2011年03月21日

3月中旬日記(白髪三千丈)

Pop is dead.
・祖母逝去。
・僕が子供の頃、祖父母の家に遊びに行くと、必ず祖母が僕を駄菓子屋に連れて行って、プラモデルを買ってくれた。ロボダッチかガンダム、ガンダムの放映が終わったあとは、オーガスとかあったな。
・そう言うわけで、僕はガンダム見たことないんだけど、ガンプラだけは随分作った。ギャプランとか、なんか今急に名前が出てきた。
・駄菓子屋の横にはコスモスの自販機があってね。当時のガチャガチャって50円くらいの物だったから、コスモスの機械に100円入れるのには何か罪悪感があった。なんかとんでもない賭け事をやってるような気になって。当然のごとく、ロクな物は出てこないわけだ。
・そう、今のガチャガチャは随分良心的なんだけど、当時のガチャガチャってのはヤクザな物でねえ。

・葬儀に参加するため、久しぶりに明石に行ったが、瀬戸内の町というのは、やはり僕にとって特別というか、心が安まる。リタイアしたら、あそこら辺(明石から西宮あたり)に住みたい。
・瀬戸内にいると、花粉症もなんともない。
・せっかく明石に来たのだからと、穴子の肝の佃煮を買う。

・文庫版「細野晴臣インタビュー」読了。「オムニ・サイトシーイング」の後くらいのインタビュー。別に読まなくて良い本だったかも知れない

・震災に関連して思ったこと。
・放射能に関して、デマだ無知だとか色々いう人がいるんだけど、僕が放射能に関して知るのは「よく分からない」という事だったりする。よく分からないから危険だと感じるのは当たり前のことで、僕が子持ちで東京に住んでいたら、子供だけでも関西に移すことを考えると思う。それに対して「お前が無知だからだ」と言われるとしても、である。公的に「危険だ」というアナウンスが出た時にはもう手遅れだと思うから。
・僕はグリコというのはもうちょっとまともな会社だと思っていたんだけど、省エネのためといって道頓堀のネオンを消しているらしい。関西で省エネしても、その電気が東北・関東に行くわけじゃないんで、実質的に無意味。おそらく、一回省エネと言ってしまった以上、引っ込みがつかなくなったんだろうが、まあ今となっては「自粛」の意味しか持たない。
・twitterについては震災時に役立つという意見がある一方、デマ拡散装置じゃないかという否定的な見方もある。しかし実際に震災時、電話やメールよりも強いインフラらしいという事も分かったわけで。今後もそうあり続けるのかどうかは分からないけど、通信の冗長性について大いなるヒントになったのかも知れない。例えば災害時には電話は「30秒だけつながる」仕組みにしたらどうなるんだろう。

・放射能については、重ねて書くが無知ゆえの考えではある。不安を煽る言説を批判する人は多いが、「本当にまずい事態になった場合、どの程度のことが起き、どれくらいの範囲にまで被害が広がるか」について、真実らしい情報がない中で、僕ならそう行動する、という話である。
・まあこういうのは、アメリカ軍が上陸してきた時の日本人と同じ考え方といえばそうであって、そう考えると自分自身恥ずかしいのだけれど、でも人間というのはそういう物ではあるまいか。
・省エネについては長くなるので書きたくないんだけど、一言で言うと「資本主義と省エネは両立しない」ので、省エネ運動自体が僕は茶番だと思ってる(今回のような短期的な物は例外だが)。じゃあ先進国がなんで省エネだって言うのかというと、省エネのための技術(脱・化石燃料としての原発技術を含む)を売るためであって、本質的に地球のためではない。今後、原発の建設・維持が高コスト化することは目に見えているので、変化はあるかも知れないけど。
・首都圏の食糧買い占めについては「馬鹿が」と思いながらニュースを見ているが、例えば東北への救援物資に回る分が買い占められているのなら問題だけど、そうじゃなきゃ「馬鹿が」と思って放っておけばいいレベルか。電通様の戦略十訓そのままの話。

・なんか、堅くて暗くて浅薄な話題ばかりになってしまった。

・些末なことほど、一旦気になるとずっと気に掛かるもので「白髪三千丈」に関して、同時に二つのことが気になって気になって仕方ない。
1.「白髪三千丈のたぐいだよ」という台詞が出てきた映画、あれは何だったか?
2.シティボーイズのコントで「白髪三千丈」に関する駄洒落があったと思うが、何だったか?
・便所でずっと考えていて、ようやく少しだけ思い出した。
・1.は黒澤明「まあだだよ」における内田百間の台詞。2.はシティボーイズ公演「ラ・ハッスル・キノコショー」の、饅頭のてっぺんに焼きゴテを押すコントにおける、中村有志の台詞。
・しかし、そこから先が思い出せない。百間先生は何を「白髪三千丈のたぐい」だと言ったんだっけ?池の中に住む大魚の話かなんかだったか。
・中村有志は、饅頭工場で働く中国人(ちなみに密入国者)の役なんだけど「白髪三千丈」の駄洒落って結局何だったか?
・ほんとにどうでも良いことだし、DVD再見すればわかるのだから根を詰めても仕方ないんだけど、どうも気に掛かって仕方ないとはこういう状態。

・あいかわらず大戦略ばかりしている。大戦略における輸送機って、高いばかりで使えないな。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック