2006年06月05日

社内ブログで日報を出させたい

Pop is dead.
Pop is dead. 以前書いた「はてなは社内ネットワークに最適だと思う」の続きのような物。
 「飲み二ケーション代わりの社員個人ブログ回遊で『和やかな社風』づくり 」を読んで感じた違和感と、はてなブックマークでの辛辣な意見を読んで思ったこと。
 で、僕はこの記事、結構支持はするんですけどね、でもやっぱり気持ち悪いよね。上司が「そうそう、君のブログを読んだんだけど」なんて話しかけてくるのは。それって「君たち若い子は、やっぱりあれか、ラップか?」というのと同等なんだよな、上司との関係にもよるけど、なんか痛々しい感じがする。

 ただ、社内ブログっていうのは良いね、僕はやりたいです。特に営業マンに使わせたい。営業マンって基本的に一匹狼で、しかも外に出ている時間が多いから知識の共有(いわゆるナレッジマネジメント)を実現しにくい。
 僕はナレッジマネジメントという考え方は好きなんですが、実現できないだろ、普通、という意識も持っている。じゃあどうすればいいのかというのは大きなテーマなんですが。で、正直に言ってしまうと一番上に書いた、以前の記事。これが理想的な姿だと思うんですけどね。

 つまり、営業マンに対する評価の軸として「売上」や「利益」の他に「情報」を付け加えるということです。情報を集め、整理し、それを他者に与える能力。これって、実際に評価している企業は少ないだろうと思う。営業マンは売ってなんぼ、それ以外は関係ないっていう会社が多いでしょう、特に中小企業では。言ったとして利益まで。でも、それだと営業はいつまで経っても個人プレイですよ。有能な拠点長がいれば、その場でのチームプレイはうまく行くけれど、それだって言わば「拠点長の個人的な能力」に依存した物に過ぎないわけで。

 で、僕は個人営業から組織営業への足がかりとして「営業マンの個人ブログ」は有用だと思う。単純な話なんですよ「営業日報を、みんなから見える場所に置く」というだけです、基本は。
 そして、コメント欄・トラックバック欄を設け、アクセス数を表示する。これやるとね、どの営業マンが良い情報を持っているのか、一目瞭然になるでしょう。もう、アクセスランキング見るだけでも参考になると思うんですよね、売上を上げている営業マンでも、ブログ(日報)に面白いこと書いてなければ誰も見に来ないだろうし、短期的に売上を上げていない人でも、面白い情報を持っていたり、ユニークな企画案を発表してたりすると、人は見に来る。
 売上上がってないのに偉そうに言うなという意見もあるでしょうが、僕はそれは違うと思う。売上に苦しんでても面白い人っていますよ。
 もちろん書かない人もいるでしょう、IT嫌いだったり、俺の情報を誰にもやるかって思ってる人、必ずいます。でも、書かなきゃ評価されない。そういうシステムを作ってしまう。そういう人には個人で頑張ってもらえれば良いんです、情報の軸では評価しませんから、売上・利益で実績を上げてください、と。まあ本来的な営業マンの分野で頑張ってください、と。

 それは短期的には大きな売上につながらないかも知れないけれど、長期的に見れば、売上や利益を上げ続ける仕組み作りに大いに貢献するだろうと思う。さらに、「こいつは企画向けだ」とか「こいつは本社の営業統括に持ってこよう」とか、特性の判断にも使えると思うんです。
 上の方でリンクした記事のような「コミュニケーションの円滑化」っていうのは、飽くまでも二次的な効果だと思うんですね、仕事は飽くまでも仕事、そこにちょこっと趣味の話とか、仕事哲学とか、個人の考え方の話とかが入ってきてね、そういう風に少しずつ個人の味が出てくるのが自然かなあ、と。
 考えてて、理想論かな?とか思いますけど、一度やってみたいんだよなあ。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(1) | 仕事など | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「読まれるブログ」だけが正解じゃない
Excerpt: [blog]「読まれるブログ」だけが正解じゃない もう一度だけ、ブログ論を書いてみよう。 「すきなこと書きゃいいんじゃねーの」 以上おしまい…… ……ではこの前と同じなので、もう少し書いてみる。 テ..
Weblog: はてなの十庵
Tracked: 2006-06-07 00:16