2009年03月25日

3/24日記

Pop is dead.
Pop is dead.・NHKの「だんだん」を見ているんだけど、冗漫な脚本にウンザリする。わざとらしく挿入される方言にもイライラする。米朝師匠が出演し始めたのが、せめてもの救いか。

・あと、僕は竹内まりやが嫌いだなあ、と毎日再認識しています。山下達郎はむしろ好きだけれど、竹内まりやの歌は大嫌いですね。
・なんで嫌いなんだろう、と思ったんですよ。例えば歌が下手だとか、クセがあるとかいうわけではないのですね。僕にとって堪らないのは、この人の「ポジティブなオーラ」なのです。
・明るく、前向きで迷いのない声と歌い方、これが我慢ならない。「私は正しい、そこに疑問をさしはさむ余地はないでしょう」とでも言わんばかりの堂々とした歌、僕はここに嫌悪感を抱くのでした。
・クセのない、ノイズ要素の少ない歌声だけに、そういう部分が強調されている気がする。

LAUGHING DOG - diary -という日記で、doggylifeさんが「その日飲んだ酒」を記録している。これは面白いなあ、と思い、真似してみたいがそれはできない。なぜなら、私はいつも同じ酒を飲んでいるからです。

・シティボーイズの「灰色の男」「洋食屋さん」見る。
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
 毎日の生活の中で僕は目新しさよりも気に入ったものと馴染む事を好むので、毎晩同じ酒を呑んでいても一向気にならないのですが、毎日同じ銘柄を記すとなるとこれがつまらないんですよ。

 僕は昔っから「けんかをやめて」という歌が嫌いで、あの自己中心的陶酔感をまるで人生に於ける最良の出来事のように歌うのが堪えられません。
Posted by doggylife at 2009年03月26日 22:17
■doggylifeさま

>僕は昔っから「けんかをやめて」という歌が嫌いで

 あそこまで行くとネタになってしまって怒る気にもならないのですが、ああいう「迷いや屈折のない善意」みたいなのは恐いですね。

 酒のことは、僕は買って失敗するのが耐えられないのですよ。嫌いな味だと、もう飲めないのですね。料理に使ってもらうしかない。だからいつも同じ酒ですね。近所で手に入りやすい銘柄で、好みの物を固定してしまう。
Posted by LSTY at 2009年03月30日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック