2009年01月20日

1/19日記(映画「レンブラントの夜警」感想)

Pop is dead.
Pop is dead.・ピーター・グリーナウェイ監督「レンブラントの夜警」を見る。原題「Nightwatching」
・冒頭いきなり裸の男、「コックと泥棒、その妻と愛人」と同じ。この監督そういう趣味があるのかね。
・この監督の映画は「コックと泥棒〜」と「英国式庭園殺人事件」それに「数に溺れて」を見たか。その中で「夜警」は真ん中ぐらいの出来。
・話は面白いと思うんですよ、彼の絵画「夜警」は、実は陰謀にまみれた犯罪を告発する物だった!という、まあ面白そうなストーリー。

・しかし見ていて面白くない。なんでかというとその「陰謀」には多くの男が関わっているのです。で、当然ですが登場するのがみんな白人なわけですよ。みんな同じような顔をしていて、同じようなヒゲを生やしていて、衣装もコロコロ変わる。
・これね、見ていて「誰が誰だかわからない」んですよ。いや、オレが馬鹿なのか?とも思うけど、本当に分からなくなる。こいつは悪者だな、というのは分かるんだけど、細部については全く分からない。
・三回くらい見たら理解できると思うんだけど、一回見ただけではムリでしょうこりゃ。

・ただ映像はやはりきれいですね。映像というかライティングのすごさというのはもうこれ、バキバキ来ますね。昼の風景がいきなり暗くなって「レンブラント調」になるというような場面がいくつもあり、こういうのはいかにもグリーナウェイらしい。
・こういうのは「コックと泥棒〜」に共通する部分でもあると思うんですが映像として見ると非常に魅力的です。
・ただ私としては、ストーリーの面白さで言えば「コックと泥棒〜」の方が面白いと思います。グリーナウェイ作品の中では分かりやすく、映像もきれいな作品。

・追記:あとやっぱり絵解き物という題材だと「ああ、あの最近流行のですか」と思えてしまい、微妙に興が削がれる。

・ケーブルテレビで「恐竜探検隊ボーンフリー」が放映されていたので見るが、ひどい作品だ。実写ミニチュアセット、クリーチャーアニメとセルアニメを組み合わせた子供向け番組だが、クリーチャーアニメもセルアニメも程度が低すぎる。
・セルアニメ版「魔人ハンターミツルギ」みたいなかんじ。
・ただ、登場する特殊車両がかっこいい。このデザインは子供の頃見て印象に残っている。

・テレビで釣りバカ日誌。こちらは録画しておいて後日見る。

レンブラントの夜警 [DVD]コックと泥棒、その妻と愛人 (ユニバーサル・セレクション2008年第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]
posted by LSTY | Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
『レンブラントの夜警』は先月くらいにAmazonで注文して今待ってるところなんですよ。絵描きが主人公の映画を観たくて。次はカルロス・サウラ『ゴヤ』あたりを注文しようかと思ってます。

意外と絵描きを主人公にした話って少ないんですよね。あとアルトマンの『ゴッホ』とくらいかなぁ、観てみたいのは。新藤兼人の『北斎漫画』とかどうなんでしょうね。
Posted by 赤枕十庵 at 2009年01月20日 22:35
■赤枕十庵さん
 最近、画家モノの映画が多いような気がしていたのですが、たしかに全体から見ると少ないのかもしれませんね。
 「コックと泥棒」が色彩のライティングだとすると、「夜警」は明暗ですね。そこらへんは見事でした。
 ストーリーはいまいちでしたが、グリーナウェイはオランダ絵画に精通しているらしく、おそらくオランダの歴史に詳しければ、もっと楽しめるのだと思います。

 北斎漫画が新藤兼人だというのは、どういうわけだか知りませんでした。近所のレンタルビデオ屋が、そういう「少し古い邦画」をほとんどそろえていないのがつらいです。
Posted by LSTY at 2009年01月21日 08:59
グリーナウェイ、私も好きです。
最初に見たのがZOOで一番好き。
最近、triptich や diptich に興味があって
ベーコンが主人公の映画があると聞いて
見てみたいです。音楽は坂本龍一らしいです。

Posted by tomotubby at 2009年03月23日 00:54
■tomotubbyさま
 何の話かしばらく分かりませんでした。恥ずかしながら私はフランシス・ベーコンが二人いることを知らなかったのです。哲学者と宗教画となんの関係があるんだ?としばし悩みました。
 映画は「愛の悪魔」のことですね。
Posted by LSTY at 2009年03月30日 15:19
あれは悪意ある宗教画かもしれませんね。
ベラスケスのインノケンティウス10世像をもとにした絵とか。
Posted by tomotubby at 2009年03月30日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック