2006年01月20日

読者のためにブログを複数に分割する。

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 数日前にご案内した通り、本格的にブログの複数運営というか、内容の切り分けをしたわけです。
 で、今日、こんな記事を見つけてね、面白いなあ、と思ったんですよ。前後、関係ないことが書いてありますが、下記の文章から始まる数段落。
別ブログや裏ブログを作る心境について、有名ブロガーの心境を考えてみた。
 これ、なかなか的を射ている。「有名ブロガー」って表現が引っかかるけど。それは関係ないだろ、と思うけど。
 自分の記事やアクセス数への執着とか、そういうのも確かにあるんですね。でも、それだけじゃないんだよな。いや、アクセスが欲しい、というか読んで欲しいからなんだけど、僕は「読者が読みやすいように」という気持ちでブログを分割しました。

 これには、随分前に書いたこんな記事が関係してます。
話題が豊富なブログ、魅力的です。でもね(中略)話題が豊富になればなる程、そのブログは退屈になってゆく、というわけです。
 これ、名記事なのでブロガーには一読をおすすめします。
 この記事を書いた後、僕ははてなブックマークをやりだして、「ブロガー主体ではなく、記事主体でブログを読む人の多さ」に驚いたわけです。

 ここに書いた記事で、一番ブックマークされ、ニュースサイトに取り上げられ、読まれているのはブログ論やweb論みたいな記事です。ブログ論を書いた途端に増え、そしてその後ザザーッと引いてゆくアクセス数。

 そこで考えた。「ブログ論を読みに来る人にとって、他の情報は無駄な物だよなあ」と。今や多数派になった「ここにブログ論を読みに来る人」にとって、不要な情報が多すぎるのではないか、と。例えば、こいつのブログ論面白いな、と思ってくれた人が最新記事一覧を見た時に「ああ、普段はこんな事書いてるのか、興味ないな」と帰って行ってしまうんじゃないか、と。

 で、ここに書くのは普通の日記と、webにまつわる物をメインにしておこうかな、という考えが元になっています。

 でも、ブログ読みという立場から言うと、そんなのつまらないわけです。僕自身は、ブロガー個人を見るためにブログを読むから。僕がブログを書く根源は「そして私のファンになれ!」だし。
 さらに、僕がブログを始めた2004年当時からここに来続けてくれている人、そういう、一番深い所でコミュニケーションを取れる人がいる。その人たちは、多分ブログ論になんてあまり興味ないし、日記とか、その他の記事をメインで読んでくれている。
 それに、ブログ論以外を読みに来てくれている「無言の読者」も実は結構いるんじゃないか。
 そういう人たちと自分のためのブログ「あんたジャージでどこ行くの。」です。

 一応そんなかんじ。「より実用的な情報を求める読者」と「ブログを通じた人間観察がしたい読者」、それぞれに向いたブログを書こうと思ったのです。
この記事へのコメント
「記事主体でブログを読む人の多さ」が、同感です。

gooブログでは、記事ごとの、当日中のアクセス数が解るのですが、
アクセス数が急激にUPした原因は、
ほとんどの場合、何処かで取り上げられた一個の記事だけです。

俺の (例) ですが、
当日は、三ケタだった一つの記事も、
翌日には、二ケタになり、
三日後には、一ケタになってます(ショボーン・・
嗚呼、俺に会いに来たんじゃないのね、ってヒシヒシと感じています。
確かにブログ論が一番のカンフル剤になりますよね(賛否問わず。

LSTYさんの、こちらのブログでは、
個別記事に飛んだときだけ、
おすすめ記事が出る点が、特にイイですね。
あー、こうゆう事に興味持ってるのか、って
個別記事だけに飛んできた人にも一目瞭然ですし。

リンク先の記事は、この先もブログが存在する限り、
時代に関係なく、常に考えるべき問題点の考察が山積していて
共感しました。

LSTYさんの今回の試みは、
個人ブロガーが、ブログを多角運営という点で、
どのような世界が開けてくるのか、
どのようなLSTYさんに変化してゆくのか、それがとても興味深いです。
(「人間観察」として
Posted by ゆがんだはしご at 2006年01月21日 00:50
はじめまして。
わたりとり@Yahoo!B と申します。
こちらのブログは3ヶ月ほどROMしていました。

良いブログを作るために(略)2>読みました。
私は初見のブログで、まずカテゴリー構成・
カテゴリーごとの記事数を見ますが・・・。
カテゴリーが拡散しているブログは、
ブロガーの視野が広くておもしろそうだ、とは感じる。
が、「多趣味そうだけど、記事の深さは?」とも感じる。
どちらかといえばマイナス要素かも。・・・と、
自分は見ていたように感じました。

読者のニーズを捉えて複数ブログを運営しているブログは、
ハズレがなくて読んでて楽しいです。
(当然というか、必然ですかね^^;)
Posted by わたりとり at 2006年01月22日 03:54
■ゆがんだはしごさま

>個別記事に飛んだときだけ、
>おすすめ記事が出る点が、特にイイですね。

 ああ、そこまで見てくれる人がいるんですね。よかった。
 別ブログを持ったのには「もう少しアクセス数の少ない所で書きたい」という気持ちもあります。なんかいやらしい話ですが。あんまり記事の完成度とか気にせずに書ける場所が欲しかった。
 でも別HNで運営するのはめんどくさい。Seesaaでは簡単に複数HN(ニックネーム)が作れるんですが、でも演じわけとかめんどくさいし、そういうの嫌いだから。
 まあ、いろいろあります、理由は。
Posted by LSTY at 2006年01月23日 11:49
■わたりとりさま
>私は初見のブログで、まずカテゴリー構成・
>カテゴリーごとの記事数を見ますが・・・。

 ああ、そういう発想はなかった。僕は
1.トップの画像・全体のテーマ
2.最新記事の話題・内容
3.プロフィール
 の順に見るかな。それで気に入ったらBlogPeopleに登録します。
 ガチャガチャブログをたまに見るのですが、ヒット率は3%未満ですかね。
 だいたい、5秒くらいで閉じます。
Posted by LSTY at 2006年01月23日 11:55
LSTYさん、お許しが出たのでTB打たせてもらいました。もともとあまり言及していなかったのでTBは不要かと思い打ちませんでした。今後気を付けます。
ではでは
Posted by mizuno at 2006年01月25日 10:42
■mizunoさま
 お許しって、、、そんな恐い人でしょうか、僕は。(軽くショック)
Posted by LSTY at 2006年01月25日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

TBという横糸
Excerpt: まとめ 書評を読みたい人はキーワードから繋がり、議論へはTBで参加する事が出来る。 読者のためにブログを複数に分割する。この日記にも、いわゆる日記的内容とwebで見っけたアレやコレ、書評というか読書..
Weblog: いま作ってます。
Tracked: 2006-01-22 02:43

プロフィールは必要か
Excerpt: 私はプロフィールを置いていない。それに値する記事も書いたことがない。プロフィールを書くことによって文章そのものではなく、「〜が書く文章」として見られてしまう恐れがあるから。つまり先入観。だから私は他の..
Weblog: Blog向上委員会
Tracked: 2006-01-25 10:37