2009年01月08日

小学生の楽器はなぜ「たてぶえ」なのか?

Pop is dead.
Pop is dead.・近所のスーパーに、地元の小学校で行われる「マラソン大会」のチラシが入っていた。
・マラソン大会って児童虐待だよね。あえて寒い時期に、子供を半袖短パンで長距離走らせる、「健康のため」というのは方便であって、ただの虐待だと私は思う。ちびまる子ちゃんだってマラソン大会が嫌いだった。

・そんな事を考えていて、自分の小中学校の頃のことを考えていたんだけど、なんというかあの頃の教師は本当に三流だったなあ、と。今になって思うと、小学校6年から中学校3年までの教師は本当に三流だった。そのころ学校で勉強らしい勉強を教わった覚えがない。勉強はすべて塾で教わり、高校に入ってからようやく勉強を教えてもらった。

・それでも国語・数学・英語・理科は得意だったので別になんと言うことはなかった。授業はただ流していればいい。
・五教科の中で唯一苦手だった社会の授業において、教師の無能さが強く感じられた。だいたい、社会=暗記の教科だとあきらめている教師というのはダメだ。
・歴史というのは年号を覚える教科ではない。たとえば欧米の植民地政策と、太平洋戦争との関連性を示すのが歴史の授業でしょう。地理というのは県庁所在地を覚える教科ではない。たとえばなぜ日本の首都は東京なのか、を教えるものでしょう。
・中学社会の教師にはそういう意識が全くなく、ただ雑多な出来事を羅列し、覚えさせるだけだった。つまり小学生レベルの授業である。話題は豊富で雑談は面白かったが、本題の授業はお話にならなかった。

・そういえば音楽の成績も悪かった。
・音楽のテストは実技と筆記に分かれていて、問題は筆記である。たとえば楽譜が書いてあってこの曲はなんの曲でしょうとか、この曲は何長調でしょうかとか、この曲の楽譜を書けとか、そんなテストだ。
・結局そういう問題を出す音楽教師なんていうのは、小さい頃から音楽が好きで音大に入ったけれど作曲家や演奏家になる才能はない、というただの「楽譜マニア」なんだろうと思う。譜面が読めるのが自慢したくて仕方ないだけの人。
・譜面を読むための訓練をじっくりするのならともかく、それなしにテストに譜面を出すのは無意味だ。それでは暗記テストだ。

・たしかに、知識・勉強としての音楽を教えようとするのであれば、譜面や音階について理解を促さなければいけない。
・しかし、日本の学校教育は「音階の教育」を放棄している。
・小学生が練習している楽器が「たてぶえ」なのがその証拠だ。

・縦笛を使って、音階を理解することができますか?絶対に無理だ。なんだよこれ、暗号かよ。リコーダーを練習するというのは、たしかに指の運動にはなる。手先を動かす訓練にはなると思うが「学科としての音楽」を理解する助けにはならないと言っていいだろう、特に初等教育においては。
・小学生にソプラノリコーダーを教え、その流れで中学になったらアルトリコーダー、なんていうのは全く馬鹿げていると思うのです。

・ではなぜ小学生はリコーダーを吹くのか、というとおそらく、単価が廉いからだろう。教材購入の際、家庭の負担にならないようにという考え方があるのだと思う。
・しかしまともな音楽教育を目指すのであれば、鍵盤楽器を使うべきだろう。カシオトーンなら値段だってずいぶん手頃だ。鍵盤楽器ほど、見た目に「音階」というものが分かりやすく、また楽譜と関連して教えやすい楽器はなかろう。
・譜面に「ド」と書いてあればドを押せばよろしい。縦笛のように「えっと、ドはどーだっけ」等と下手な駄洒落を言わなくても済む。ホ長調の音階を探せ、と言われたら、ミの鍵盤から始めてドレミになるような音階を探せばよろしい。実にシンプルだ。

・極端な話をすると「ドレミファソラシド」という言い方も悪い。「ドレミファソラシド」を基本に教えた場合、長調と短調の違いなど中学生にはわからない。音階を正しく教えるには「ドドレレミファソソララシド」と教えた方が適当だと思う。
・僕は高校生になってから独学でシンセサイザーをやりだして、ようやくドレミの概念を理解したとき「中学校の教師は、なんでこんなに単純なことを教えてくれなかったんだ!」と大変な憤りを感じたわけです。

・こんなことを思いながら、スーパーをあとにしたのでした。
この記事へのコメント
小学校の音楽の授業から縦笛が無くなるとひとつだけ困る事があります。机の中に入れっぱなしにされた好きな子の縦笛を、放課後こっそり吹いてみる、という結構な割合の男の子が経験する変態的行為が行われなくなります。
Posted by doggylife at 2009年01月09日 21:27
■doggylifeさん
 じゃあピアニカで。
Posted by LSTY at 2009年01月13日 12:32
おお、問題解決ですな。
Posted by doggylife at 2009年01月14日 22:27
 しかしピアニカよりカシオトーンの方が割安なのです。なんで教材に使われないのか。
 人力信仰みたいなのがあるんですかね。教育現場に「電池駆動」の教材を入れるな、というような。
Posted by LSTY at 2009年01月21日 08:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック