2020年01月24日

アニメ「サイコパス」シーズン1感想

Pop is dead.・年明けより気力低下甚だしく、新規の事案には何一つ着手できない状況

・一日中、Amazonプライムの無料動画を見る日々

・アニメ「サイコパス」は、久しぶりに当たった「時間つぶしに最適の映像作品」だったが、今まで忌避していた。
・というのは「ヒロインの目が大きすぎる」のだ。日本のアニメ、漫画では女性の目は大きく書かれがちだが、大きすぎる。砂細工( Sandwork )が見たら失笑するレベル。
・ただ。こういう「キャラクターデザイン」や「絵柄」で作品を避けるのは、自分にとって利益をもたらさないことを知っているので、とりあえず見てみようか、という感じでEP1をざっと見たら、まあまあ面白かった。

・しかし「東京喰種」のように、単純には楽しめない。つまり「ほぼ完全なファンタジー」ではなく「(おそらく100年後くらいの)東京を舞台にした現実的なドラマ」として描かれているので、その時代考証のアラが見えまくっているのだ。
・例えば2100年に、QWERTYキーボードがあると考えられるか?「現金輸送車」なんてものが存在するのか?まあ、それ以外にもツッコミどころは沢山ある。

・しかしま、そこらへんには目をつぶりましょう。

・ただ私にとって許せない設定の「穴」が一つある。
・これは後半に取り沙汰されるので、ある意味伏線であり、織り込み済みなのだろうが、公安が持つ武器に「現行犯逮捕」というモードがない。
・これはシステムとして、あまりに重要な欠陥であり、故意にでもない限り、あんな仕様は許されるはずがない(シーズン2以降で種明かしがあるのかもしれないが)

・あと、CGの動かし方が下手。特に車の走行シーンにアラが目立つ。EP1、5分目あたりの護送車の動き、あれは車の動きではない。初見の時は「ヒロインの目が大きすぎて気持ち悪い」と感じ、車が出てくるここのシーンで「あ、このアニメ駄目だわ」と思ってそれ以来、避けてきた。
(あと天井扇のカットとか、明らかにヘタなCGなのに繰り返し使われるし)

・ただ、ストーリーは割と面白い。一話約20分という短さも良い。
・暇つぶしには格好の作品だろうと思う。
posted by LSTY | Comment(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2020年01月04日

名刺とか名前について

Pop is dead.・ある一定の年齢(20代後半)になれば名刺、というものを携帯しておくべきであろう、と思う。
・すべからくそうすべし、という程ではないけれど、やはり自分が「何者か」を示すカードを持っておく事に、意味はある程度あるだろう。
・ただ、その場合、受け取った名刺の内容によって相手の心理が透けて見える、というのがある。

1.「会社の名刺」を出す人
 危機感なしというか、まあ、これは結構普通の人のタイプですけど。後々に何かあった時に厄介

2.「本名の名刺」を出す人
 これ、僕自身のことなんですが、危機意識はうすい。ただ、直接会った人に対して「直接会うことを決めたという事は、それなりの信頼関係を築けると思ったからですよ」というサインでもあるんです。
 僕の場合、本名、住所、携帯番号まで書いてあるから「あなたを信用していますよ」という事です。

3.「ハンドルネームの名刺」を出す人
 まず言いますけど、嫌いです。特に、本名を併記せずにハンドルネームだけの名刺を出す人に対して、僕は信頼感を覚えません。携帯番号くらい書いてあれば良いんだけど、こっちが本名を名乗っているのに、リアルで会ってもハンドルネームで押し通す人が、どうも、僕は苦手ですね。

・あと、ハンドルネームで呼ばれるのも嫌い。これは大嫌い。

・というのは(僕によるハンドルネームの付け方に問題があるのだが)「ラスティー」とか「リスティー」って呼ぶ人が居るんだけど、違いますから。本名で読んでくれよ。
 ※伊丹十三が「チャールトン」を「チャールストン」を読む事を誤りと指摘したのと同じ理由です。無理に呼ぶなら「ルスティ」でしょう。

・じゃなきゃ、正当な呼び方=エルエスティーワイ。とちゃんと呼んで欲しい。

・略すなら「スライ」か「エルちゃん」で結構。
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2020年01月01日

12/22-31記

Pop is dead.■12/31
 今年は心が震えるような嬉しいことと、それが壊れるような悲しいことがあった。1年の約半分は自宅で療養を行い、季節も曜日もあまり分からないような生活を過ごした。
 一方で、自分がこれから進む道を決められた年でもあった。うまくゆくかどうかは全く分からないが。来年は忙しい年になる。再来年はもっと大変なことになるだろう。しかし、自分の好きな道に進むわけだから、苦にはならない。
 映画「それでもぼくはやってない」を見、16時過ぎより飲酒。夕刻は「まあだだよ」を見る。テレビは見ず。
 年越し蕎麦代わりにローマ風カルボナーラを作って食べる。
 21時前には就寝

■12/30
 11時ごろ起床。あまり調子よくない。
 奥さんがサイゼリアの羊肉を食べたいというので、夕刻より出掛ける。出発前、吐き気。ナウゼリンを飲んでおく。
 サイゼリアに着くも、羊肉は売り切れ(どうも全国的に品薄になっているようだ)
 仕方ないので、蕎麦屋で鴨南蛮。蕎麦は普通だが、鴨つくねがうまい。 
 スーパーで食品を買って帰る。

■12/29
 夕刻から周防正行監督「カツベン!」を観に行くため、奥さんと外出
 坂本頼公先生のクレジットおよび出演を確認
 駄作ではないが、周防監督作品の中ではヒット作にはなり得ないだろうという内容

■12/28
 10ごろ起きる。調子悪い。
 13時過ぎから飲酒

■12/27
 11時前に起きる。あまり気分良くない。水。
 晴れてはいるが風が強く、外出を厭む。
 MPC200XLの検収。Twitterメンテ。
 昼過ぎより飲む。あまりよくないスパイラルだ。
 「マルサの女」見る。帳簿つけないとなあ。

■12/26
 9時台に起床。気分が悪い。水。
 Bさんより、中央線沿いなら高円寺での出店を薦められる。
 午後より飲み始め、寝て、宅配便に起こされる。
 MPC2000XL、MicrpBrute届く
 他特に記憶なし。

■12/25
 10時前に起床。やはり早めに起きると気分が悪い。水。
 ヤフオクで入札祭りがおこなわれているので「落札できそうにないもの」に入札しまくる。
 中央線沿線の物件を探してみる。全体的に狭く、20坪程度の確保は難しそうである。都立大に店舗兼住宅の良い物件があったが、40万円/月とこれでは高すぎる。月商300万は必要になろう。
 クリスマスのメッセージをLINEに送り、21時ごろ寝た模様

■12/24
 午前4時に目覚め、その後も眠れないので現在(21時過ぎ)に至る。

 東京喰種シーズン3まで見終わる。3からは話が複雑になり過ぎて空転する。クゼンの子供が何者であったか、まで分かれば、そこで視聴をやめるのが潮時かも知れない。
 東京喰種を見て私が感じたのは「境界の曖昧さ」だ。友達だから殺せない、元同僚だから殺せない、といった判断は、逆さにすれば「赤の他人の生き死になど関係ない」だ。つまり「絆」という言葉の裏には「『絆』の外にいる人間のことなどどうでも良い」という意識が見え隠れする。
 カネキ・ケンが、人間と喰種の共存を提案する際に「喰種の食糧確保」について一言も触れなかったのはそういう事だ。東京都以外の人間を食えばいい、外国の人間を食えばいい、中国人を、韓国人を食えばいい、という事なのだろうか。
 あるいは、自殺者をもっと増やせとでも?
 そういうわけで、シーズン3のエンディングは特に理解しがたかった。お前ら、何食って生きてるんだよ?という。

 性欲の減退は、多少回復してきた模様。よく分からないが。
 あと、これは薬の副作用なのか判別できかねるが、爪があまり伸びなくなってきた。手入の回数が少なくて済むのは良いのだが、性欲の減退とも関連して「蛋白質の代謝」がおかしくなっているのだろうか。

 どうせならカレーを作ろうと思い、買い物
 下ごしらえをして出発すると、ちょうど精神科医の予約時間に間に合う。
 ところがそこから待たされ(あの医師、話が乗り出すと長くなるのが問題だ)薬の処方は明日以降にして急ぎ家に帰る。

 元同僚のA家が子供を連れて来訪。子供というものの良さを感じる。

 その後、noteのメンテ(直近の機材一覧を更新)
 映画「黒い家」途中まで。
 夜、土屋と電話。23:30ごろ就寝

■12/23
 ・朝10時前に起床。甚だ気分が悪いのでナウゼリンを服用。水、プリン、東京喰種
 ・16時前より飲酒
 ・MPC2000の入手を画策

■12/22
 11時過ぎに起床。水。プリン、Twitterメンテナンス。引き続き東京喰種シーズン3(Re:)
 性欲がない状態なので、自分にとってセックスとは何であるのか?を書いてまとめておきたいが、難しい作業になるだろう。

 15時頃出発。園芸店へ。奥さんが「水栽培用の球根が欲しい」と言っていたので寄ったのだが、だいたいいつも思い付くのが遅すぎる。球根から育てる花は冬に開花する者であって、夏か秋に買っておくべきなのだ。
 その後、この地域では最も名の通った文具店へ。しかしプラチナ・プレスマンの在庫がないという事で絶句する。クソ田舎が。
 やはりこういう「当たり前にあるべきものがない」というのが、田舎に住んでいるストレスであり、本当に早く脱出したい。
 奥さんに、クリスマスプレゼントとしてノートを買う。

 帰路、大渋滞。クソ田舎で渋滞に巻き込まれるほど理不尽を感じる事はないのだが、今日はイライラせず。人生や時間に対する考え方が変わったようにも思えるし、あるいは「あと数カ月でこんな場所から抜け出せる」という安堵感が、私を落ち着かせているのかもしれない。

 コンビニでコールスローと明日のおやつ用のモンブラン購入
 今回、夕食は奥さんに任せる。私は相変わらず東京喰種
 サウンドハウスより絶妙なタイミングで「ポイント有効期限のお知らせ」が届き、ArturiaのBeatStepProを発注
 中古のMicroBruteを発注してしまった。15,000円弱
 22:30ごろ就寝
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月30日

人生の後半に「座右の銘」を得る、という残酷さについて。

Pop is dead.・「座右の銘って何かありますか?」という質問は、比較的一般的なものだと思う。

・私も、齢五十を目前として、ようやくそのような言葉を持つことになった。
・最近出会った言葉ではない。恐らく20年以上前に初めて眺めた言葉だ。
・そう。「眺めた」という表現が適切だと思う。文字列として認識はしたが、それを自分に当てはめて考えることなど、なかったように思う。つまり知ってはいたが、それから20年もの間、その言葉から目を逸らし続けてきた。

「おまえが思ってるほど、おまえはたいしたやつじゃない」

・これが、その言葉だ。

・つげ義春「紅い花」小学館文庫版に記してある。
・ただしこれは、つげの言葉ではない。糸井重里による解説文の冒頭に登場する一言である。

・最近、ふと思い出したのだ。この言葉を。どの本のどこに書いてあるかさえ忘れ去っていたこの言葉を。
・この歳になるまで、この言葉を自分に向けてこなかった自分の愚かさと、なんというか人生の残酷さのようなものを感じる。

・この言葉は、全ての人にとって真実である。そして、この言葉を自分に向けることから、全ては始まると言っていいだろう。

posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月22日

12/21記(日本人とドラッグ)

Pop is dead.■12/21
 10時過ぎに起床。調子悪い。中村茶
 東京喰種シーズン2、見終わる。梟と隻眼の梟、とくに後者の最期が確認できなかったので再確認が必要、と再見。ようやくシーズン3に入るが、やはりシーズン3は蛇足と言うべきか。
 Twitterメンテナンス。フォロワーが600人を超える。

 14時ごろ、手持無沙汰で酒が飲みたくなったので、奥さんとSEJに「おやつ」を買いに行く。

 車中、唐突にドラッグの話。奥さんはシンセとドラッグとの親和性が気になったようで「ドラッグはやらないでね」と。やらないやらない。僕には酒があるから、リスクを負ってまでドラッグはやらない。昔(25年程前かな?)まだ合法とされていた物を試したことがあるが、全く体に合わなかったし。そういえば20代に入ってから一時期、煙草も吸ってみたが、すぐにやめた。

 というか「チョコレートからヘロインまで」を読めばわかる通り、違法合法を問わず、依存性のある薬・食べ物の取り扱いで重要なのは「うまく付き合う」ということだ。
 うまく付き合える自信がなければ「やめておく」べきだろう。

 逆に、うまく付き合ってゆけるのであれば、マリファナでもコカインでもやればいい。見つかったら捕まる、そのリスクを背負えるのであれば。
 歴史や昨今の事例を見ると、阿片(モルヒネ、ヘロイン)や覚醒剤(メタンフェタミン)と人とは「うまく付き合う」ことは極めて難解に思える。だからやらない方が身のためだ

 日本人にとってドラッグが脅威なのは「どのようなドラッグが、どのような効果と副作用・依存性を持つか」を全く理解していないせいだ。

 帰りの車の中で奥さんに、ヒロポンと落語協会の話をする。

 お茶、エクレア。夕食はカレー
 東京喰種シーズン3(Re:)「羊たちの沈黙」「ハンニバル」そのままの場面・シチュエーションが出てくる。

 睡眠薬を飲み20時ごろに寝ようと目論むが寝られず、午前1時ごろ就寝した模様

posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月21日

12/13-20記

Pop is dead.■12/20
 9時ごろ寝覚めるが、11時半ごろまで床の中にいる。
 水、Twitter確認していたら13時を過ぎる。
 風呂。

 東京喰種。いったい何回見ていることか。酒を飲みながら見ていることも多いので、ディテールを思い出すために何度も繰り返し見ている。
 何度も見ていて「このシーンは冗長で退屈だな」と思うのは、カネキが殺し合いのコロッセオみたいなところに入れられるシーンと、ヤモリの拷問シーン。基本的に僕はグルメ(登場人物)が好きではないので、彼の登場シーンは全体的にあまり好みではない。トウカとの決闘などは面白いが。

 カスメリティ、乾燥ひよこ豆など届く。
 内科にていつもの薬処方。1時間待ちとの事で、コンビニでおやつを買って家で食べ、ゆっくりしてから再度病院へ。
 帰って、カレー製作。Hさん来訪の為に掃除など。
 結局、彼は都合が合わず来週来てもらうことになった(昼にキャンセルのメッセージを送ったらしいが未送信のまま残っていた由)
 飲酒は19時過ぎから。
 カレーについて、カスメリティを入手したので、それをどうにか活かせないか考える。
 22:30ごろ就寝

■12/19
 12時過ぎに起床。水。Twitter確認。杏仁豆腐、風呂、水。
 段ボール、不燃ごみをまとめる。
 15時過ぎに出て段ボール廃棄、帰りにKALDIに寄るがカスメリティはなし。
 スーパーにて「具材だらけ豚汁」のための食材と、明日のカレーのための鶏肉を買う。帰路、大蒜と生姜を買い忘れていたことに気付き、舞い戻って大蒜、生姜、ついでに黒霧を買って帰る。
 帰り、鶏肉の下処理。塩と酒を振り、1時間放置の後、水洗いし、一口大に切ってから再度水洗い。あーだめだ、一口大に切ってからペーパータオルで水を吸収するというのは、紙が破れて混入するリスクがある。水洗いは一回だけにすべきか。
 ひよこ豆のカレーをメニューに加えるべきか、迷う。
 Aさん推奨のマフィンは、悪くはないが食事のリズムを壊すような気がするので保留
 19:30ごろまで事業用Twitterメンテナンス
 あいかわらず東京喰種を見て過ごす。
 その後「図鑑に載ってない虫」少し見る(以前も一度見たが、過日、めいろさんに再見を強くすすめられたため)
 残っていたカッペリーニにてボンゴレの白を食べ、睡眠薬を飲んで22時ごろ寝る。

■12/18
 11:40ごろ起床。杏仁豆腐、水。事業用Twitterメンテナンス。
 C銀行解約。当座の生活資金を残してF銀行へ。スーパーで黒霧買い、灯油を買って帰る。
 16時過ぎに家を出てGさんと落ち合い、地元のレストランへ。料理内容あまりよくなし。
 帰宅し、酒を飲みながら、また東京喰種シーズン2を見ながら、Twitterメンテナンス。一部のtweetは、英語でも書こうかと思案。とりあえず、プロフィールに英語も入れておく。
 サッポロ一番塩ラーメンを食べて、0時ごろ就寝

■12/17
 12時に起床。水、杏仁豆腐、風呂、水。
 C銀行より振り込み限度額増額承認のメールくる。D銀行の5年定期にX万円を振り替える。D銀行は金利が良いのがメリットだが、支給されるカードがプラスチック製ではなく紙っぺら一枚というのがどうも。
 15時に来客(E生命)退職後の生命保険支払い手続き事前準備
 LSTYというハンドルネームと、事業主としての存在を繋げるべきか悩む。一般的にはつなげるべきではなかろう。Twitter(現状はプライベート設定)での事業用アカウント告知にとどむるべきだろう。
 FMトランスミッタを使った音声配信実験を行う。遮蔽物がなければ、6〜7mは飛ぶようだ。ただし、人体が遮蔽物になる可能性があり、その場合は発振器を部屋の天井あたりに付けることが望ましい。
 クリームシチューを作り、食べて、0時ごろ就寝

■12/15-16記載なし
 LSTYというハンドルネームと事業とのつながりについて、明らかにしない方が穏当と考え、YouTubeの設定を変更

■12/14
 15時にようよう起きる。調子悪い。

■12/13
 昨夜は0時ごろ就寝、11時ごろ起床。まず中村茶を飲む。
 店を開業するにあたって「回転」をどうするかについて、悩む。 
 FMトランスミッタと、FMラジオ内臓のMP3プレーヤを買ってみる。
 Webにて東京での住居探し。好物件があったので取り敢えず問い合わせたところ、4月末入居として今から物件を抑えるのはほぼ無理、とのこと。そりゃそうだろうな。年始にでも物件を確認し、そこで決めてしまうというのも手だな。無駄にはなるが、入居前の1〜2月分家賃を払う余裕があれば。
 夕刻から来客の予定あり、急いで掃除、片付け等々を済ませ、どうせならカレーを少しでも食べてもらおうと30分の高速でカレーを作る。
 しかし、私の思い違いで、来客予定は来週の金曜であった。まったく。
 Aさんがカレーに合うと進めてくれたマフィンがスーパーにあったので入手
 Bさんより、カレーに、というより私の飲食に対する姿勢に対して強いダメ出し。かなり手厳しいが、もっともである。飲食を舐めていた自分の意識に気付く。
 Twitter、YouTubeで午前6時まで起きていた。良くない。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月17日

ゆめうつつ

Pop is dead.・朝、奥さんが仕事に行くとき「行ってきます」という。僕は力なく、手を振る。
・その時から「夢うつつ」の時間が、3時間以上続く。
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月15日

Webに失望したものの。

Pop is dead.・YouTubeも、事業用にして「LSTY」というハンドルネームとの紐づけを無くした。
・無くしたままでいいのか、いつかつなげた方が良いのか、よく分からない。

・にしても、薬の所為か、性欲がない。
posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月13日

12/5-12/12記

Pop is dead.■12/12
 昨夜は結局午前4時ごろまで起きていたようだ。よくない。12時過ぎに目覚める。
 何もする気が起きないが、不動産会社へ賃料の前払いに赴く。物件は1月頃から空きが出始めるとの事。現住居の間取り図をもらい、関東の方へ話を通してもらうよう頼む(結局ネットで調べることになりそうだが、ポイントがたまっているので12万円程、家賃の割引があるようだ。それはありがたい)
 帰宅後、事業用Twitterのメンテナンスなど。300フォロワー超。100人に一人が常連になってくれるとして3人か。職場を離れてから、まずはPRに本腰を入れたい。
 クラウドファンディングも視野に入れたいが、失業保険受給中のクラウドファンディング実施は違法になるのか?しかし失業保険受給月数が5カ月として5〜9月。10月以降であれば問題ないわけか。
 リターンとしてはおなじみの「〇か月のタダ券」から「指定のシンセサイザー一日占有権」、「店貸し出し権(夜営業・定休日。機材は全て使用可。ただし飲食物の提供はこちらで管理し、その売上もこちらに入る)」などが考えられる。
 複数の人間・機材で合同で音楽を楽しみたいというニーズもあり、その方法についても考えるが、一方でシンセに興味のない客や、周囲の店等に迷惑をかけたくないという思いがあるので、一定以上の(BGMと感じられる以上の)音量の音を出す、という事は避けたい。FMトランスミッタで音を飛ばして、各自にラジオ(MP3プレイヤにラジオが組み込まれているものが3,000円程度で入手可能)を貸与する形にしてはどうかと思う。イヤフォンも3,000円程度として、DJイベントも視野に入れると最低でも20名分×6,000円=120,000円。この金額はは馬鹿にならないが。

■12/6〜12/11まで特に記録なし。
 起床時間は11〜12時。就寝時間は22〜0時といったところか。多少は改善していると思う。
 外科への通院(消毒+絆創膏交換だけで390円!)や、銀行口座新規開設、現有口座の整理、またヤフオクでの取引等(ヤフオクはもうこれで完全に打ち止めかと思う)
 その他、店を開業するには必須と考えていたYAMAHAのVA音源、FM音源を購入(FM音源はラックマウントタイプしか持っていなかったので、買い足しになる)
 さらにこれも必須と思っていたKORGのMS-20miniを購入。これで所有する音源の数は20台となった。もう少し増えるだろうが、なんとか格好がつく程度の品ぞろえになった気がする。
 12/11はカレー製作。いつもと違うスパイスを配合してみる。完成後、一服したところでB氏から呼び出しの電話。急ぎトッピングにと考えている「こってりソース」を作り、カレーとともに持参、21時過ぎより某バーに飲む。B氏より飲食業界の厳しさについて諭される。ただ、私の事業は業態が業態だけにどうなるのか全く分からない、というのが本音のところ。色々教えていただいた上、御馳走していただいた。ありがたい。鬱だということで、結構気に掛けて頂いているようだ。僕は、多分自殺はしないと思います。奥さんがいる限りは幸せだから。まあ、突発的に希死念慮が強く表れて死ぬ可能性も、ゼロとは言えないけど。
 そういえばAmazonプライムで映画「葛城事件」を見た。総合して大した作品ではなかったが、三浦友和が自宅の庭の木で首をくくろうとして失敗し、そのあと平然と自宅の居間に戻ってコンビニのとろろそばを食べるシーンなんかは良かった。
 その某バーの内装費用等も参考に教えてもらう。そういう関係の友人・知人がいるのは大変ありがたい。

■12/5
 11:30ごろ起きる。歯磨き、水、マンゴープリン、風呂、冷水
 不動産会社へ退去時の賃料先行納付の件、および給湯機器異常について連絡
 A銀行へ、個人名義、個人事業主名義の口座開設について問い合わせ。同行では一人二口座まで持てるとのことで問題なし。
 段ボールを捨てに。この時ばかりは、ロードスターのラゲッジスペースの狭さに呆れる。110サイズの段ボールがギリギリ入らない絶妙な狭さ!
 コンビニにてコールスロー、スーパーにて青紫蘇一束買う。
 少し久しぶりにツイキャス配信する。
 計量カップ、三脚など届く。三脚やっと買った。これで動画配信がどれだけ楽になることか。
 夕刻、ガス業者来る。エラーコードを見る限り基板交換だけかと思ったら給湯機ごと取り替えるとの事で、大変なことになってしまった。
 そんなわけで、作業の終了を待ち、19時過ぎから飲酒。食事もすべて終わり、睡眠薬も飲むが午前1時を過ぎても眠れず。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月08日

鬱・仕事・酒

Pop is dead.・僕はこの夏、精神科で「中等度の鬱」と診断された。たしかに、症状は重くない。
・外出不安はないし、副作用でふらつくようなことも最近はなくなった。

・ただ「〇時にどこに行かなければいけない」とかいう時にはストレスが出るのか、吐き気の予兆を感じることが、たまにある。
・しかし制吐剤(ナウゼリン)を飲めば収まる程度なので、大きな支障はない。

・また「人と会う予定がある」時にも、念のため制吐剤を飲むようにしている。

・ただ、元の職場に戻れば絶対に再発するだろうな、という予感はある。もちろん今までとは違うポストに就くとしても、重大事が起きれば駆り出されることは必至で、そこでまた再発する(そしてその「重大事」は今後数年のうちに必ず起こると確信している)

・だから「田舎に住むストレス」ってのも大きいけど「仕事上のストレス」もかなりあったんだろうなあ、と思う。
・何年も前から毎日、出勤前に何度もえずいてたし。やっぱりあれって、職場に行くことへのストレスだったんだなあ、と今になって気付く。

・当時は「酒の所為かな」と思っていたんだけど、仕事のストレスだったんだな、結局

・酒と言えば、長期の休職が決まった時、僕が一番懸念していたのが連続飲酒だ。起きて朝から飲み、酔って寝て、また起きたら飲む、という最悪のパターン
・実は15年ほど前にも精神的に不調な時期があり、その時はほぼ連続飲酒に近い状態だったと思う。飲んでるか泣いてるか寝てるか、の生活だった。

・ただ、その点に関しては今回は、わりとコントロールできているつもり。重度のアルコール依存になって、酒が飲めなくなったら最悪の人生じゃん。だから、僕は「酒を飲み続けるため」に、自分をコントロールしている。

・一応以前「飲み始める時間は19時から」と決めていたけど、最近は18時ごろから飲んでる。
・以前は「あー今、15時か、酒まであと4時間もある」とか考えながら過ごしていたけれど、不思議なことに最近はそういう事はなくなった。19時を過ぎて飲まないこともある。逆に16時くらいから飲むこともある。
・というわけで「19時ルール」は守れていないけれど「何もすることないから酒を飲むか」という事があまりなくなった。「はい、今日も一仕事終えた」と思い、ほっとして、黒霧を割るためのお湯を入れる、という感じ。

・まあ、酒とはうまく付き合ってゆきたいと思う。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月05日

11/30-12/4記

Pop is dead.■12/4
 昨夜、あまり寝られた記憶がないが、9時過ぎに寝ざめ、10時ごろ、床を出る。
 目じりの傷、出血いまだ止まらず、外科医に受診す。医療用ホチキスにて患部縫合

 業務用食品取扱業者数社に電話にて卸価格の概算を確認。おおかた予想通りの掛け率であった。

 15時前、A生命の営業来訪。保険内容は今まで通りとしておく。

 今日はカレーを「もっともスタンダードとなるであろう原料と分量」で試作するため、買い物へ。Bという廉売を看板にしている店に行ってみるが、対して廉くもなし。Cで78円/缶のカットトマト等買って帰る。
 帰宅後、スーパーの特売価格を含めて再度原価(材料費率)を精査。やはり1食900円が妥当な線か。
 調理下ごしらえし終え「鶏肉のつみれ チーズ入り」とかいうチルドのつまみで飲み始める。なんというか「貧しい食べ物だな」と感じる。焼海苔なんかで飲んでいた方がずっと高雅だ。

 退職時、およびD銀行解約時の資金運用をどうしようかと考える。恐らく今後は、E銀行(個人預金)、F銀行(個人、個人事業主)、G銀行(定期預金)、H銀行(個人預金)、I銀行(個人預金)の5行6口座に分散する形になろうが、E銀行とF銀行のバランスの取り方、タイミングが難しい。
 F銀行については休日営業のある銀座支店に口座を開きたいが、現地へ赴かねばならない由。まあ、退職金等々が入ってくるのはまだまだなので、それまでに東京へ行って手続きすればよいか。それまではE銀行とI銀行をメインでで考えましょう。
 
 奥さんとカレーを食べ「まろやかすぎる」との感想。では原料Jは抜くレシピでいこう。代わりに「こってりトッピング」を用意するか。
 午前0時ごろ、就寝

■12/3
 11時過ぎに起きていつもの通り。ただし今朝はフルーツみつ豆を食べる。
 風呂、事業用Twitterのメンテナンス、ヤフオクでの機材発掘、40人前のカレーを作るダンドリ等々。主原料の価格をどれくらいまで下げられるのか、扱い業者に電話してみたが、営業担当不在とのこと。
 挽肉、大根、葱、豆腐と冷蔵庫に残っていたもので中華風スープを作成
 16時前から飲む。
 段ボールか何かにつまづき、目じりに傷を負う。大した事はないと思ったが、血がぎょうさん出る。
 20時ごろには寝た模様

■11/30
■12/1
■12/2
 特に記録なし。恐らくダラダラ飲んで過ごしていたのだろうと思う。解放感と今後への期待、そして職場で退職が周知されるまでの間には何もできない、という焦燥感があり、少し不安定。Amazonプライムにて「あぶない刑事」見る。
 12/2に、黒霧とつまみ、夕餉を買いに行ったきり、外出はせず。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年12月02日

きみたいにきれいな女の子

Pop is dead.・「人生で、もう出会う事はないだろうな」と思うような美貌を持つ子と、二度、恋に落ちたことがある。
・ただ彼女たちは「見た目だけで言い寄られる」とか「老い」に対する恐怖心が強い。

・僕は運よく、男前でもない普通のオッサンなので、そんなこた関係ないんだけど「もてるのも大変なんだろうなあ」とか「現状が美しければ美しいほど、それが崩れることに対する恐怖デカいんだろうなあ」とか思った。

・ピチカートVはそういう「チヤホヤ」から「ほってけぼり」になってくような感覚を絶妙について、いい歌を出してるね。

posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月29日

11/27-29記(大切な区切り)

Pop is dead.11/29
 11時ごろ起床。歯磨き、水、プリン、風呂、水。
 LINEの新着メッセージ、どうせいつもの広告だろうと思ったら、○○からの好意的なメッセージだった。良かった、一旦赦されたのだ。安堵感と幸福感に包まれる感覚。これで約半年間にわたる胸のつかえが取れた。
 昨日から、店舗で使用するための機材を探しては買っている(主に生産終了品)
 店舗で使用する設備等の価格を調査。Amazonを参考価格にすると調理用設備110万円、PCを含む事務機で20万円ほど。冷蔵庫類はホシザキにしようと考えているので、その交渉によって変わってくる見込み。あと設置費用か。電気設備も含めて150万円程度には抑えたい所
 夕刻より職場へ。月例の手続きと、上司・人事担当との懇談。結果、退職願を提出して辞す。
 母へもその旨報告。一旦、全てがきれいになった。ここからスタートできる。
 映画「恋は雨上がりのように」見始める。

 とにかく、スタート地点が今と決まった。これからは、好きなように生きられる。
 好きなように生きるという事に、どれだけの苦労が要るのか、それはこれからの問題だ。
 ピェンローの残りを食って寝るか。

11/28
 11時過ぎに起床。気分は悪くないが、気力なし。
 水、風呂、水、服薬、コーヒーとシュークリーム。間違えてシュークリームを食べる前に薬を飲んでしまった。昨夜の泥酔ツイキャスチェック。特に問題なしと判断す。
 郵便局へ、職場へ納付するための現金引き出し。ドラッグストアにてうがい薬とプリン
 帰ってダラダラする。中村茶がうまい。下手な玉露よりも力強く、かつ安堵感を与えるような甘み、旨味がある。
 現預貯金及び有価証券を含めた総資産を再度精査(4月末時点の想定で、総資産額**百万円、内、利用可能資金**百万円)
 椎茸をもう二日間も水に浸けているのでさすがに取り出し、ピェンローの下準備。その後、16時前から飲む。
 サルタナ(独立して起業しようとしている店舗)に関して、とりあえず17時終了にして、様子を見て「ちょい飲みタイム」を展開しようかと考える。
 万願寺唐辛子の付け合わせは、席に常時おいておいて、各自が取る形式にした方が良いと感じた。スプーン、紙ナフキン、ウェットティッシュ、お代わりの水も同様。
 客が着席時には、テーブルシート(B4、店内システム解説付き)、コップ一杯の水、ウェットティッシュ1を置く感じ。そうそう、シンセ試奏ゾーンには、2台に1個の割合で、アルコール除菌のウェットティッシュを置くこと(イヤフォンの消毒用)
 イヤフォンの持ち込みは可としようと思うが、その他機材(イコライザ含む)の持ち込みは禁止としたい。
 オンラインで店舗名の商標登録を申請。10万円ほどかかるが、まあここはプロに任せておこう。
 夜、独立する旨、○○に伝える。既読にならず。

11/27
 11時過ぎに起床。歯磨き、水、カレーの原価計算を小売ベース単価で一旦完了。全体を75掛けにまで収めれば、300円、すなわち売価900円の30%に収まる(付け合わせは含まず。付け合わせは各自1ではなく、牛丼屋における紅生姜的な扱いにしてはどうか)
 プリン、服薬、風呂、冷水。
 酒についてブログに書く。
 年末調整等、必要書類の記入完了
 母からの手紙と、傷病手当の給付通知が届くが、手当金の多さに驚く。休職前と比べて、預貯金の合計額は明らかに増えている。これでは焼け太りだ。
 その後も母と何度かやり取りの末、なんとか独立に関していやいや承服してくれた模様
 夜、衝動的にYAMAHAのVA音源をヤフオクで落札してしまう。歴史的音源なので、用意しておきたかったのだ。
 チャリーモさんのYouTubeライブを聴き、カッペリーニの猫まんま風(カツブシや醤油やマヨネーズやらをぐちゃぐちゃに入れる)を食べて寝る。23時ごろには寝た模様
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月27日

黒霧常用者の告白

Pop is dead.・理想的な飲酒の作法というか、時間帯と飲み方というのがある。休日、家族で食事に行った時にワインを1杯か2杯、夕食時にビールを中瓶1本ほど飲んで、書斎で一人、スコッチのロックを飲む、みたいなこと

・ただ僕は、これができない。昼、下手にイタリア料理店に行って飲み過ぎたりしてしまう。
・それに「食事をしながらビール(酒)を飲む」という事に抵抗がある。いや、外食時には良いんだけど、家庭の食卓で「白米を前にして酒を飲む」という事に対して、ひどく抵抗があるのですね。外食で、コースを食べる場合などは、和食ならご飯は最後に出て来るし、洋食ならパン、パンであればワインとも調和する。

・だから定食屋なんかで、御飯物とビールを一緒に頼む人の神経が知れないんですね。個人的嗜好の問題ですが。
・それで思い出したんだけど、浅草に「あかし」という天ぷら屋がある。ここの昼のコースは、廉くて質も良いという事で、開店前から列をなすほどの店です。で、昼なので大方の人は天ぷらでご飯を食べる。ので、最初に御飯が出てくる。でも僕は天ぷら屋、寿司屋では日本酒を飲むと決めているので、燗のお酒を頼んだ。
・で、お酒が席に来た時、店主がちらっとそれを見、「御飯下げて」と言ったんですよ。僕は「いや、良いですよ」と言ったのだけれど「下げて」と言って譲らない。「良い店」っていうのは、こういう店ですよ。酒飲みのことが分かってる。

・で、うちの場合は特殊で、奥さんの帰ってくる時間が遅いので料理は僕が作る。僕は18時ごろには確実に飲みに入ってるので、大抵は、飲んだ後、酔っ払いながら作ることが多い。酔う前に下ごしらえをしていても、仕上げをする時には酔っているし、それまで若干のつまみを食べているので、量はあまり食べない。
・その後、泥酔するまで飲んで寝る、というのが今までのパターンだった。

・と、いうわけで冒頭に書いたようなスマートな飲酒ということが、実践できていなかったし、今もできていない。

・20代から今まで、酒を完全に抜いた日というのは100日もないのではなかろうか。仕事から帰ってきたら湯を沸かして黒霧島のお湯割りを飲む。休みの日、起きて何もすることがなければ、湯を沸かして同様に飲む。
・これは完全にアルコール依存症の症状ですね。「何もすることがないから飲む」というのは、完全にアディクトしている状態です。

・で、僕は旅行などに行った場合には、夜、そんなにたくさん飲まないってことがある。ビール一杯に日本酒一合くらいで寝ることがあるわけです。で、そういう時は物凄い量の寝汗を書く。これはアルコールの「離脱症状」と言って、中毒者からアルコールが抜けてゆく時の身体反応なんですね。

・というわけで、僕には「自分はアルコール依存症だ」という自覚があります。

・なので、今回、鬱病との診断が下って長期休暇を取るにあたって心配したのは「自分は『連続飲酒』に陥るのではないか?」ということでした。
・連続飲酒というのは、朝起きて飲む、泥酔して寝る、また起きたらすぐ飲む、寝て起きて飲む、という、起きている時には常にアルコールを摂取してしまうというようなことです。

・昔一時期、そういう事があったので、長期休暇が仇になって連続飲酒に陥り、廃人化するのではないか、というのがお金の問題以上の、最大の恐れだったのかもしれません。

・なので「飲酒は19時から」というルールを一旦決めました。

・実際、それに近い時期が短期間ありましたが、どうもこの一週間ほど「飲みたい」という気持ちが薄れたというか、例えば今15時だけど、今までは「飲めるまであと4時間か」という風に考えてた。
・でも今、そういう感覚があんまりないわけですよ。ただ「19時から」ってルールは破ってますけどね、早ければ16時頃から飲んでる。でもアルコールに対する欲求が弱くなってる、という実感はあります。
・そういうわけで、私が最も危惧していた「連続飲酒」というのは回避できている状況ですね。

・なんでだろう。料理の下ごしらえとか終わって「さあ、一服しよう」と思って黒霧のお湯割りを作って書斎に入って「あー、そうだツイキャスでもしようかな」と思ってツイキャスを始めると、結局30分しゃべりっぱなしなので、お酒も一口二口しか飲めない。
・今までは酒が目の前にあると我慢できなかったのに、なんでだろうね。

・もしかしたら抗鬱剤等の副作用かも知れないし、あるいはストレスが軽減されたために「この世から逃避したい」という欲求が弱まっているのかもしれない。

・そんなわけで、お酒とは今のところ、うまく付き合えている状況ではあります。

・以下蛇足なうえ、尾籠な話なので飛ばしてください。

・そうそう、鬱の絶頂期の2週間くらいは、物が食べられなくて、清涼飲料水とアルコールしか口にしていなかった。連続飲酒にも近い状況だった。そういう生活をしているとウンコが出なくなるのね。水便というか、胆汁がそのまま出てる感じ?
・最近は一応食事をしているので、起きてしばらくするとウンコが出る。「ちゃんとウンコが出る生活」というのは幸せなものだなあ、とか思いますね。

posted by LSTY | Comment(0) | 酒・酒肴・食べ物 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

11/22-26記

Pop is dead.11/26
 12時前に起床。歯磨き、水、プリン、薬、中村茶。昨夜の泥酔ツイキャスをチェックするが、傍目には酔っているようには感じない。
 風呂。吐き気があるため、ナウゼリン服用。
 ピチカートV「きみみたいにきれいな女の子」を××に送りたいと思ったが、やめておく。頭脳明晰な上に美貌に恵まれているのに何故ああも厭世的になるのか。たしかに、厭世的でない人間というのは大概バカだったりするのだが。
 なぜか思い立ってCD棚の整理(なぜか、というかツイキャスのことが念頭にあったのだ)
 時間が余ったのでCD棚の四段目をツイキャスで配信
 夕刻、通院。治癒が遅いとの指摘あり、抗鬱剤追加
 帰ってCD棚五段目ツイキャス。無理な姿勢と喋り通しで疲れる。
 ウィンナーがつまみ(このままでも食べられます、と書いてあって、逆に怖いな、と思う)
 昨夜の残りのナポリタンを食べて寝る。

11/25
 12時ごろ起床
 郵便局でヤフオク出品物発送後、某所の狭い駐車場でこすった車を直すべく、マツダへ。ほぼ完璧に仕上げてもらった。さすがプロ。ありがたい。
 帰宅後、コンビニのつまみを食べながらダラダラ飲酒。食事を作る気力もなかったが、22時ごろ、急に奮起してナポリタンのようなものを作成、奥さんと食べる。
 郵便局へ出かける前、飲酒前、泥酔後の料理(ナポリタン)と3回ツイキャス配信

11/24
 12時ちょうどに起床。13時過ぎに外出。今まで起床からのアイドルタイムを2〜3時間は設けていたので、制吐剤を飲んでいても少しきつい。
 通して2時間余り、座っていられるかと心配だったが、快楽亭ブラック師匠の会に行く。まくら二つに「道具屋(松竹編)」、中入後「小判一両」初めて聞いた話だが、絶品だった。今まで聞いた師匠の高座で「文七ぶっとい」「一文笛」に並ぶ好演
 打ち上げには出ず、師匠に「落語版『ギルティ』ですね」とだけ伝えて帰る。
 帰途、奥さん向けにサヴァランを購入
 帰宅後すぐに圓生百席の目録を確認し「小判一両」が入っているものを中古で注文(圓生百席は七割方持っているが、ちょこちょこ抜けている。この作品も抜けていた)

11/23
 タルコフスキー「サクリファイス」見る。久しぶりに長くて退屈極まりない映画を見た。町山智浩氏の解説も有料で購入

11/22
 12時少し前に起床。歯磨き、水、杏仁豆腐、白湯、風呂。
 カレーの原価計算を、これまではノートに書き留めていたのだが、埒があかないのでGoogleスプレッドシートを使う。四則演算まで関数というのには参った。
 しかしふと「俺、こういう仕事ばかりやってたために鬱になったんだよな」と思い直し、そっちは小休止

 某所へ、昨日作ったカレーを届けて帰る。車こすった。でもカレーは絶賛だったらしく、プラスマイナスゼロだね。
 自分が作った料理を第三者から褒められると嬉しい、と実感。もう何年も前になるが、○○君に「これ、めちゃくちゃ美味いじゃないですか!LSTYさん、料理上手いですね!」って言われた時の感覚を思い出した。



・下記アルバムに所収
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月26日

LSTYの本棚探訪(もいっちょ追加)

Pop is dead.(10/15に公開。11/25にさらに動画を追加しましたので、トップに持ってきました)
・本棚をさらす、というのは己の愚かさを暴露してしまう事でもあるが、その人となりを知ってもらう良機会であろうと思う。
・というわけで、暇にかまけて家中の本棚を撮影して回った。
(酔って変なこと言ってたりしますがすいません。なんで清水アキラがバッハ弾くんだよ!とか、持ってる和漢三才図会は3冊じゃなくて4冊だろ、スペインの宗教裁判か!とか)

pt.1 いきなり秘密基地!



pt2. 寝室



pt3. 廊下
その一


その二


pt.4 謎の棚


pt.5 書斎のDVD


pt.6 書斎のCD 四段目


pt.7 書斎のCD 五段目



まだ続く予定です。
他にもありますが、更新するかは気分次第

他にもあるので、ツイキャスもよろしくねー!→LSTYのアレ
posted by LSTY | Comment(0) | | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月22日

11/21記

Pop is dead.11/21
 8時すぎ起床。昨夜12時間には寝たはずだが、気分甚だむすぶれず。喉痛く、血痰。嘔吐
 とにかく寒い。風呂に入りて九死に一生を得る。
 金融口座取りまとめのため名古屋に行く要件があるが、行くべきか悩む。
 白湯、杏仁豆腐。少し落ち着く。大丈夫だろう、という体調になったので、名古屋へ出発
 ○○銀行にて××銀行時代からの休眠預金解約。X万円ほど
 各氏推薦の某店にて、はちみつバターチキンカレー、マンゴーラッシー、いずれも濃厚すぎ、特にカレーはギトギトで妙に甘く、食べた後に吐く。
 他にどこに寄る気にもなれず、帰途へ。天皇陛下伊勢へ移動とのことで名古屋駅は大混雑。ただしダイヤの乱れなし。
 帰るとカシューナッツのペースト届く。しかし今回は昨夜から仕込んだカシューナッツを生姜・大蒜とともにフードプロセッサーで「おろして」使う。
 カシューナッツと鶏肉のマリネのみ、昨夜仕込み、今日の調理時間は40分ほど。前記の「某店に負ける気がしねえ」と息巻いて味見をすると明らかに水っぽく、一瞬とまどったが、塩などを入れ忘れただけだった。いつも通り、安定の仕上がり。
 現有資産を再度精査。母より、父母の遺産および株式には手を付けぬよう通達。その場合、退職時の現預貯金はY万円程となる。これでなんとかなるか。
 家賃+水道光熱費等で15万円/月、食費5万円/月、保険・税金で9万円/月と考えると、1年で約350万円は必要になる。失業手当、アルバイト等でしのぐとしても、自己資金はY-Z万円ほどとなる。銀行からの借り入れを含めばなんとかなるだろうか。
 元後輩の社労士、△△氏に電話。傷病手当を長引かせた方が、失業手当よりも有利なのではないかと、貴重なアドバイスを貰うが、良心に照らして、よく考えることにする。
 同じく彼とジェンダーの話など。愉快
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月21日

11/13-20記

Pop is dead.11/20
 退職願を印刷。中屋のアガサクリスティ(もどき)で署名すべきか、149にすべきか悩む。
 Amazonでドラマ版「沈まぬ太陽」を見続けている(おそらく今週の初めごろから)
 夕食はピェンローを作るが、さだに食欲もなく、コンビニの惣菜をつまみに飲んで21時前には寝る。

11/19
 1240ごろ起床。水、プリン、風呂
 1400に出、伊勢市駅前で○○さんを乗せて外宮、内宮巡り、赤福を食べて会場に送る。××さんに挨拶して帰る。
 夕食を作る気力なく、蕎麦を茹でて食べる。

11/18
 Amazonで北朝鮮に関するドキュメンタリーを見るが、普通の日本人であれば知っていることがほとんどで、得るものなし(長崎原爆の方が、広島原爆よりも大威力だったことを知らず、そのことを恥じる)
 △△さんより、カレー店出店について色々アドバイスを貰う。ありがたい。
 夕食は豆腐と白菜の生姜スープ

11/17
 映画「怒り」見る。そこそこ(全く期待していなかったので、期待は上回った)
 夕食は奥さんとミスタードーナッツの飲茶。秋冬・春夏のメニュー変更時にはだいたい行ってる。

11/16
 無印良品で小津安二郎の本を買う。マンゴーラッシーを買ってきて飲む。
 YouTubeに割とちゃんとした音楽動画を上げる。
 東京へ転居後のことについて考える。店舗の賃借はオリンピックが終わった10月以降にすべきと思われるが、その前に、出来れば個人経営の飲食店で働いてみるべきかと考える。一方で、物件の物色、少なくとも出店すべきエリアをいくつかに絞っておきたい。だから平日の特に昼間は市場調査に力を注ぎたい。
 また、失業手当とバイト代との兼ね合いもあろうし、これは今後の検討事項

11/15
 Amazonより、引当金の問題は「システム上のエラー」だったとの説明あり。次回の支払いタイミングで入金される由
 エクレアパン食べる。うまいものではない。
 散髪(2mmバリカン)
 カレーの調理過程をツイキャスで中継。レシピの詳細は秘匿すべきかと思い、そのために下ごしらえには少し気を遣った。また画角調整にもかなり苦労した。
 しかし縦型動画になってしまったことが気に食わず、結構な手間をかけて横長に加工してYouTubeに再アップする。
 23時過ぎに就寝

11/14
 現預貯金、退職金、車の販売価格、有価証券、その他を含めて資産額をまとめる。
 痩せたと言われたので、朝食(プリンの類)と夕食に加えて間食をしようと思い、コンビニでマロンクリームのコロネを買ってコーヒーと食べる。うまい。
 ロードスター1年点検。待ち時間に「ここはおしまいの地」と「サバイバル組織術」読む。
 スーパーにて「エクレアパン」なるものを購う。万願寺唐辛子の代用にならないかと獅子唐、ピーマンを用意
 明日、作る予定のカレー仕込み
 
11/13
 昨夜は23時ごろまで起きていた模様
 12時ごろ起床。頭痛。吐き気はなし。水。そういえば昨日、プリンを買い忘れた。
 コンビニでプリン等々を買う。
 昨日、同僚に「痩せたね」と言われたので体重を図ってみたら、休職前と比べて5〜6kg痩せていた。1日基本1食しか食べていないし、間食もしないのでそりゃ痩せるわな。
 蕪、ブロコッリー、セロリ等のポタージュを作ろうと料理を始めるが見事に失敗する。
posted by LSTY | Comment(0) | 鬱病罹患記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月19日

「趣味を仕事に」という言葉について、僕が思うこと

Pop is dead.・「趣味を仕事に」よく聞くフレーズ。僕の子供の頃の夢は「おもちゃ屋さんかお菓子屋さん」だった。
・しかし私が大学生だったころは「就職氷河期」と言われた時代で、とにかく内定の出た職場に就職するのがやっとのこと
・とはいえ、今の職場に入るにあたっては「大学の友達に『うける』職場に就職しよう」という気持ちも強かった。「え、お前、XXに就職するの!(笑)」というリアクション欲しさに決めたような気もする。

・で、なんか結果的に子供の頃の夢にまあ近いような業界に身を置くことになった訳です。
・しかしね「趣味」を「商売」にすると、その「趣味」のことが嫌いになる、ということがよく分かった。

・つまりその好きなことの裏側、汚い部分が分かってしまうので、嫌になってくるんだよね。しかも、組織に属する限り、その「汚い部分」を取り除く事は非常に難しい。労務に関する問題なら労働組合が解決に向けて動いてくれよう。しかし、商売の根幹にある「汚い部分」これは違法/順法にかかわらず、忌むべき現実を受け容れ続けなければいけない。

・だから「憧れの業界」に入ってみたら、中身は散々だったという事が、よくあると思う。

・あとは個人事業主として起業する方法もあるんだけど、ここにはリスクが付いてくる。だいたい、新卒で起業できるような資金力と企画力、プレゼンテーション能力の高い人間など、日本に何人いるか。

・でまあ、29歳まで趣味とは関係ない仕事で働いて蓄財して「趣味を仕事に」してみよう。多分、失敗するよ。「趣味は仕事じゃないから趣味なんだ」ってことを思い知ると思う。

・で、僕は今「シンセサイザーと(北インドっぽい)カレーの店」をやろうとしてる。シンセも趣味だ。料理もまあ、趣味というか好きだ。でもいわゆる「カレーマニア」みたいな感じではなく、カレーについて実はそんなに思い入れはない。

・じゃあ「カレー屋」を何で選んだのかというと「骨法さえ知れば、ごく短時間でそこそこうまいカレーが作れる」と知ってしまったからですね。

・一方シンセの方は、これは割と純粋に趣味の範囲ですよ。でも、自分がシンセを使って何か演奏するとかね、そういうんじゃなくて「シンセサイザーのユーザーを拡げたい」んだよね。だから、カレーを食べに来たお客さんが、一定時間、シンセを好きにいじれるようなスペースを作りたいなあ、と思った。
・自分で演奏するわけじゃないから、嫌いにもならない。今まで通り、シンセ好きの不器用なおじさんで居られる。

・ちょっと蛇足だけど、僕が作るカレーは「手抜き」ですが、うまいです。そして「化学調味料」無添加です。そこは守る。味の素が日本人の味覚を破壊した、という感情があるので(ただこれは、ただの感情であり、感傷だ。事実を裏付けるデータなど持ち合わせていない)

・で、まあシンセはねえ、触ったことない人に触って欲しい。アナログシンセなんか、マニュアル読まずに大体の感じでいじれるから。で、シンセっていうのは僕の商売においては「付加価値」に過ぎないので、事業の根幹には触れない。なので、趣味のままで居続けてくれよう。

・そんなこんなで「趣味を仕事に」と考えている人は逆に「仕事にしてしまったら、趣味が苦痛になりはしまいか?」という事を一度、考えてみた方が良いと思います(当然その前に「この趣味を仕事にしただけでオマンマが食えるだけの稼ぎができるのか」って検証が大前提ですよ)

posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク

2019年11月16日

お初天神の境内に「常夜燈」があったころの話

Pop is dead.・子供の頃、父母と「常夜燈」というおでん屋に何度か行ったことがある。
・あの店が、まだお初天神の境内にあった時代だ。
(中島らもの著作に出てくる「常夜燈」は、多分あの時代の店だと思う)

・あの店も、どういうわけか分かれてしまって、梅田と、中津に二つの店がある。いずれも佳いおでん屋だが、中津の店(豊崎本家と名乗っている)の蛸は見事だった。

・で、その昔の話だが、我々が食事している時に、何人連れかの客が入ってきた。それを店は「今日は満員ですんで、すんまへん」と言って断った。まあ、よくある話だ。

・その時、父がたしか「あれ、ヤクザやな。」と一言言ったのを覚えている。
・確かに、店の中を見ると空席はまだある。相手を見て「この店に入れていいかどうか」を判断した上での「NO」だったということか。
・子供ながらに「店を『守る』というのはこういう事なのか」と感じた。

・自分で店を持ってみよう、と考えたときに、このことをまた思い出した。
・「店を守る」という「この店にふさわしい人にだけ入ってもらう、そして店もその期待に応える」という事は、なかなか難しいものなのだろうなあ、と漠然とではあるが考えるのだ。

・こういった逸話は三谷幸喜脚本のドラマ「王様のレストラン」の第一話にも出てくる。飲食業で、特に接客をやっている人には是非見て欲しいというか、見なければならない作品だと思う。
(実際、田舎に住んでいると、そこそこ格式の高いレストランでも、接客の内容がひどすぎる、というケースはままあるのだ。例えば今日の料理について詳しく説明できない、皿数を合わせるという基本的な考え方を知らない、など)

posted by LSTY | Comment(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク