2010年10月17日

最近泣いた物

Pop is dead.
・久しぶりに岡村靖幸の「カルアミルク」聴いて泣いた。
・元カノからの6年前の手紙再読して泣いた。
・Princeの「Come」聴いて泣いた。

 さっき「バッハと宗教と科学について」ずいぶん長いテキストを書いたが消えてしまった。こういうのは泣くに泣けない。
posted by LSTY | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
他の記事で、鈴木慶一氏の名前を見て嬉しくなりました。ムーンライダーズのモダン・ラヴァーズ、好きです。


お書きになられたテキスト、拝読してみたいです。



ペットロス症候のせいか体調のせいか歳のせいか、泣くこと多くなりました。
David Bowieはご存知でしょうか?
クラシック音楽については無知も甚だしい自分で、モーツァルトは苦手ですが、バッハは好きです。楽器は、チェンバロやパイプオルガンの音にとても惹かれます。
Posted by yoko at 2010年10月19日 13:45
■yokoさま
 バッハに関するテキストは、もう私の頭の中にしかないので、私がやる気にならない限り再現不能です。大意としては「バッハの音楽は題材が宗教なのに幾何学的であって、つまりキリスト教の根源は科学なわけでしょう」という事です。ただ、科学と宗教が違うのは、宗教においては「仮説」が「仮」じゃなくて、もうそこで「真理」として固定されてる、それを押し通そうとするからおかしくなるんですよ。

 それはさておき。

 デビッド・バウイーは知ってますが、どういうわけか好きではないです。JAPANの方が好き。
Posted by LSTY at 2010年10月24日 21:32
コメレスありがとうございます!

無宗教な私ですが、各宗教やその一つキリスト教についても少しは知っておきたいなと思い始めているので、大変参考になりました。

JAPANに話が及ぶとは、嬉しいです。私も好きな方です。渋谷パルコで昔会ったことあります。


どうもありがとうございました。
Posted by yoko at 2010年10月25日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック