2006年02月09日

2/7日記(女とか男とか女とか)

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami)・尋常じゃない量のスパゲティーを食べる。3人前くらい。

・仕事について。改善とは、多くの場合システム化だと思う。しかし、システムにしてしまうと、俯瞰できなくなる。不可能思考が強くなる。
・それを見越したシステムを作らなければいけない。

・ビデオレンタル。「不知火検校」、「24シーズン2」、そして「ザ・カメラテスト」

・「カメラテスト」は、長谷川留美子出演のアダルトビデオ中、最高傑作だと思う。
・視線の動き、息づかい、目のうるみ具合、すべてが「素」である。ポルノの演技ではなく、女。そのままの女。しかし、その挙動は全て「女とは、女である事において演技している」という原則に基づいている。
・AV女優としての演技ではなく、女としての演技が見られる、そういうエロビデオ。

・洗濯物を干しながら、男と女について考える。男は、女を「自分より下の存在」だと考えている。
・下というのは、何において下なのか。どうなんだろう。
・しかし、多分、世のほとんどの男は「女は男より下」だと、どっか、心の底で思っているんじゃないか。でも、実生活では女にバカにされたり、尻に敷かれたり、ひでえ目にあったり。
・それで良いんじゃないかな、と思っている。男と女、上になり下になり、いろいろになってゆくのは、それはそれで良い。
・しかし、今日もニュースになっていたけどドメスティック・バイオレンスとかさ、ああいう話になると、そりゃ話は別だ。
・好きな女をグーで殴る男は死ぬべきだ。

・男と女について、僕は古風な考えを持っているのだろうか。しかし「進歩的」よりも「古風」の方が美しい感じがするし、それはそれで良い。
・それに縛られて周りが見えなくならなければ。
posted by LSTY | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
意見を聞こうかと思っていたところです。
Posted by doggylife at 2006年02月09日 18:21
自分のブログで書こうと思っていたんですが「男は征服を旨とし、女は支配を旨とする。」
っていう。

すべての男が「女は男より上だ」と思っていたら今の社会は成り立たないし(^_^;)
ほら、男は社会的生き物だから。
Posted by マフマフ at 2006年02月10日 00:42
古風は「古い」のではなく、現在形があって成り立つ比較なので美しいのではないかと思う。
そんな俺も古風な趣は好きだ。そしてそれと平行してある(欲を言えば融合してある)ディジタルも好きだ。
Posted by ボンバー犬 at 2006年02月10日 08:44
■doggylifeさま
 DVについて、ですか?
 Web上ではジェンダーの話題はタブーになっているらしいのですが、それは何故かというと人によって正解が違うからですね。
 「僕はこう思う」という事に対して「論壇系の人」が「それは違う!」と抗議することが繰り返された結果、タブーになったのではないかと思います。
 しかし、それで良いのか?なんて思います。すべての「タブー」について。
Posted by LSTY at 2006年02月10日 09:37
■マフマフさま
 それは書いた方が良いような気がする。

 以前から僕は九州男児の、あるいは九州のジェンダー感というか、ああいうのは素晴らしいのではないかと思っているのです。よく分からないけれど、とても安定していて、古いけれど美しいのではないかと。
 職場で数人の九州男児と接していて思ったんですが。
Posted by LSTY at 2006年02月10日 09:46
■ボンバー犬さま
 なるほど。ただ古いのではなく、古くから生き残っているから、という事でしょうか。
 あと、古いものと新しいもの両方が好きだと言うと、奇妙がられますね。あれ、なんなんだろう?僕の場合、テクノと落語が好きだと言うと奇妙がられますね。
Posted by LSTY at 2006年02月10日 09:56
sageで、つらつらと読んでいたらまず目に飛びこんできたのが、

>AV女優としての演技

だったので

>男と女、上になり下になり、いろいろになってゆくのは、それはそれで良い。

が、「言い得て妙」とツボにハマってしまいました。何というか、不謹慎ですみません。
Posted by Mappy at 2006年02月10日 15:59
■Mappyさま
 自分で読み返して気になってたんですけどね。まあいいや、と。
Posted by LSTY at 2006年02月13日 09:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック