2009年03月02日

2/28-3/1日記(ビッグフィッシュ・無責任・メガギラス・鈴木茂)

Pop is dead.
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]クレージー作戦 くたばれ ! 無責任 [DVD]ゴジラ×メガギラス~G消滅作戦~〈通常版〉 [DVD]BAND WAGON 2008-Special Edition-トミカリミテッドヴィンテージ 東宝名車座Vol.6「クレイジー作戦くたばれ!無責任」ダイハツミゼット

・映画「ビッグフィッシュ」「くたばれ無責任」「ゴジラ対メガギラス」見る。

・「ビッグフィッシュ」はやたらと評判の良い映画で、どこをみても「感動した」「泣いた」と書いてある。泣いても良いように、深夜に一人で見たのだが、これで泣けるか?ティムバートン作品としては非常に保守的というか当たり前の作りで、しかもひどく偽善的な映画だった。
・個人的には完全に「見なくて良い映画」だったけど、世間的には良い映画って事になってるみたいですね。「アメリ」とか好きだったら好きなんじゃない?

・先日「ハッスルコーラの配送車仕様ミゼット」のミニカーを買った。この車が出てくるのが「くたばれ無責任」という映画。これは見ておこうと思って借りてきた。
・思えばクレイジーキャッツの映画をちゃんと見るのは初めてだったけどそれなりに面白かった。しかしクレイジー=植木等だなあ、と。彼がいなければ成立しない。ドリフ映画と比べるとそれがよく分かる。植木等の堂々とした演技が映画自体を支えている。
・東野英治郎なんかが出てくるのも良かった。なんかマッサージ店みたいなところが映ってたんだけど、あれは何なんだろう?トルコ風呂ではないと思うんだけど、ある種の風俗店っぽかった。
・この映画、モノクロからカラーへの切り替えを効果的に使ってるんだけど、この手法は既にジュディ・ガーランドの「オズの魔法使い」で使われていて、あれがやっぱり最高の使い方だよなあ、と思う。

・ガメラは好きだけど、ゴジラにはあまり興味がない。しかし唐沢俊一が「ゴジラ対メガギラス」をほめていて、試しに見てみようかと。
・結論から言うとそれなりに面白かったです。話として「それはおかしいだろ!」と思うポイントが非常に多かったのも良かった。
・科学はよく分からないんだけど、それでも「それってアリなの?」という部分が多すぎ。
・まず「ブラックホールを発生させてゴジラを吸い込む」という発想がなんかすごい。しかもその装置は3ヶ月で完成してしまう。
・ブラックホール発射装置が完成してから自衛隊上層部に理解を求めるイブ君(お前ら、黙って開発してたのかよ!)
・おばちゃん科学者が「それしか方法はないの!」と何度か断定するが、いやいや、他に方法があるだろう、と。
・発射テストを求める科学者に隊長いわく「あなた達の技術を信じています」とテスト拒否。それで納得する科学者。
・故障して落下する人工衛星(軌道上の人工衛星って故障して「落下」するものなのか?)
・落下してるんだけどブラックホールは発射できる(いや、それは無理だろう)
・他にもツッコミどころは満載です。
・あ、そうそう最大のツッコミどころは「カレーのマジック」の部分。マジックの種明かしをされた子供が「なんだつまんねー」と去ってゆくわけだが、つまらなくないだろ!このマジックのタネはすごいだろ!男子だったらそこに感動しろよ!と思った。
・ゴジラの造形と特撮はさすが。メガギラスの造形は質感とカラーリングがいまいちだったけれど、メガヌロン大量羽化のシーンなんかはなかなか迫力があり、良い感じ。
・ゴジラ対策特殊部隊の制服がいかにも「お子様向け」なのには萎えた。
・田中美里の演技が不安だったが、まあ特撮物の演技としては許せる範囲。科学者の役で出てきたおばちゃん女優の演技がひどかった(有名な人だけど名前が分からない。調べたら星由里子だった)
・あと関係ないけど、メガヌロンの卵を持って帰る小学生の家庭、この描き方はどうよ?母子家庭でもないのに、父親が一切出てこない。この映画さあ、親子連れが見に来るわけじゃないですか。父親不在の家庭映して、お父さん気ぃ悪いやろ、と。

・先日買ったCDの感想でも書こうと思ったけど長くなったので一つだけ。
・鈴木茂の「バンドワゴン」、本編だけなら買わなくても良いレベル。いや、名盤なんだろうけど大瀧詠一の「大瀧詠一」とすごくかぶるイメージがあって、どっち買うかといえばやっぱり「大瀧詠一」優先でしょう、なんとなく。
・ただこのCD良かったのはボーナストラックが頗る(スコブル)良いわけですよ。本編収録曲の別バージョン、別バージョンのインストゥルメンタルなんかが入ってるんだけど、これが非常に良い。はっぴいえんどよりファンク寄りで、大瀧詠一の「五月雨」とか「びんぼう」とか好きだったら買いじゃないですかね。
・古くからのファンのことを思うと、未発表音源を入れた再発ってのは実にいまいましい物でありますが、今回は僕にとって非常に嬉しいボーナストラックでした。
・とか思ったら、既にバカみたいにプレミアムが付いてる。CD販売中止にしたレコード屋にも腹が立つけど、こういう騒動にたかるハゲタカ中古屋にも腹が立つ。まあ、ほとぼりが冷めたら販売再開されると思うので、気長に待つことでしょうね。

・上司に紹介された蕎麦屋へ行く。まあまあだったので翌日、嫁を連れて再訪。
・コペン見積もり出してもらう。オプション、諸経費すべて込みで222万円。値引額は車体・オプション含めて6万円弱。まあまあの値段か。来週契約する心積もり。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック