん屋であって、一シーズンに一度は行く。いつもそれなりのうまさ。
・関西の、それなりに有名な老舗おでん屋というのは、いつもそれなりにうまい。おでんというのは、まあ下賤な食べ物ですから、ビックリするほどうまいって事はないのだが。
・ちなみに僕が一番おいしいと思ったのは常夜燈 豊崎本家の蛸。この店のだしと蛸の相性は大したものです。

・しかし、若い子と飲みに行くといつも思うんだけど、みんな冒険しないというか勉強しないねえ。メニューの中で「何か分かるもの」しか頼まない。例えばこの店には、烏賊のくちばしなんて言ううまいおでん種があるのだが、誰も頼まない。とりあえず、よく分からないものに手を出してみる、とか店員に「これなんですか?」って聞いてみたりするってのが無いのね。好奇心が無いというか。なんにも知らないバカのまま大学出て、しかし自分では「いっぱしの何者か」だと思ってるから成長を拒む、みたいなのが多いんじゃないですかね。
・いや、今ここで若者批判をする気は無いんだった。しかし、30とか40という年齢になって、おでん屋で「大根・玉子・ゴボ天・こんにゃく・はんぺん」位しか言えないってのは、これは情けない大人ですよ、と思う。

・二次会はブリティッシュ・パブ。初めての店。11時過ぎまで飲んで帰宅。

・親不知抜歯後、一週間が経つが、未だになんとなく腫れていて、なんとなく痛い。こういう中途半端な痛みも不快である。
・このまま抜糸していいんだろうか。
・とか思ってるうちに抜糸の日。歯医者の縫合って黒い糸を使うのか。
・抜糸した後のトラブルは特になく、腫れもほとんど引く。ただ、親不知があった隣の歯が痛いような気がする。虫歯だとは言われなかったので、隣にあった歯がなくなったことで、根本がぐらついて痛いとか、そういうことなのだろうか。

・以前聞いた気持ち悪い話。職場のある男は、付き合った彼女の全身コーディネートをするらしい。
・つまり、上から下まで、この服を着ろ、この靴を履けと言って服装を管理するらしいのね。もちろん買ってあげるんだろうなあ。
・僕に言わせれば、これは気持ち悪い。そんなことされて、女の子は平気なんだろうか。
・だいいち、これは恋愛における楽しみの一つを放棄してるって事でもある。女の子がどんな服を着てきて、それをどう脱がすかっていうのは、これはデートにおける楽しみでしょう。
・しかし、こういう事例ってのはそんなに特異なことでもなく、そういう男はいるらしいね。男女逆だったらわかるけどなあ。僕自身は、嫁が買ってきた服を着るのが一番楽だ。

・レトロゲームが好き、というか僕は脳味噌がレトロな人間なので、レトロゲームしか出来ない、と言った方が正しい。
・というわけで大戦略パワープレイ中。ファミコン版だと物足りない。SUPER大戦略か大戦略エキスパートが僕にはちょうどいい。
・勢いに乗って攻略本まで買ってしまったが、攻略本の出来が悪くてがっかり。
・こういうシミュレーション物の攻略本を買う場合、僕が求めてるのは「各兵器の詳細エピソードやイラスト」なんですよ。開発経緯とか、実際の戦闘記録、それにイラスト。しかし大戦略の攻略本では、画像はゲーム画面のキャプチャで、エピソードの記述はなし。
・じゃあ自分で調べようかと思うんだけど、web上の軍物の情報って多すぎるんだよ。筋金入りのマニアが書いてるから、文章も長大(そしてその多くが悪文)で「この兵器を一言で表わすと」っていう、お手軽なマニュアルっぽい物がない。
・webを離れて本を買おうかと思っても、本もニッチじゃないですか。「ドイツ軍兵器要覧」みたいな手軽な本がなくて、どんどん狭くなっちゃう。「ドイツ軍 ティーガー戦車(上)」とか言われてもなあ。

・近所のコンビニ(徒歩2分くらい)の店頭在庫が減っている。閉店するのかな。困るなそれは。

・最近のtweet
・永久脱毛ってあるけど、永久脱爪ってないのかな。一生爪が伸びない。一生爪切りしなくて良い。
・実相寺版「屋根裏の散歩者」に出てきた煙草「マルコビッチ」というのは実在の銘柄なんだろうか?
・ウンベルト・エーコ!略してウンコ!
・大人な趣味ってのに惹かれるじゃないですか。去年は「蔵書印」作った。シャチハタ式のスタンプだけど。今年は「花押」かな。俺の花押を作りたいぜ、的な気分。
・メキシコは漢字で墨西哥・・・「ボコスカ」に見えなくもない。
・Twitterの一般的な使い方って「とにかくたくさんフォローして面白い話題があったら食いつく」って感じぽいけど、僕には「玉石混淆の石の%が圧倒的に高い人」をフォローする気にはならない。そこまでヒマじゃないというか、そこまで「情報化された人間」じゃないというか、しんどいから。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月28日

2/25-27日記(親不知抜歯)

■2/25
・飲み会。居酒屋とカラオケスナックという僕が大嫌いなコースで午前1時過ぎまで。久しぶりに飲み会が苦痛だった。

■2/26
・昼過ぎまで寝る。
・15時から親不知の抜歯。麻酔注射後、まさかの歯石取りがあっていきなり気持ちが萎える。
・歯医者で何が痛いって歯石取りが一番痛い。
・その後、右下の親不知を抜歯。横向き、しかも若干外向きに生えているという、割と厄介なパターンのようだった。
・まず親不知の先端を削って、それから抜くという工程っぽい。当然見えないのでよく分からないが。
・口を開けるために金具をはめられるのだが、これが痛い。抜歯自体の痛みはほとんど無いが、金具が痛かった。
・麻酔から抜歯完了・その後の消毒・縫合まで全行程で1時間30分程度。

・帰宅して麻酔が切れてきても痛みはひどくない。もちろん痛いが、例えば眠れないほどの痛みではない。
・夕食は粥を作って食べる。粥というのもしみじみとして良い物ではある。しかし米一合で作ると大量にできすぎて困る。
・しかも今うちには一合升しかないので、半合はかれないなあ。升を斜めにしてはかればいいのか。今度やってみるか。
・今度作るなら中華粥だなあ。干し貝柱とか入れて。

・今日は酒を飲まないようにと言われたのが一番の苦痛。結局寝たのは午前3時頃。

■2/27
・昼前に起きる。一晩中出血していたようだが、一晩でようやく血が止まる。
・起きてとりあえずヨーグルトを食べ、薬を飲む。

・遅い昼食は御飯と湯豆腐。
・落語「付き馬」に朝、豆腐をおかずにおまんまを食べるってシーンがあるが、これは貧しい食事ですが乙なものです。
・さて、僕は常々「食べ物は熱ければうまい」という思想を忌み嫌っているのですが、得に御飯に関してはそうだ。御飯の適温というのは「かっ込めるくらいの温度」であって、炊きたての熱々の御飯なんていうのはよろしくない。
・玉子かけ御飯なんかやる場合は、ある程度熱いのが良いが、それでも炊きたての御飯では玉子が固まりすぎる。ただ、上方落語の「饅頭こわい」に出てくる、鯛・玉子・海苔投入めし、ああいう物を作る時には炊きたてかなあ、やっぱり。
・しかしとにかく、平時において御飯は「熱々」であってはならない。だから現代においても、御飯はおひつに移した方が良いんじゃなかろうか、とは思う。

・一日、激しい痛みはないが時々鈍い痛みの波が来る。

・17時から酒を飲み始める。次第に頭が痛くなる。薬の副作用で、酒を飲むと頭が痛くなるってことだろうか。

・なんとなく見ていた「シルシルミシル」の影響(チャーハン君)で、夜チャーハンを作る。いや、焼きめし。
・いつだったか「味覇(ウェイパー)」がすごいってwebで話題になっていたので買おうと思ったんだけど、一缶の量が多かったので味の素の「香味(シャンウェイ)」を買っておいたのだ。それを使用。
・まず、米を二合炊く。この際に、小さじ1杯の香味とニラみじん切りを入れて炊いておく。他の具材は玉子・ねぎ・鶏挽肉。鶏しかなかったので妥協。つーか玉子とねぎだけでもいいと思うが、何か寂しかったので。
・葱はみじん切りにして、その上に鶏肉を乗せ、さらにその上に香味と、ほんの少々の醤油をかけておく。これは「炒める時に一気に投入するため」にまとめておいただけであって、そのほか特に意味はない。
・御飯が炊けたら、そこに玉子を二つ投入してまぜる。これでもうほとんど「玉子チャーハンのような物」。フライパンに葱等の材料を入れ、そこに御飯を投入。葱はすぐに焦げるので、具材をちまちま炒めず、御飯をすぐに投入した方が良いように思う。
・結果、まあまあのチャーハンが出来る。いや、焼きめし。

・最近のtwitterへの投稿で残しておきたい物。
・本当に精神的に参った時には、女の子の胸に顔を埋めて「あー」とため息をつき、甘えたい。この時、女の子は着衣でなければならず、またごく弱く香水の匂いを漂わせていなければいけない。
・独裁者やワンマン経営者にとって「自己の決断を正当化する」事は非常に重要な「仕事」の一つである。それを「自己正当化=悪」という固定観念に基づいて見てしまうと、彼等の生態を俯瞰することはできない(引用時注:独裁者は必ずしも私利私欲のためにその座にとどまっているのではなく、自分自身は「自己犠牲=国のために生き、国のために死ぬ」と思って体制を維持してたりするケースもあるんだろうなあ、と思った。良いか悪いかではなく、本人の気持ちとして)
・今トイレでおしっこしてて「ビートルジュースは『ベテルギウス』のダジャレなんだ!」と初めて気づいた。
・小林製薬といえば「商品名がダジャレ」という印象だ。普通に考えればそんな商品名は薬の信頼性を損ない、マーケティングを失敗に導きそうなものだが、しかし小林製薬の隆盛を見るとそんな事はないのか、糸ようじ。(引用時注:糸ようじ。)
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月22日

2月中下旬日記(戦後エロマンガ史・リトウクジラ)

・米澤嘉博「戦後エロマンガ史」パラパラめくっていて、今主流になっているロリ系の絵柄っていうのが、突然出てきてる感じがした。
・設定としてのロリは以前からあったんだけど、絵柄は劇画調で、そこから急に内山亜紀がでてきたように、パラパラ見の感じでは見えたのだった。というか内山亜紀の絵柄っていうのが完璧すぎるというか、もうあれは「模範的な絵柄」であって、あれが急に出てきたのが驚きというか、あそこから進化してない雰囲気がある。
・僕の中では、劇画的な絵柄からロリの絵柄への進化・変遷のイメージは「ひろもりしのぶ」から「みやすのんき」っていうか、「やるっきゃ騎士」の初期から中期・後期にかけての絵柄の変化、あれがそれっぽいな、と思う。かたや弓月光の絵柄は、少女漫画からの流れのように見える。
・普段漫画読まないのでよく分からないのだけれど、この本はちょっと面白い。衝撃だったのは、昔の地下本っぽい本に掲載されていたらしい「少女の轢死」をあつかったイラスト。これは丸尾末広・花輪和一につながる変態漫画だ。
・これがエロとして成立していたのかは分からないが、少なくともエロとして扱われていたというのは、やっぱり変態道は奥が深いなあ、と。
・この本を見ていると劇画系エロマンガが読みたくなるが、これは探すの難しそうだなあ。これとは別に、80〜90年代に刊行された少女漫画系恐怖漫画ってのに一時期興味を持って古本屋で何冊か買ってみたことがある。それ以上に、劇画系エロマンガ探すのは大変そうな感じ。

 最近買った物。
・J.B.'s関連をちょこちょこ。「Doing It to Death」「Food for Thought」「Food for Funk」メイシオ・パーカーの「Life on Planet Groove」
・Fatback Bandって知らなかったんだけど格好良さそうだったのでベスト盤。
・あとずっと買ってなかった「亀は意外と速く泳ぐ」のDVD
・1,184円という廉価版が出ていたので「ナイト・オン・ザ・プラネット」のDVD
・それに童話集「はずかしかったものがたり」

・メイシオがP-Funkの歌をラップしていて、これは何事かと思ったら1992年リリースなのか。ビックリした。
・そんなわけで車の中のCDは今JB'sなんだけど、嫁に車貸したらカーオーディオのボリュームが0になってた。嫁はファンク嫌いらしい。

・先日ようやく買った「ウゴウゴルーガのピチカートファイブ」。ピチカート唯一のメジャー曲である「東京は夜の七時」のモウストかっこいいミックスが入ってるCD。考えてみれば、ピチカートは渋谷系とかオシャレ系とか思われていながら、ある程度知名度のある曲ってこれくらいだな。
・で、この中に「しりとり」が入っているのだが、その中でウゴウゴ(男の子)が「りとうくじら」って言うのね。これがですね、分からない。リトウクジラっていう鯨はいないのです。英語名を見ても、それっぽいのはいない。
・ザトウクジラを間違えて覚えていた、というのが最も可能性の高い線かなあ、と思うんだけど、例え小学生といえど、ザトウクジラをリトウクジラと間違えて覚えるかね。
・あとは絵本かなにかに「離島の鯨」とか「離島鯨」ってキャラクターなりが出てきて、それを鯨の種名と勘違いして覚えていたか。
・しかしいずれにしてもこれは本人に聞いてみない限り分からないわけです。とても気になる。

・同僚に「大阪のバーだったら、法善寺横町の『花本』がいいよ」とかいう話をしていて、僕の人生史上最悪のバーを思い出した。奈良駅近くの「洋酒肆(ようしゅし)一人亭」。あそこは最低だった。椅子は壊れてるし店主はやる気ないし。だって「おすすめはフルーツカクテル」と言っておきながら「僕はもう疲れてるからカクテル作りたくない」とか言うのだ。しかし、かといってウィスキーやブランデーの名酒があるわけでもない。
・で、僕の中であの店はサイテーのバーって事になってるのだが、こういう素敵なエクスペリエンスを経た後にいつも思うのは「いつもあんなにひどい店なんだろうか?」ということであって、つまり「あの日は主人の体調がマックスに悪かっただけなんじゃないか」とか思ってしまう。ひどい店であればひどい店であるほど「いや、普段からあんなにひどいわけがない」と思ってしまったりもする。でも多分、一人亭には二度と行かないだろうな。

・あ、そうそう法善寺横町であれば、僕は薪屋か花本が好き。というか法善寺横町で飲む、ということは僕の中でとても大事な儀式であるようなことです。もう何年も行ってない。最近はキタばかりブラブラしていたので、って事もあるが、たまにはお不動さんにお参りしてから、好きなバーにしけ込みたい。
・ちなみにキタであれば常夜燈でおでん食べて、そのビル地下のノース・バーで一杯というのが手軽で良い感じだと思う。

・江戸東京博物館に五百羅漢が大集合するらしいので、4月にでも見に行く。
 五百羅漢 増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信|トップページ
・五百羅漢にはゲイアートの要素もあると思うんだよなあ。そういえば田亀源五郎が監修だかしてた「日本のゲイ・エロティックアート」買おうと思いつつ買ってない。

・夜ベッドの中で「はずかしかったものがたり」を読んで、涙腺のゆるみに歳を感じる。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月16日

2月中旬日記(温かいそばにおける「そば湯」を考える)

 歌舞伎「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」見る。古畑任三郎が「歌舞伎のタイトルだけは読めませんね〜」と言った芝居。やっぱり面白いなあ。三遊亭圓朝と鶴屋南北は日本の宝だと思う。
 主人公は、赤貧洗うがごとき生活をしている浪人で、せっかく手に入れた百両を芸者に巻き上げられるのだ。この騙されっぷり、そして騙されたことを知った後の豹変ぶりってのは「籠釣瓶花街酔醒」のそれと対をなす感じ。特に南北の芝居って荒唐無稽な印象があるんだけど、実は人間の心の機微をちゃんと描いてる。
 で、この主人公を以前は吉右衛門がやったらしいのね。吉右衛門の「籠釣瓶」良いもんね。でも今回は孝夫(仁左右衛門)。色男には向かない役所のようでいて、しかしこれはこれでハマっていた。人の良いやさ男が人格を変えて人を殺す、という「女殺油地獄」のかたちですね。
 「古畑〜」で出てきた、主人公が人を殺した後に茶漬けを食べるというシーンは、うーん、茶漬けというか、普通に御飯食べてたんじゃないのかな、あの演出では。お茶かけてなかったように見えた。
 しかしこういう面白い芝居をですね、ちゃんと通しでやれるようになってきたというのは喜ばしいことですよ。従来の歌舞伎座なんかの公演というのは大半が「有名な芝居の、有名な幕だけちょこっちょこやる」ってスタイルで、やっぱりこれじゃあ面白くない。通しといえば国立に見に行くもの、と思っていたんだけど、最近ちょっと変わってきたみたい。

 あと気になったのは「素敵」という言葉が頻出したこと。6回くらい出てきたか。当時流行った言葉なんだろうか。

 さて、冬なんで蕎麦屋で鴨南蛮など食べたりするわけだ。で、店によっては「あたたかいおそば」にも、蕎麦湯が出てくる場合がある。それは良いのだけれど、問題はその出方だ。つまり、蕎麦湯だけ出てくるケースがあるのね。これ、そういうつもりかと。
 店としては「つゆを9割方飲んで、どんぶりに少し残ったつゆに蕎麦湯を加えて飲め」という事なんでしょう。しかしなあ、私を含めて相当の人は、蕎麦つゆを全部は飲まないでしょう。僕はほとんど残す。こうなると、蕎麦湯もらってもどうしようもないのね。
 だから、温かい蕎麦に蕎麦湯を出す場合、れんげのようなものと、蕎麦猪口を出すべきでしょう。その程度の心遣いがない蕎麦屋というのは、どうもなあ、と思う。だったら蕎麦湯なんか出さなければいい。
 さらに店によっては、新しいもりつゆを添えて出して来たりするんですが、僕に言わせればこれは「やりすぎ」、過剰サービスというものです。だいいち、もりつゆがもったいない。
 で、蕎麦湯だけれど、僕はここに、山葵や、葱+七味などを入れるのが好きですね。僕は、蕎麦に葱は合わないと思っていて、山葵も原則的には使わない。だから蕎麦湯に入れるわけですが、こうすると蕎麦湯が「残り物処理班」ではなく、一つの品目として自立するような気がする。

 車谷長吉「贋世捨人」読む。この人は女に執着する人なんだなあ、と思った。それも童貞的というかストーカー的な執着の仕方であって、というか既にストーカーそのものじゃねえのか、という。尾行したり、住所を他人から聞き出して自宅へ行ったり。毎日ラブレター出したりもしてる。「自分が他人からどう見えているのか」を捨ててるんですよね、だからああいう小説が書ける。
 車谷長吉を読んだ後で漫画「悪の華」を読んで、通ずるものというか、なんか「あー分かるなあ」と感じる。思春期の男子が持つ性的な欲望と、それと真逆にあるプラトニックな愛情への憧れや美化、女性への幻想。
 ただ2巻の終わりあたりから、ちょっと「あれ?」という感じが出てきて、

 本を何冊か買う。先述の「悪の華」に加え、花輪和一の初期作品集、丸尾末広「芋虫」「戦後エロマンガ史」「再編・建築写真文庫」、その他杉浦日向子の随筆、古今亭志ん生「なめくじ艦隊」。
 「建築写真文庫」は5000円もするのでカラーかと思ったらモノクロだった。だまされた!と思った。花輪和一は「御伽草子」と「刑務所の中」しか読んでいなかったが、初期の絵柄の方がずっと良い。古い美少年漫画なんかの真似といえば真似なのだが。丸尾君の「芋虫」は未読だけど、この人、芋虫を原作にした漫画を以前も書いてたよね。
 CDもいくつか。JB's関連と「ウゴウゴルーガのピチカートファイブ」、DVDはひなのりくの尻フェチもの(Black Gal's Hip Maniaだったか?)。これは以前からジャケットのエロさが気になっていたため購入。
 その他、Yahoo!オークションでいろいろゴソゴソと購入。10年以上使っていて、ようやく落札のコツが分かってきた。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月08日

2/7日記(ズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ)

 人間、金がない方がいい。また僕はこういう事実を再確認。これは数年前、諸般の事情で結構厳しい生活を強いられていた時に思ったはずなんだけど、しばらく忘れていた。
 この半年あまりずっと遊んでいて、随分金も使ったのでしばらくおとなしくしてようと思い、ちょっと地味な生活に切り替えつつあるわけです。地味な生活の基本は「自炊」。御飯自分で作る。これこそが節約の基本であり、また健康・幸せな生活の基本なのであります。

 というわけで、家に帰ってズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ作る。難しそうな名前だけどただの野菜スープ。これは伊丹十三が「女たちよ!」の「スパゲッティの裏に伏兵あり」っていう項で紹介していたスープで、本式の作り方については、そっちを読んで下さい(本式、といっても随分簡単なものです)
 用意したもの、ベーコン、ソーセージ、人参、キャベツ、玉ねぎ、じゃがいも。それぞれ粗く切る。人参・じゃがいもは賽の目、ソーセージは輪切り。ベーコンとソーセージを塩胡椒しながら適当に炒め、野菜を投入して少し火を通す。あとは水と固形スープを入れてしばらく煮るだけ。

 こういう簡単な料理でも、作れば時間はつぶれるし、キャバクラで時間つぶすよりも「良い事してる感」があるので、精神的に安らぐ。
 明日プラゴミの日だっつってゴミ捨てして、明後日びんゴミの日だっつってびんを色別に分ける。遊び回ってるダメ夫から、偉い夫への変身のようなものです。えらい。

 で、スープ煮ながらエロサイト見てて思った。アイドルがtwitterやってたりブログやってたりするじゃない。昔はファンレターって手紙だったから事務所なりが検閲できたけど、特にtwitterなんて検閲してなくてダイレクトなわけです。だから、アイドルに対してですよ、@使って本人のアイコラとかさ、そういうの送る人っているんだろうなあ、と。
 そういうリビドーというかホトバシる欲望みたいなの、なんかシンパシーを感じるなあ、なんて事を思う。冬になっても露出狂ってかなりの頻度で出没したりするじゃないですか。そういう「自分の欲望にストイックな人」って、なんか偉いというか、大したものだと思う。

 とか思ってると嫁が帰ってくる。スープ好評。

 相撲関連のニュース見てたら、放駒親方の顔が「カヌレ」みたいになってて驚いた。あんなんだっけ?あの黒光り具合はすごい。

 夜、またケンミンの焼きビーフン作って食べる。今日は鶏挽肉とピーマンのビーフン。しかし野菜高いね。ピーマン4個で198円って高いなあ。
 朝起きると、鍋一杯に作ったはずのスープがほとんど無くなっていた。好評なのは良いが、普通、鍋一杯もスープ飲むかね。 
 
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月07日

twitterのまとめ直し日記

 twitterで思いついたことをチョコチョコ書いてたら、blogに書くことが無くなる。いや、当初は「twitterはメモ代わりにして、後でそれを見返しながらブログの方を書けばいいや」と思っていたんだけど、一度書いたことを見直し、まとめ直して書くっていうのは結構苦痛だ。
 だったらtwitterだけで良いじゃん、と思う向きもあろうが、それは違う。僕がブログを書く最大の目的は「未来の自分が読んで楽しむため」なわけです。自分大好きなので、他人のブログ読むより、自分の過去ログ読んでる方が楽しいって人間です、私は。なので、過去ログが読みやすい、検索しやすいってのが大事であって、twitterではそれが無理。さかのぼれても断片だから、読んで楽しいかといえばどうかと思う。だから僕のニーズからいえば、twitterに書くのよりブログの方が優先かなあ、と。

 というわけで、twitterに書いたことを見返しながら書く。

 文章のうまい下手、というのがあってこれにはいろんな要素が絡んでくるんだけど、一つには「推敲のベクトル」っていうのがある。推敲の目的地・理想っていうのは同じで、「誰にでも理解できて、抽象的でなく、誤解を受けにくい表現」てなものでしょう
 まず第一案の文章があって、それをどう理想・目的地に近づけるかって事なんだけど、文章の下手な人は、どんどんゴテゴテと説明を加えていく。第一案の語彙・表現を工夫することで理想に近づけるんじゃなくて、追加追加で誤解を避けようとするから、どんどん文章が汚くなる。
 例えば「このはしわたるべからず」を、文章が下手な人が推敲すると「このはしわたるべからず。まんなかもわたるべからず。はしとまんなかのあいだもわたるべからず」になるわけです。正しく推敲すれば「この橋わたるべからず」になるわけですが。
 この話自体、ちょっと抽象的で分かりにくいような気もしますが。

 ATOK2011予約する。Windows7に変えてから、ATOK17がちゃんと動かなくなったため。例えば、PC上にあるファイル名を変更する時なんかに、日本語入力ができなくなった。これはめんどくさいねえ、というわけで新しいバージョンへ。
 JustSystemの言葉狩りはたしかに不見識きわまりないと思うが、じゃあIME使うのかといえば、それまた次元の違う話。ジャストさんはどうせなら「こびと→身長の不自由な方」とか変換させればいいのに。まあ僕は「支那」も「白痴」も手動で登録するからいいんだけど。

 そういえばiPhone(アイフォーン)まだ買ってない。新聞テレビ週刊誌は「アイフォーン」ってふりがな振ってて、それが公式の表記みたいなんだけど、頭悪そうだよね。アイフォンでいいじゃん。それは良いとして、NOKIA N73が本格的にぶっこわれて電話もできないくらいになってから買えばいいや、と思えてきた。別にiPhoneが欲しいわけじゃないし。まあN73の調子は相変わらず悪く、特にBluetoothの途切れ具合はなんか尋常じゃないんだけど、もうキャバ嬢ともメールしないし、電話として最低限の役割を果たしてくれればいいや、という感じ。本体の料金は払い終えちゃってるから、変えない方が経済でもある。
 そうそう、もうキャバ嬢は見切ったというか見切られた。金曜にでも食事に行こうか、とか言ったきりメールが来なくなり、土曜に突然メール。「体調崩してました」って、知るかボケ。一生崩してろ!という感じで、もう知らん。
 キャバ嬢というのは男を騙すのが商売なわけで、嘘をつくな、とは言わないが、もう少しマシな嘘のつきかたをしろ。

 というわけで、金曜ヒマになったので同僚と飲みに行く。ちょっと食事に行くつもりが居酒屋→スナックで深夜コース。土曜日曜は相変わらず飲んで過ごす。日曜昼、久しぶりに「ケンミンの焼きビーフン」食べる。ケンミンの焼きビーフンは最近定番化率が低くなってる感じ。永谷園もビーフン出してて、それに押されてるのかな。しかし僕にとってビーフンといえばケンミンであって、ケンミンの焼きビーフン置いてないスーパーは呪われればいいのに、と思う。
 さらにうちの嫁はビーフン嫌いなのか、ビーフンに興味ないのか、うちのメニューでビーフン出てきたこと無いので、じゃあ自分で作ろうと。フライパンに肉入れて、ケンミンの焼きビーフン入れて、野菜入れて水入れて蓋して2分待つだけだから、実に簡単。そしておいしい。ラーメンより健康に良さそうだし、みんなゴパンだゴパンだ騒ぐ前に、ケンミンの焼きビーフンを食べるべきだと思った。

 数年前からババ菓子がマイブーム。ババ菓子ってのは「おばあちゃんの家にありそうな菓子」であって、例えば「立方体の寒天ゼリーをオブラートで包んだやつ」とか、あのたぐいのもの。で、ドラッグストアで偶然見かけたフレンチパピロってのを買ってきた。前田のクラッカーもそうだけど、こうやって何も進化せずに売り続けている商品って「どうかしてる」と思いつつも、やっぱりこれは偉大だとも思う。売り続ける方も売り続ける方だけど、買い続ける方もなんかすごい。

 夜、酒を飲むほどに神経がほぐれず、こわばる感じ。あいかわらず精神的にあまり良くないのかなあ、と思う。iTunes飛ばし聴き。買ったまま聴いてなかった金沢明子のハウスミックス(普通、金沢明子のハウスミックスなんて買うだけで聴かないよ)ちょっと聴いてみると「江差追分」が良かった。ビートのないハウス・テクノっていうのは、時が経ってもある程度かっこいい。

ケンミン 即席焼ビーフン 70g (5入り)
ケンミン 即席焼ビーフン 70g (5入り)

関連商品
ケンミン ライスパスタスパゲティスタイル 250g (4入り)
ケンミン ピリ辛汁ビーフン 94g (5入り)
ケンミン ベトナム風フォー 68.9g (5入り)
ヤガイ おやつカルパス 50本
寿がきや みそ煮込み 91g (6入り)
by G-Tools
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月04日

2/2-3日記(親不知で新興宗教)

 親不知の痛みが極限に達して、未明に起きる。痛みは顎から首に達し「神経がどんどん冒されているのに違いない、この痛みが脊髄に達すると半身不随になるのだろうか」などと本気で思いながら朝を迎え、すぐに歯医者へ。
 「ちししゅういえん」と言われ、親不知を覆っている歯肉を一部切除。麻酔をかけていてもかなり痛い。痛み止めをはじめ5種類の薬を処方され、帰宅してすぐに痛み止めを服用。
 帰ってから「ちししゅういえん」って何かと思ったら「智歯周囲炎」だった。生えかけの歯の周囲が炎症を起こすので「稚歯」かと思ったら、親不知は「智歯」と言うのか、なるほど。

 しかし、約3週間かけて結膜炎が治ったと思ったら次は歯。日頃悪いことばかりしてるから罰が当たったとしか思えない。
 それはそれで納得できるのだけれど、日頃悪いことをしていない人はこういう時、どういう風に自分を納得させるんだろう。「悪いことしてないのに、不幸が次々と降りかかってくる」ってのは相当なストレスなはずで、だから新興宗教とか自己啓発に走るんだろうな。と勝手に思った。
 だから僕が日頃から悪いことばかりしてるのは、これは新興宗教や自己啓発に走らないための保険のような物であって、まんざら無駄というわけではない。

 と馬鹿なことを考えていて、そういえば今週食事に行こうと言っていたキャバクラのお姉ちゃんからメールの返信こねえじゃねえかと。もうこれ、完全に「バックレられた」って状態だね。いずれ移籍後の店に出勤する直前にでも営業メールが来るんだろうけど、もういいや。
 女の子のことをなまじ気に入ってしまうと、メール無視された時にミジメな気持ちになるからな。腹は立たないけど、なんかミジメになるよね。なのであんまり良くないな。もうやめとこ。

 夜、シティボーイズの「NOT FOUND」見る。これやっぱり、いとうせいこう&きたろうによる「新しい祭り」が良い。
 JB'sのCD買おうかなー、とか思ってカートに入れてみるが発注せず。2枚組のアンソロジー持ってるからなあ。

 翌日、再度歯医者へ。痛みもなく、消毒のみ。今月下旬に右下の親不知を抜歯してもらう事になる。「左も抜いた方が良いんですかねえ」と訊くと「左は、ありません」とのこと。親不知ってそういうものなのか。
 抜くと、一週間くらいの腫れは覚悟しておいた方が良いと言われる。僕の親不知は横向きに生えてきていて、抜くのも結構なんぎみたい。「まあでも、腫れるか腫れないかは人それぞれですからねえ。でも、これは抜いたら腫れますけど(笑)」って、笑ってる場合か!と思うが、バンヤムナシ。

 この週末は嫁不在。暇だ。料理でもして過ごそうか。
posted by LSTY | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年02月01日

2/1ごろ日記(細野晴臣の新しめのアナログ作品とか)

 親不知のあたりの歯茎がはれてきた。まずい。痛い。なんか最近、顔が太ってきた(むくんできた?)上に、頬がはれているので、まさに「水瓶ぇ落っこったおまんまっ粒」みたいな顔になってきた。これはいけませんよ。

 馴染みのキャバ嬢が先週末で退店し、次の店に移るまでしばらく暇だというので今週食事にでも行こうかという話をしていたら、退店後パッタリと連絡が途絶える。おそらくは次の店に出勤する前日か当日にメールが来るのだ。しかし、このあまりにもあまりなゲンキンさ、どうよ。社交辞令でもなんでも、もうちょっとなんかあるだろ。
 しかし僕はこうやってキャバクラなんかに行きながら、どうも男女関係に対して諦めているというか枯れている部分があるので、あんまり腹も立たない。つまり扱いやすい良い客であって、別名「格好のカモ」とも言う。

 Twitterのアカウントを再び取得してみて、数年前と比べると相当使いやすくなってるという印象は受けた。しかしやはり、僕にはあまり合わないシステムだとも思う。基本的に「情報依存・コミュニケーション依存」の人向けのサービスだと思うし、だいいち僕みたいに強迫観念の強い人間には向かない。知らないうちに情報が流れていってるってのに、すごく焦りを感じるわけですよ。「チェックしなくちゃ」と思ってしまう。だから合わないね、僕には。オンライン環境を離れると気が気じゃない。精神衛生上悪い。

 最近CD買ってない。特に新譜は去年、Q-Tipの「ルネッサンス」以来買ってない。大阪モノレール良いな、と思うんだけど、新譜に2,500円出すんだったらJ.B.'sの過去作品を買う。
 ここのところ車で聴いてたのはPrinceの3枚組。割と最近出た、1枚は新人の女の人が歌うたってるやつ。で、ちょっと昔のテクノ聞いてみようかと思ってCJボランドの「エレクトリック・ハイウェイ」聴いてみたら古いねー。当時の、特にR&S系のテクノは今聴くとメチャクチャ古い。まだワープの方がヘンテコな分、古さが前面に出ないかも。
 で、テクノやめて、細野さんのフライングソーサーなんちゃらっていうカントリーのCD聴いてる。これ良いねやっぱり。「ボディー・スナッチャーズ」のカントリー風カヴァーなんていうのがかっこいい。「スポーツマン」も良いし、おきまりの「ポンポン蒸気」も当たり前に素晴らしい。
 はっぴいえんどって「日本語ロックのなんちゃら」とか言われるわけだけど、何が面白いのかというと「英語のロックを日本語に移植しました」ってんじゃなくて「英米でロックが生まれる前の音楽シーンを原体験・バックボーンとして持ってて、それを元に日本人が音楽を進化させるとこうなりました」っていう、そういう音楽だから面白いんだ、とか思った。できあいの物をただ持ってきたんじゃなくて、ロックを生み出すプロセスから再現(?)したみたいな事。
 そういえば細野晴臣インタビューの本、買ったまま、ほとんど読んでない。

 で「ポンポン蒸気」聴いてて、なんとなくこれは一銭蒸気に乗って玉ノ井や吉原に遊びに行く曲かと思ったら、まるで違って彼女とデートの曲だったのか。で、この曲の別カバーが入ってるハリーとマックのルイジアナなんちゃらというCDを買う。ただいま絶賛・絶版中!
 つーか、最近なんとなく探してみた本やCDが絶版って事が多い。本やCDの発売期間が昔より短くなったんだろうか?だとしたらくだらねえ。まあそうか、iTMSなんかで売ってるのかなあ。でも本は、少なくとも文庫はできる限り売り続けて欲しいとか思う。

FLYING SAUCER 1947
FLYING SAUCER 1947←フライングソーサーなんちゃら

Road to Louisiana
Road to Louisiana←ルイジアナなんちゃら
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月30日

ツイッター再登録&配偶者の話

LSTY (LSTYpt2) on Twitter

「地元のラーメン屋の口コミサイトを見てるんだけど、評価軸に『行列が出来てるか否か』がない。行列が出来てるラーメン屋というのは、どんなにうまかろうが『ファストフード店として三流』だと思う」

 この一言が書きたいために、Twitterに再登録した。以前登録していたハンドル「LSTY」は、すでに他の人に使われていた。やっぱりアカウントごと削除したのは失敗だったか。
 さて登録した後、ハンドルは本名にした方が良かったかなあ、とか思う。つまりリアル知人と連絡を取り合うために使った方が良いのかなあ、とか。でも友達少ないし、とりあえずこれでいいや。

 で、嫁がツイッターやってると初めて知るが、まあ放っておこう。配偶者が、特に「これやってるよ、見て」と言わない限り、その人のツイッターなりブログなりってのは見ないのが吉です。

 てな感じで、最近、というか今までずっと「この人は、俺の嫁なんじゃないか」と思いながら読むブログがこれだ。

kuroihikariの日記

 この人のブログは何年もずっと読んでいるが、ここ数ヶ月は本当に「あれ、これは俺の嫁が書いてるのか?」と度々思った。ディテールが違うので、私の嫁ではないことは分かるのだが。
 しかし、しょっちゅう、どきっとする。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月28日

1/27頃の日記(クラウドクラウドうるせーな)

 最近どいつもこいつも「クラウド、クラウド」言いやがって鬱陶しい。web上の解説ページでもASPに加えてSaaSやらPaaSやら言いながら説明してるから何の事やら分からない。
 クラウドっていうのは、一言で言うと「インターネットの画面で、いろんなソフトを活用していきまっしょい」ということであって、素人向けの説明はそれで十分なわけでしょう。それをカタカナやアルファベットの略語で説明したがるバカが多くて面倒くさい。
 もう少し言うと「パソコンに限らず、携帯やその他のいろんなハードウェアを組み合わせながら、いろんなソフト(アプリケーション)を、インターネット経由で活用しよう」って事なわけですよね。それで十分じゃん。雲のイラストとか描かなくていいよ。

 さて近況としては、にわかに「中学男子熱」が高まる。数日前、YouTubeで丸尾末広「せんずり千太」の絵を見たせいかも知れない。随分以前になにかの雑誌で見て感銘を受けた、さくらももこによる中学生男子漫画ってのがあって、それが所収されているかも知れないと「永沢君」の単行本を買う。
 ざっと読んでみたが、どうも違う。一言で言えば「永沢君」における中学生男子の描写は「きれいすぎる」のである。あれだったらQBBの「中学生日記」の方が良い。
 ただ、巻末近くに収められていたオマケの「ゲヘとカツヤン」はちょっと良かった。僕がかつて読んだ、さくらももこの中学男子物漫画は「ゲヘとカツヤン」によく似た物だった。その時、僕は自分が描かれているんじゃないかと思ったくらいだ。

 馴染みのキャバ嬢が1月一杯で退店と聞いたのだけれど、食事に行きたいというので退店後の2月に食事に行くことになる。これはつまりビジネス抜きで、という事であって朗報かと思ったら、同僚から「それは移籍後の店舗に来いっていう営業ですよ」とか「変な店に連れて行かれて身ぐるみ剥がされるんじゃないですか」とか言われる。
 こういうの、性善説と性悪説の違いだろうか。僕は性悪説を採る人間だけど、でもこういう場合「騙されてみようか」とか思うタイプ。徹底的にダメージを受けなければ、多少ボラれてもOKくらいの感覚を持つ人間です。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月25日

1/25日記(結膜炎治りかけ・冬の夜の夢)

 2週間に渡って罹患している結膜炎だが、ようやく治ってくる。結膜炎を理由に運動(プール)にも行っていなかったので、休日も含めて引きこもり人生。職場と自宅の往復で、しかも家で誰も待っているわけでもない、という生活は精神衛生上あまりよろしくないように思う。しかも季節は冬。
 いっそのこと、人間も熊や蛙のように冬眠できればいいのに。
 そんなわけで最近は、どこにも出かけず家で飲んで10時くらいには寝てしまうのだけれど、夜中の2時や3時に目が覚める。水やジュースを飲んで時間を潰し、もう一度床に入るが1〜2時間は眠れない。気づくとウトウトして、寝汗をかいている。この寝汗が安眠の糸口であって、やっと寝付けるのである。

 そうやって寝ていると、砂の家に住む夢を見る。公園の一角の砂地を掘って、そこに住む夢である。砂の階段があり、そこを降りると居住空間がある。奥にはふすまで仕切られた三つの和室があり、なぜか石田純一と浅野温子が濡れ場を展開している。さらに奥に進むと、砂でできた蕎麦屋がある。蕎麦屋の戸を開けると、そこは上野広小路である。とすれば、この砂の家があるのは上野恩賜公園ということになる。
 砂でできた蕎麦屋だから「砂場」だねえ、などというシャレも虚しく、この家は公園を管理する官吏によって壊されてしまうのだが、なかなか楽しい夢ではあった。

 眠れずに床の中で丸まっていて「ああ、そうか、俺は未だに中学生なのだ」とか思う。中学生の頃の自分勝手さ、無邪気さと屈折を、ほとんど変わらない形で今も持っているように思う。
 中学生の頃の友人に田島という男がいて、彼は筒井康隆に傾倒する文学少年だったが、いつもなにかカチンとくる物言いをする男でもあった。僕は彼に楳図かずおの「わたしは慎吾」を貸してもらって読んでいたのだが、ある日突然「お前みたいな人間に、この漫画が分かるはずはない」と言って、とうとう最後の一巻は貸してくれなかった。そんな事を思い出すのであった。

 とか言っていると、朝、馴染みのキャバ嬢からメールが入る。今月いっぱいで退店との由。飲みに行く女の子がいなくなるのはかなり寂しいが、しかし無駄遣いの機会が減るといえばそういう事でもある。もう既にその子を口説くことに関しては諦めているので、そうなってくるとキャバクラ通いというのはかなり純粋な「無駄遣い」である。

 以下、上記以上に取り留めのない話。

 カバコシルバという名前は覚えにくい。アフマディネジャドより覚えにくい。カバコシルバ、カバコシルバ、とつぶやいていると、ハナトコバコという名前が思い出される。ハナトコバコとアイノコバトが紛らわしい。

 実川延若の「研辰の討たれ」を見る。というか何度も見てるんだけど。当代の勘三郎版(野田秀樹版)が有名だけれど、やはり素晴らしいのは延若版。延若って基本的には悪役専門役者みたいな所があるんだけど、それゆえの屈折した感じ、ずるがしこいが気は弱い所が滲み出ていてすごく良い。

 職場ではLAMYのサファリを使ってるんだけど、1年くらい使ってるとペン先がダメになるっぽい。一本だいたい2000円前後だから、1年で書き潰してしまうと1ヶ月200円くらいの負担になる。そう考えると高い買い物だよなあ。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月21日

1/21日記

 結膜炎がまだ治らない。快方には向かっているが、完治まで二週間コースか。こんなに長引くとは。

 4年あまり使っているSOFTBANKの705NK(NOKIAのN73)が本格的に壊れてきた。ボリューム上下ボタン(カメラのズームボタンを兼ねる)が効かなくなり、OSが壊れたのかアルファベット入力時に常時バグが発生するようになった。
 LotusNotesと同期してスケジュール管理ができるので重宝して使っていたのだけど、もうそろそろ寿命かと思う。カールツァイスのレンズというのも良い感じだったんだけど。
 で、SOFTBANKで機種変更するのなら、今やiPhone4以外に選択肢はないというか、Androidもまだまだらしいので、自ずから決まってしまうというか。長い物に巻かれる感じがしてイヤではあるが、是非に及ばない。
 この705NKというのは日本におけるスマートフォンの第二世代ということになろうか、前方後円墳型のNOKIA6630の次に出た、最小構成のスマートフォンである。僕は折りたたみ式の携帯が嫌いなので、ストレートタイプということと、カメラがよさそうだというのでこれを買ったのだった。ちなみにこの前に使っていたのはJ-Phone時代末期に出たVodafoneのgraphica(J-D06
)で、この携帯はカメラがあまりに貧弱だった。なので、次に買う時はカメラがまともな物を、と思ったのだった。
 やっぱり衝撃だったのは、携帯で動画が見られるということで「携帯動画変換君」で動画をエンコードしては携帯で見ていた。bluetoothでPCとつながるというのも便利で、前述したようにPCで入力したスケジュールを転送・同期したり、外出先で撮った写真を帰宅時、PCに自動転送したりという機能はとても良かった。ただ、bluetoothの転送速度は相当遅い。バージョンが古いのか何らかの不具合があるのか、最近では転送時に機能が止まることも多くなった。
 そう、そういえばよくフリーズするというのもこの端末の特徴だ。本格的にフリーズすると、全ボタンが効かなくなり、結局電池パックを一度取り出して強制的に電源を落とすハメになる。ブラウザを使っている時によく落ちた。あと、カメラ機能でマズいのは、シャッターボタンを押してからシャッターが降りるまでの時間がかかりすぎることで、ひどい時にはいつまで経ってもシャッターが降りないってこともある。
 あんまり使わなかったけど、アプリケーションを自由に入れられるのも素敵で、MobiReader(テキストリーダ)と、二次元バーコード読み取り、画面キャプチャのアプリケーションを使っていた。Office文書の閲覧もできたけど、それはほとんど使わなかったな。
 そんなN73ともいよいよお別れですかな。

 鴨せいろ食べたい!近所の蕎麦屋、そばは普通なんだけど鴨肉が豊富で鴨せいろは値打ち。秋冬限定メニューなので時期を逃すと食べられない。今日行こう。しかし車でしか行けない場所なので、酒が飲めないのは残念。

 全然関係ないんだけど、風俗嬢の中には「レア出勤」という、週に一度とか、月に一度とかしか出勤しない子がいる。週一くらいならそうでもないが、月一出勤の子なんかが出勤してると気になって仕方がない。「今日を逃すと、もう会えないかも知れない」という強迫観念が強くなって、電車で何時間か掛けてでも会いに行こうかとか一瞬思う。そんな無茶はしないわけだけれど。
 で、今年からは「遊び」は縮小しようと思ってるんだけど、そうなってくると「今まで築いてきた処々方々での関係をオジャンにしてしまうのは惜しい」というような感情が芽生えてくる。何か寂しいような気がする。これは、コミュニケーションに対する依存のようなものですね。
 他の人はどうか知らないけれど、僕が風俗店に通うのは性欲とかではなくて、上記のような強迫観念やコミュニケーション依存によるものなんだと思う。半ば義務化してるというか、生来、そういう遊びには向かない人間なのかも知れない。

 職場の女の子が「キャバクラに行ってみたい」と以前から言っていたので、本当に行きたいんだったら連れてってあげるよ、という話になる。店の子に、女の子を連れてっても良いものなのか聞いてみると、女性はセット料金半額とのこと。そういう料金設定がされているということは、女性もウェルカムということか。しかし周りの客にとっては、あまり嬉しくないような気がするなあ。女を口説きに来てるのに、そこに素人の女がいるとやりにくかろう。なので邪魔にならないように、隅っこのボックスでひっそり飲もうかと思う。

 そういえば以前、タモリ倶楽部で尿道への異物挿入の話をしていた。僕はそこまでコアなアレではないが、そういう趣味があることは知っている。で、尿道に棒状の物を入れるプレイを英語でサウンディング(sounding)というんだけど、なんでsoundingなのかは知らなかった。で、英和辞典を調べるとsoundingには「測深」という意味があるのですね。棒状の物をソロソロと尿道に挿入する感じが、そういうイメージなんでしょう。多分、測深っていう意味なんだと思った。

 あ!今思い出した!昨日の夜、酔っぱらってカレー作ったんだった。キャベツ、ブロッコリーの茎、ねぎ、豚肉、玉ねぎを入れた和風カレー。嫁に言わせれば「酔っぱらって包丁持つなんて信じられない」ということだが、酔っぱらったら冷蔵庫の残り物を処理したくなったりする。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月20日

すげー衝撃!

 今日初めて知った。

 「動物の分類上、イヌ科は、ネコ目に属する」

 あー、びっくりした。

イヌ科 - Wikipedia

 「時効警察」における「訓読みの『クン』は、音読みなんだよ」に次ぐ衝撃。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月19日

Facebookに登録してみた

 使う気はほとんど無いんだけど、アカウントだけ取っておいた。

https://www.facebook.com/名.姓 ※いずれもアルファベット小文字

 なので、私の本名を知っている方はどうぞ。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月12日

1/11頃の日記(鶏そば・車谷長吉周辺・結膜炎)

・鶏そばを作る。と言っても、鶏肉を茹でるだけだが。
・水に昆布を入れ、1時間ほどおいてから火をつける。沸騰したら鶏胸肉、白ねぎ、柚子の皮を入れてしばし茹でる。胸肉はかたまりのまま茹でてみたが、あとで切ってみると中まで火が通っていなかったので、もう一度火を通した。
・どんぶりに出し汁(白だしを使ったが、蕎麦つゆでも良い)を入れ、ゆで汁、冷水でしめた蕎麦、鶏とねぎを入れてできあがり。柚子入りの七味を入れても良いし、白胡椒を入れも良い。僕は、こういう和風だしに胡椒を入れるのが好きだったりする。
・こういう寒い時期だと、蕎麦をしめるのに氷水を用意しなくて良いので楽。

・昨年からほぼ毎日、昼食には牡蠣フライとカレーを食べている。カレーは中村屋のレトルト(チキンカレー)。それに食塩無添加の野菜ジュース。毎日同じものを食べるというのは、非常に楽である。
・それに、エビオスと亜鉛を服用。エビオスは父が生前服用していたこともあり、試してみる。そして、エビオスと亜鉛には精液を多くする効果があると聞き、その実験のためでもある。結果として量は増えたのかというと、そういう感じはしない。むしろ、納豆などのタンパク質摂取量に左右されるような気がする。

・ニューハーフ姫咲アゲハ引退の由。数年前からりん、マリン等の名前でも活躍していた人で、先年性転換手術をし、この年始に引退。

・車谷長吉の本をちまちまと読んでいて、webで彼の名前を検索してみるが、あまり大した情報は得られない。彼が大学卒業後就職したのは中央宣興という会社(2010年に倒産)だが「車谷長吉 中央宣興」で検索しても、それらしい情報はない。
・また「ひょうふう」の中で「財界では高い見識と潔癖な知性で知られた人」と評している人物は、セゾングループの堤清二だと思われるが、そこら辺に具体的に触れたweb上の記事もない。当時の上司として描かれている「牛田利男」という人物は仮名のようだが、おそらくはセゾングループ史(社史)編纂委員会の責任者か何かだろう。
・直木賞作家というビッグネームで、しかも私小説書きだから情報はいくらでも掘り下げられるのに、こんなに情報が少ないのは異常だと感じた。あたかも、車谷長吉という私小説作家が、出版社のみならずwebというメディアにおいても「隠蔽」されているかのような印象。

・車谷長吉の潔癖と虚栄心の間には大いなる矛盾を感じる。他人と何かを共有することを拒絶しておきながら、芥川賞・直木賞という賞レースに固執し、受賞すると「男子の本懐」とか言ってみたりする。しかも自身の満足というより、今まで自分を馬鹿にしてきた人物を見返したという気持ちの方が強いようだ。こういう、自分の醜い、というか俗物的な部分の描写も含めて、すぐれた私小説作家と言うことになるのだろうけど、まあ好みは分かれそうだ。

・それはそうと結膜炎になった。目脂で目が開かない、なんていうのは久しぶりの感覚だ。ガチフロとニフランを処方される。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月11日

1月上旬の日記

・キャバクラに「通う」のはやめたわけだけれど、顔出し程度はしないといけないので、年始だし馴染みのキャバ嬢と飲みに行った。飲みに行くのは良いけど、同伴だと、店に入ってから女の子が着替えて出てくるまで10数分待たされる。これが手持ちぶさたである。携帯をいじってるのも馬鹿みたいなので、薄暗い店の中で文庫を読んで待つのが常である。

・そうやって、車谷長吉の「飆風(ひょうふう)」を読んでいた。友達をなくしながら、知人に嫌われながらブンガクしている感じがとても良かった。併録されている「私の小説論」を読んでいて、堪らなくなる。この人の人生観にはあまり同調できないが、しかし泣きそうになる。
・「赤目四十八瀧心中未遂」での、臭ってくるようなセックスの描写に感動して以来、いくつかの短篇を読んだが、なかなか良い。
・この人の小説を読んでいて、いつも思い出すのは村上龍の「ライン」である。あれも、底にいる人、というか普段私が目にしない人を描いた小説で、この「ライン」や車谷長吉の私小説には、自殺を止める力があるように思える。
・自殺を止める力を持った小説、というのはどういう物かというと「『死』に近いが死なない人」を描いた物かなあ、と思う。死について考えている人は、多分そのほとんどが「ポジティブな小説」なんて物を求めてはいない。不快なだけだ。暗く寂しく、しかし生きている人に関する小説を読むことによって、身も蓋もない言い方をすれば「時間稼ぎ」ができる。そして、心の中のなにかが少しだけ動く。つまり、死への衝動を何とかやり過ごすのだと思う。僕の場合はそうだった。

・大阪にいる、背中一面に和彫りを入れた風俗嬢に「初めて会った時、まさか次に指名してくれるとは思わなかった。話も盛り上がらなかったし」と言われた。なんでいつも会いに来てくれるの?と訊かれて、たしかにそうだと思う。
・一つには、その彫り物のことがある。しかしそれだけではないな。その子は、そういう派手な特徴(彫り物だけでなく、金髪のギャルである)を持ちながら随分おとなしい子で、常にローテンションな感じだ。しかし無愛想というわけでもない。自然に、静かな子なのです。そこが気に入ったのだと思う。一緒にいると、何か染み入るような物がある。特に心が弱っている時には、そういう女の子と一緒にいるのが楽なのです。
・風俗嬢で一番なんぎなのが「あからさまに客を軽蔑している女の子」であって、あれは何なのでしょうか、自身の職業に関する強い被差別意識が彼女をそうさせるのか、いつも客に軽蔑され、大事にされないから「優越感ゲーム」的に、客を馬鹿にするのか。
・さてその、大阪の子の彫り物はまだ中途である。いずれ完成した時に、その子は店をやめてしまうのではないかと思う。それは予感だが、店をやめる前に一度、完成した彫り物を最後に見せて欲しいものだと考えている。
・そういえば「赤目四十八瀧〜」にも、背中に彫り物を背負った女が出てくるな。

・そんな感じで、このブログ自体、私小説のようなものです。いや、そんな大したものではないが、できるだけ真実に近い、人生のログみたいなものにしたいと思う。公開を前提としていながらも、このブログは自分のための物、未来の自分が読み返して面白い物じゃなけりゃあ意味がない、と思っているので、その時々の自分の真実を書きたい、とも思うわけです。
・僕は、以前も書いたけど自分に都合の良いことしか書かないブロガーが嫌いなので、あえてこういう話を書いていたりもする。露悪な話ばかり書き過ぎか、と反省しつつあったが、先日友人から「お前のブログは面白い。生き様だから」とか言われて、まあこれで良いのかと思いつつ書いている。
・そういえば昨年、ほとんど飲みに行ったことのない同僚と食事に行った際「○○さんは、自分の人生の中でいろんな事を実験してるような感じですね」と言われて驚いた。あまり話したこともないのに、よく私のことを観察しているな、と思った。キャバクラや風俗で馬鹿みたいに遊ぶのは、いつも実験のようなものだ。

・で、キャバクラの話に戻る。僕のお気に入りは23歳の女の子なんだけれど、話を聞いてみるにつけ、意外と男性経験も少なく、客あしらいも下手というか素人のようなものである。場末のキャバクラというとそんなものなのかも知れないし、そこが逆に魅力だとも言える。
・「今日食事に行きませんか?」というメールが入る、同伴してくれないかというメールだ。「今日は忙しいから行けない」と返信すると、それっきりパッタリ返信は来ない。それほどまでに、客あしらいが上手くない。しかし「食事に行くとしたら、何食べたい?」と訊くと「おすし」とか言う。なかなかに食えない女だ。
・その度毎に「おいおい」と思いながらその子に付き合うのは、そういう子に付き合う自分自身が面白いからなのだと思う。しかしそれ以上に馬鹿をする気はないので「俺は、シャンパンタワーしたり、衣装(店で着る服)を買ってやったりはしないよ」と釘を刺している。まあ、あんまり良い客ではないわけです。

・ほろ酔いでキャバをあとにすると、帰路、嫁に会う。キャバクラ帰りであることを正直に告げる。僕は嘘のつけない人間なのだ。

・最近買った酒、さつま白波と菊正宗。年末年始にかけて白山の大吟醸古酒、羅生門の龍寿と高い酒を飲んだが、私の舌に高い酒は合わない。飽くまでも普通の酒を、普通に飲み続けようと思う。たまに伊丹十三を偲んで「桃の滴」を飲むくらいで良い。
・最近買った本、横尾忠則「東京Y字路」、山田花子「魂のアソコ」、「細野晴臣インタビュー」、「関西のレトロ銭湯」、「マトリョーシカ大図鑑」(沼田元気の本だとは知らずに買った!)
・「東京Y字路」は、僕としては買って良かったと思える良い写真集だけれど、コシマキにある惹句「横尾忠則初にして、空前絶後の写真集!! 」ってのはどうなんだろう?ただ淡々とY字路を撮っただけの写真集、しかもおそらくは写真集として出すのが目的ではなく、創作の取材のために撮った写真を集めたものだろうと思うんだけど、それに「空前絶後」はどうなのよ?と思う。

東京Y字路
東京Y字路
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2011年01月06日

収拾のつかない話

 最近職場で、若い女の子が僕にあまり話しかけてくれない。その理由として思いつくのが、

1.女遊びしてるので、なんか「危険なフェロモン」が出ている。
2.女遊びしてる情報が、どっかから漏れている。
3.単純にオヤジと話したくない。
4.私の被害妄想ないしは自意識過剰

 男の同僚には、女遊びの話は普通にしているので、2.の可能性は高いかなあ。

 ある種の男は、一人でこっそり遊びに行って、同僚や友人にも黙ってる。僕はそういうのが嫌いでですね、遊びには一人で行くが、結果報告は逐一するタイプです。特に、ボラれた話とかはすぐ、知人にする。
 ボラれてる時点で、結構な金額を損してるわけですよ。その損を取り返すためには「その話をネタに受けを取る」しかないでしょう。

 で、風俗に関してもっと立ち入った話が書きたいので別の匿名ブログでも作ろうかと思うんだけど、しかし専用のブログを作るほど風俗に行くわけでもないし、むしろそっちは沈静化してるので、今後の広がりはない。
 それより以前から思ってるのは、地元のレストランやらに関する評価のブログは作っても良いかなあ、と。これからはさ「口コミ」っていうものをどういう風に料理していくかってのが大事なんじゃないかなあ、と思うのですね。「この人が評価してるから、これは良いんじゃないか」っていう、評者と対象物の紐付けみたいなのが重要になってくるんじゃないかとか。グルメサイトもAmazonもやってるけど、結局評者も対象物も多すぎるから、収拾がつかなくて、最終的に星の数の平均値でしか見られない、というような。
 だから、地方の飲食店を個人が評価するっていうのは、まあまあ有用なことだと思うんですよね。今でもあるよ、でも、たいていは女がやってるんで、マトモな情報がない。

 いや、女の舌がどうこうってんじゃない。グルメとかその手のブログをやってる女は、店をけなさないんですね、悪い・まずいって事をちゃんと言わない。最近、都市部の口コミサイトなんかではちょっと傾向が変わってきた感はあるけど、女のブログっていうのは、当たりが柔らかいけど、ちゃんと真実を伝えないような側面がある。
 まあこれは一般論であって、例外もあるし、男のブログでそういうのもまあ多いわけだが、地方でグルメ系ブログをやってる人の絶対数から言うと、そういう女の子のブログがやっぱり多いだろう、と感じる。

 なんかまた無駄に、女を敵に回すような事を書いてしまった。
 てなわけで付け加えると、僕がこういう時に非難する「女」というのは、あなた以外全員の女だ。あなたのことは、好きです、大好き。ただ、あなた以外の女ってのはロクなのがいないよね、って話。
 とまあこういう卑劣な防衛線を貼っておこう。実に姑息だが。

 話が大幅にずれたけど、要は、僕は僕に紐付くような地元情報のブログがやりたいなあ、という事です。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2010年12月30日

今年の総括

 今年の総括書いてたら記事が消えた。Gmailみたいに、自動的に一時保存機能があればいいのに。
 面倒くさいので一言で今年の総括。

・風俗通い
・キャバクラ通い

 その理由は、

・「嫁が、僕のことを必要としてないんじゃないか」という気持ち。

 要は寂しかった、ということだ。

 あ、そんだけじゃない、多分。

・セックスに関するバイオリズムの変化

 よく分からないけど、そういうのもあると思う。
 今は安定してますが、遊びはボチボチ続けます。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2010年12月28日

12/25-26日記(室町砂場・並木藪・浅草尾張屋)

■12/25
・鈴本のトリが喬太郎だということで、上野へ。
・トリが15時30分くらいで、終わるのが16時前後、となれば、少し時間を潰して16時半の開店と同時に池ノ端の藪に入れる。
・好きな落語から蕎麦へ、というこれは夢のコース。
・しかししかし、鈴本がまさかの大入であった。立ち見で落語を聴く趣味はないので、夢はついえる。しかも池ノ端藪の開店時間まではまだまだ。ここで気を取り直して神田へ繰り出した。

・目的地は室町の砂場。おなじみ今川橋跡を横目に路地に入ると気持ちが高ぶってくる。
・よし、行列はできていない、と思って暖簾をくぐると、客はまばら。これは幸運だ、坪庭横の特等席に座れた。
・砂場の冬と言えば「はしらわさび」だ。バカ貝(青柳)の貝柱を、山葵醤油で食べるという、ただそれだけのものだが、なかなかに贅沢なつまみだと思う。というわけでまず、燗酒と、はしらわさび。
・砂場では、他の多くの蕎麦屋同様、お酒には「つまみ」が添えられる。蕎麦味噌が一般的だけれど、砂場では「梅くらげ」が多いように思う。梅肉とくらげを和えたもので、これもいいつまみ。
・と思ったら、本日のおつまみはなんと「あん肝」であった。ああ、これだけで一合飲めてしまうではないか!しかもこのあん肝、実にうまい。これ以上香りが強いと生臭くなる、そのぎりぎりの香り。
・貝柱とあん肝を交互につまみ、燗酒をちびちび飲む、これは至福。冷や酒を一合追加。
・オーダーストップだというので、ざるを一枚。そうか、土曜は夕方で終わるのか。
・砂場のざるは、おそらく日本一でしょう。一度嫁と来た時、昼の忙しい時間だったからか、蕎麦がのびていたことがあったが、まずかったのはその時くらい。これが蕎麦だ!というスタンダードそば。

・夜は赤坂のバー、ティアレへ。元OPAにいた水澤さんというバーテンダーが店を出したというので、いつか行こうと思っていた。しかし、赤坂とかあっちの方のオシャレな町は苦手なので、今まで行けずにいたような感じ。
・ここの水澤さんという人は「全国バーテンダー技能競技大会」というコンクールで優勝しているらしいので、まあいわば「日本一のバーテンダー」ということになります。日本一の蕎麦屋から、日本一のバーテンダーがいるバーへ。これは素晴らしいプランだ。
・夕方の二合の酒が残っていて、どうもちゃんと飲めなかったのが心残り。

■12/26
・前日の酒が残っている。昼過ぎからノロノロ起き出して、浅草でdoggylifeさんと待ち合わせ。とりあえず、並木町の藪へ。二日酔いなのでお酒は一勺だけにして、ざるを一枚。以前食べた時には、つゆに酸味を感じたけれど、今日はそうでもない。
・ここのつゆは相当からいので、蕎麦猪口に1cmも入れると入れすぎ。5mmくらいでちょうど良いのではないか。熱々の蕎麦湯で相当に薄めて飲んでも、しっかりとうまい。

・常連らしいおじいさんの団体が入ってきて、そのうちの一人が、つゆに蕎麦をドバドバ入れ、入れっぱなしで無駄話をしている。他人の蕎麦の食い方に文句を付ける気はないけれど、それでもさすがにあれはどうなんだ、と思った。

・浅草の裏通り、六区を通って吉原へと歩く。浅草の、それも六区あたりは東京ではない、あれは「大阪」だ、と思う。大阪というのは、アホの町であって、言うなれば「町の全体が恥部」みたいなものです。東京は町全体が気取っていて、汚い町もあるが、その汚れ具合も気取っているというか厭世的だったり、虚無的な汚れ方をしている、ように思う。
・そのおしゃれな東京の、本当に「恥ずかしい要素」が、町全体の吹き出物のように吹き出している町が浅草の裏通りだと思う。この感じを一言で表わすと「東京の中の大阪」だ。

・吉原に足を踏み入れるのは初めてだったが、殺伐とした町でありました。とてもじゃないが、僕はあんな寂しげな町で遊ぶ気にはならない。
・浅草に戻り、小腹が空いたので尾張屋へ。永井荷風が愛好したという「かしわ蕎麦」を食べる。
・蕎麦湯を一杯もらうが、柚子切り蕎麦の香りが移っていて、実に情緒があった(本来は、普通の蕎麦と柚子切りは別の釜で茹でるべきだ、と思うが)
・その後、秋葉原を無目的にぶらぶら。

・夜は恒例の忘年会。今回は池袋のJonNoviという「入口が分かりにくい店」が会場だった。例年になく出席率高く、楽しい忘年会でした。3時間あまりも飲んでいたのだろうか。ああ、もうこんな時間か、という。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク