2005年12月28日

アクセス数は虚栄であり、カウンタは虚勢だけど。

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 分かるんだけど、でも違う、違うはずだ、と思う意見がある。
 えっけんさんによる「カウンタ不要論」が僕にとってそれだった。


閲覧者にメリットがあるわけでもないこの機能は、ブログパーツとしての重要度が極めて低いものであると考えます。
 そうだ、確かに。ドライな考え方をすれば、カウンタは要らない。

 でも、僕はカウンタはあった方が良いと思う。
 なぜなら、カウンタは自分に自信をつけてくれるから。
 それだけなんですが。

 多分今日、ここのカウンタが15万を回りました。途中でカウンタの設置方法を変えたりしたので、実数とは違うのですが、それでも、こういうキリの良い数字になると「おお、15万か」と思う。「のべ15万アクセスのあるブログを書いている」という、その15万がいい加減な物であっても、それはある種の自信になる。
 最近のアクセス状況を見てみると、400IP/日、700PV/日になっているので「日に400人の人が訪れ、のべ700のアクセスがある」ということになります。厳密には1IP=1人ではない。しかし、大体それくらいのアクセスがある、これは大した物だと思う。スパムやマルチポスト、その他のズルをせずに、こういう数のアクセスがもらえるというのは、我ながらすごいことだと思う(いやもちろん、その前にありがたいという気持ちがあるんだけど)

 数がもたらす物は、自信という名の自己満足だけだ。でも、自信を持つというのは、それはとても大事なことだと思う。そんなのは虚栄だ、と言われれば確かにそうだ。と言うか、自信なんていう物はほとんどの場合、自己満足で虚栄なんじゃないかな、とも思う。

 15万アクセスがあるからこそ、自信を持って言えることがある。例えば会社でwebマーケティングの話が出た時に、その経験と数字をバックボーンに言える意見がある。重要なのは経験であり、数字に到達するまでのプロセスだが、数字が自分の信念を支えてくれる。

 そんなところに、僕はカウンタの価値を見いだしている。


posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(2) | Web(全般) | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

5A:THOUGHT
Excerpt: 『アクセスカウンター論』 -------------------- 紅髪の小部屋 http://d.hatena.ne.jp/dk0721/20051216  価値あるヒット数 ..
Weblog: 遥かなネットワークの地平に次の百年を夢見て
Tracked: 2005-12-28 18:57

「カウンター設置の意味はあるか」観覧者の立場とブログ管理者の立場
Excerpt: アクセス数は管理人だけでなく訪問者も気にしているかも(うえぽんSW局)  「カウンター設置の意味はあるか」観覧者の立場とブログ管理者の立場  内容は「カウンターをつける意味が??
Weblog: 死守.ver2
Tracked: 2005-12-30 14:10