2006年04月07日

はてなは「社内ネットワーク」に最適だと思う。

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami)・僕はずっと「はてな」には批判的な姿勢を持っていて、それを崩す気はないのです。
・なんでかというと、はてなのサービスを使っている人の大半は「はてな信者」であって、はてな内には「アンチはてな」はほとんどいない。少数派としての「アンチはてな」というのが、いた方が良いだろうと思っているから、無理にでも僕はアンチで居続けるのだ。

・んなこたともかく。

・社内ブログとかをね、やったらどうかなあとか思っていて、でも、日本のサラリーマンつーかうちの社員ってまだまだ「暗黙知」重視なんで、ナレッジマネジメントって成功しにくいと思うのですよ。
・ブログって言うのは「情報を発信する」「情報を取りに行く」っていう感じのツールなんで、ただ社内ブログを作っても、全社的なノウハウ共有が推進されるとは思えない。
もっと、情報をプッシュするような要素がないと無理だろうなあ、と考えていました。
・で、ふと思いついたのです。「なら、はてながいいんじゃないの?」と。
・はてなが持っている各種のサービスは、企業が使うととても有用なものだと、今更ながら気が付いたのでした。

■はてなダイアリー(ブログ)
□キーワード/自動リンク
・ある商品や得意先、原材料など、自分が今取り組んでいる案件に関する情報が集めやすい。
・グラフ化とか、被言及数の推移によって、トレンド、注力度が把握できる。
□id記法
・社員IDや、商品コードなどを使用すれば、「注目されている社員=ベンチマーキング対象」、「言及されている商品=成功事例・ノウハウ」がすぐに分かり、収集できる。
□おとなり日記
・自分と同じタイプの社員、仕事スタイルの似た社員、価値観や興味のある対象が似た社員が見つかる。→その人の成功事例・失敗事例が分かれば、失敗を避け、成功に近づくことが出来る。
・プロジェクトメンバーの選定等に役立つ。

↑特にこの三つ。文字で書いてしまうと「そんなことか」と思えてしまうけれど、関連情報を勝手に探してくる、というこの三つの特性が、情報の伝播をうまく促進してくれると思う

■はてなブックマーク(ソーシャルブックマーク)
・関連業界や、商品・原材料等に関する情報が共有できる。
・情報感度の高い人を「お気に入り」に入れておくと、情報が効率的に集まる。
■はてなグループ(グループウェア)
・プロジェクト運営に。
■人力検索はてな/はてなアイデア
・旧来のナレッジマネジメントの要素はこの二つに含まれてるような。

・営業マンや、商品設計担当者の情報・ノウハウ共有に、これほど適したシステムはあるだろうか?サイボウズなんか目じゃないような気もする。
ここら辺をパッケージにして、企業に売り込んだりしないのかなあ?
posted by LSTY | Comment(8) | TrackBack(1) | 仕事など | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
私もはてなのよさがイマイチわからない一人ですが
『ウェブ進化論』に「はてなはGoogleに最も近い会社」って
書いてあったから、無理矢理、使ってます(笑)
今、読んでいる『Web2.0book』(著者がサイボウズの人 笑)
によれば、はてなは
ブラザー工業との「技術の森ブログ」とか
http://japan.internet.com/busnews/20050411/3.html
TSUTAYA onlineとか企業ともやってるみたいですよ。
でも社内ネットワークって、結局、使う社員の人が
そういうのをおもしろがって積極的に使わないと
効果がないような気も…
Posted by LIN at 2006年04月07日 11:41
■LINさま
 導入してる企業もあるのか…興味あるなあ。
 はてなは、企業向けサービスとしてみた場合、「人力と自動の棲み分け」がうまいと思います。
 一般向け(娯楽向け)サービスとしてみると「余計なお世話」だと思える機能(キーワード自動リンク)も、企業向けだと役立ちそう。特に日本向きだと思うのでした。
Posted by LSTY at 2006年04月07日 13:41
凄く共感しました。企業というか、活動団体ですね。グループウェアとしてのはてなという視点は持っていませんでした。
はてな単体でやるよりも、はてな×サイボウズのコラボでやってほしいですね。BtoBは、はてなのイメージとは何となく異なるので。
Posted by tawawajap at 2006年04月07日 19:44
ブラザーは「技術の森ブログ」の前に人力検索も採用しているようです.
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenapress/20041029/p1

ついでに, はてなキーワードレポートというのもありました. アンテナで拾ってきた情報を元にレポートを作っていたはずです. 今もやっているのかな?
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenapress/20021024/p1
Posted by 186 at 2006年04月07日 21:54
■tawawajapさま
 上のコメントにも書いたのですが、はてなには「余計なお世話な機能」が多いんですよ。「うるせー!そんなことは自分で調べるよ!」と思うような情報のプッシュ。
 で、既存のグループウェアってそういう機能を持っていないんですね。情報のプッシュが無くて「情報は自分で取りに行け」という。欧米人が考えたシステムだからなのかなあ?とも思うのですが、日本人には、それはあまり向かないのではないかとも思う。
 日本の企業に必要なのは「日本人の仕事の仕方に適したグループウェア」だと以前から思っていて、「それってはてななんじゃないのかなあ?」と思いついたのです。
Posted by LSTY at 2006年04月10日 11:19
■186さま
 人力検索とかって、はてなのサービスの中では「旧来のナレッジマネジメント」に分類される物なんですよね。それだけに、企業には受け入れやすいんだろうけど、面白い効果は得られないと思うんだけどなあ。
Posted by LSTY at 2006年04月10日 11:22
>はてな内には「アンチはてな」はほとんどいない

はてなダイアリーの公式ブログには、頭のおかしそうな人が常駐してますよー
そこまでサービスに文句あるなら、移っちゃえば良いのに、というタイプのアンチ。
Posted by えっけん at 2006年04月17日 18:43
■えっけんさん
 あれって、アンチなのかなあ。やっぱり二種類あるような気がしますねえ。
 例えば野球で言う「アンチ巨人」でも、
・「その方が野球が盛り上がるから、巨人以外を応援する」っていう人と、
・「巨人が嫌いだから叩く」っていう人
 がいるんじゃないかと思うのですね。後者にはあまり面白みがないですね。
Posted by LSTY at 2006年04月18日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

はてなは「社内ネットワーク」に最適だと思う。 が面白かった。
Excerpt: はてなは「社内ネットワーク」に最適だと思う。 読んで、面白いなと思ったので紹介。 特に、「id記法」「おとなり日記」の辺りが興味深かった。 このサイト、他にも面白い記事があるため、時々見に行..
Weblog: KOCのブログ
Tracked: 2006-04-08 03:25