2008年09月22日

9月中旬日記(禁断のカプセルプラレール)

Pop is dead.
Pop is dead.・以前から、トーマスのカプセルプラレールは買っていて、自宅のPC周りにオレ鉄道をひいている。
・ところが今回ついに、トーマス以外のカプセルプラレールに手を出してしまった。最新シリーズの「ファステック360S編」の中に、ポイントレールがある。これが目当て。

・カプセルプラレールを買い始めると、このシリーズの二つの問題点に気付く。

・まず「曲線レール不足」。
・カプセルプラレールの曲線レールは、16本で円を描く。つまり最低16本の曲線レールがなければ、ループは出来ない。これだけ揃えるのは相当大変なのです。
・最初の方は列車目当てに買うんだけど、買い続けてゆくうちに「レールが足りない」ということに気付く。普通レールが入ってるカプセルは「はずれ」なんだけど、段々そっち目当てになってくる。

・そして「レールのバリエーション不足」。
・せっかく16本の曲線レールが集まっても、円形の路線が出来るだけであまり楽しくない。鉄橋や踏切という特殊なレールはあるけど、しょせん直線レールなので、おもしろいコースは組めない。
・結論から言うと、ポイントレールがなければどうしようもないわけです。

・そんなわけでポイントレール欲しさに買い始めたわけですが、これがなかなか良い。
・まず最近のトーマスシリーズにはない「モーター車」が入っている。ゼンマイ車では、小さなコースでもせいぜい三周しか走らないのですが、モーター車ならコースを走り続ける、これが楽しい。
・作りも、トーマスシリーズとは違った凝り方をしていて良い。

・そんなわけで江ノ電欲しさに「鉄道のおもちゃ」という子供向け雑誌を買ってしまった。

鉄道おもちゃ 2008年 09月号 [雑誌]
鉄道おもちゃ 2008年 09月号 [雑誌]
ふろくは江ノ電のカプセルプラレール。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック