2009年04月30日

4月下旬日記(映画「麻雀放浪記」「転々」感想)

Pop is dead.
Pop is dead.・GyaOで映画「麻雀放浪記」見る。いろいろ玄人受けが良い映画のようだが、僕の感想は「中の上」くらい。
・高品格が良い。「コウ・ヒンカク」かと思ったら「たかしな・かく」らしい。

・名古屋章も良い。高品格にしても名古屋章にしても、非常に良い脇役だけれど、その存在感を活かした映画やドラマは少ないように思う。僕は「マルタイの女」を見て、名古屋章良いなあ、この人をフィーチャーした映画が見たいなあ、と思った。
・名古屋章が大竹しのぶを口説くシーンなど、実に切ない感じ。
・そういえば大竹しのぶも良い。このかわいさはすごい。対して加賀まりこには全く魅力を感じなかった。だから映画の前半部分、どうも気持ちが入らない。
・加藤健一も、やや神経質・潔癖性に見える女衒を好演している。
・僕にとっては、この映画は、高品格と名古屋章の「おやじアイドル映画」という位置づけ。ああいう渋めのおやじ役者が好きなら、この映画は必見ですね。
・和田誠作品としては「怖がる人々」の方が好き。しかし最後に見てから何年経つだろう。早くDVD化してほしい。
・関係ないが、僕は真田広之と役所広司を完全に混同していて、どちらを見てもとっさに名前が出てこない。

・映画「転々」見る。始まって数分で「ああ、三木聡ももうだめだな」と思う。最後まで見て「うーん、まあ許容範囲かな」という感想に変わる。
・「亀は意外と早く泳ぐ」よりは下、「図鑑に載ってない虫」よりは上、という感じか。「図鑑〜」はドギツ過ぎて、あまり好きになれない映画。
・「転々」で悪いのは、ギャグの使い回しがあまりに多いこと。90年代のシティボーイズ公演を見ていた人は「ああ、また使い回しか」と辟易するだろう。岸辺一徳の使い方も、何かわざとらしい。
・個人的には、オダギリジョーの起用というのも気に入らなかった。つまり、こういうちょっとマニアックな映画にオダギリジョーを出すというのは「あまりにあまりな感じ」がするのです。当たり前すぎる。小泉今日子ってのもなあ。僕はどうもこの人の「サブカルに理解があるアイドルを演じてる感じ」が苦手。
・確かDVDのジャケットには「お散歩ムービー」とあったが、その通り、二人の男(オダギリジョーと三浦友和)が、東京の吉祥寺から丸の内まで歩く、というのがこの映画の筋です。東京の撮り方はとても良い。東京の裏道、東京の商店街、東京の空き地、そういったものの撮り方はとても素敵だ。東京に住んでいると、なかなかそこを散歩しようとは思わないのですね。特に、住宅街を散歩する機会なんていうのは少ない。
・僕は学生の頃、余りに余った時間で日中、夜、未明の東京をずいぶん歩いた。歩いてみると、東京というのもまた乙な土地です。
・そういう事を思いながら見ると、この映画もまた楽しかろう。嫁はかなり気に入った模様。あと、やっぱり岩松了は最高。岩松了登場シーンは、必ず笑えてしまう。
・この映画には「亡き王女のためのパヴァーヌ」が出てくる。たしかに良い曲だ、と思ってiTunesを調べてみると、僕はこの曲のピアノ演奏を持っていない。あるのは明和電器によるもののみ。これはあった方が良いだろうと思って、ボレロと一緒に買っておく。
・しかし挿入歌がよくない。「なんだこの『はちみつぱい崩れ』みたいな曲は?」と思ってたら鈴木慶一だった。なんかこびてる感じがして好きになれない曲だった。
・あまりに狙いすぎ、と思える部分が多い映画。キャスティング、音楽、お笑い、キャラの作り込み、いろんな部分でそういうのが目立つ。そこが許容できれば、十分楽しめる映画だとは思いますが。

・最近、暇な時に「名短篇、ここにあり」を拾い読みしてるんだけどひとっつも面白くない。「星新一くずれ」や「オー・ヘンリくずれ」みたいな短篇とか、「クラス一真面目な男が必死で考えたシチュエーションコント」みたいなの、そんな短篇小説が集めてある。
・面白くないなー、と思ってると本屋で清水義範の全集的な文庫が出ている。「スノー・カントリー」が入ってたので買ってみたが、どうも僕はこの人と相性が悪い。着想はすごく好きなんだけど、展開のさせ方が真面目すぎ、理屈っぽすぎて、いまいち入り込めない。

・Vivitar買う。Holgaよりは扱いやすいカメラ。

・なんかぼーっとしてたら、ブログを書き始めて五年が経っていた。

麻雀放浪記 [DVD]転々 プレミアム・エディション [DVD]Vivitar Ultra Wide&Slim (ブラック)
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック