2005年12月26日

M−1グランプリ寸評

DOB_devil(byTakashiMurakami) 相変わらずスープを煮込みながら。

・ブラックマヨネーズ:第1回の笑い飯のように、全然知らない人の快進撃。カンニングのネタを初めて見た時のような衝撃。カンニングのネガティブさに技と芸を足すとブラックマヨネーズになるような感じ。こだまひびき師匠のように、こてこての上方カルト漫才師になって欲しいコンビ。最終決戦で、あえて目先を変えずに同じテンションで行ったのが勝因でしょう。

・笑い飯:多分もう優勝はないでしょう。笑い飯、面白いけどネタの「型」がもう定着しちゃってるから、ある一定以上には笑えない。あのネタ形式を破壊しないと優勝はないけど、別に今更M−1で優勝しなくても良いとは思う。十分面白いから。

・麒麟:以前見た時よりも随分面白くなっていた。昔は技巧に走りすぎてる感じがあって好きではなかったけど、キャラクターの生かし方とか、すごくこなれてきたかんじ。「まぶたをまつり縫い」なんていうネタ、普通はグロすぎて笑えないけど、あの笑わせ方は素晴らしかった。

・品川庄司:記念受験みたいな感じだったけど、東京の芸人さんとしてはまずまずだったんじゃないでしょうか。正直、くどかったのと、小ネタが滑りまくってたのが気になる。

・チュートリアル:すごくつまらなくて大嫌いなコンビだったんですが、ものすごく成長しましたね。そんなに面白くはなかったけど、以前と比べると雲泥の差。正直、今年のM−1で一番嬉しかったのはチュートリアルと麒麟のネタを通して芸人さんの成長を実感できたこと。

・千鳥:つまらなかったなあ。千鳥は大好きなんだけど、つまらなかった。ネタが練れてないのが一番の問題点。あの題材なら、絶対にもっと面白くなる。ネタ作りをさぼってるね、細かい作り込みに対する意欲が感じられない。そこが笑い飯との大きな違いで、このまま油断していたら、笑い飯との差はどんどん開いてゆくと思う。がんばってください。

・タイムマシーン3号:出てくる意味すら分からない。

・アジアン:悪くはなかったけどね。花月とかで、生で見たら結構面白いと思うんだけど、古典的すぎてM−1での勝ち目はないと思う。

・南海キャンディーズ:やっつけ仕事。勝つ気ないでしょう。今でも十分に仕事がある、M−1で下手に目立って「漫才師」の色が濃くなると、バラエティーでの仕事が減るかも知れない、なんていう打算じゃないのかな?と勘ぐってみた。

2005年08月08日

ハム彦ぉーーー!

 ちなみに、私が言う「ハム彦」とは、そこらへんのハム彦ではなくて、ボブ彦の友達のハム彦です。
これ
 Men's5の人でもあります。ビブラストーンの人でもあります。Men's5と言えば「ヘーコキましたね」です。品切れ中です。中古ならあります。880円です。(2005/8/8 17:00現在)

2005年04月25日

落語と一條大蔵譚で感じた古典芸能のこれから

DOB_devil(byTakashiMurakami)・上は来ず、中は昼来て昼帰り、下は夜来て朝帰り。下々は居続け、そのまた下々は居残りをする。
 古今亭志ん朝「居残り佐平次」より。
続きを読む

2005年04月22日

「志ん生が好き」という意見に思ったこと

DOB_devil(byTakashiMurakami) 落語が好きという人が、どうも増えているように感じるのだけれど。
 そんな中、昨日の夜、酔った頭で思ったこと。

志ん生師匠は「噺家」ではなく「間口の広い幇間」、だから聴いた人間が浅薄であればあるほど、満足する。
圓生師匠は「対MASS」、聴く人間を睥睨した落語。
・圓生師匠は「名人」という評価にもこだわった。「前座名人会」なんてネタも。
・多くの人は圓生師匠よりも志ん生師匠が好き。
・でも、その安直さに、どっか反省があっても良いと思うよ。
・いや、最終的には好き嫌いなんだけど。

 そんなこと。落語聞き始めで「志ん生好き」の席に収まってしまうのはいかにももったいない。圓生師匠だけではなく、文楽、金馬、彦六、志ん朝、また米朝、こういった名人たちの高座を聴いてこそ感じられる志ん生師匠の良さという物がある。
 例えば談志が志ん生を評価するのっていうのは、何回転もした結果なのだろうと思う。

2005年04月08日

腐ったえびの頭

DOB_devil(byTakashiMurakami) 食あたりになった時の大便の臭いは、「腐ったえび」の臭いに似ている、と思っているのは私だけでしょうか。
 ある落語に「腐ったえびの頭でも食ったんでしょう、腹を下して、、、」という一節があります。そのせいで、かってにそう思い込んでいるのかも知れません。
 何の落語かわかった方には10モリタポ差し上げます。嘘です。