2011年06月07日

6/6日記(自作タンメン・III号突撃砲の写真)

Pop is dead.
Pop is dead.・しばらく何もしたくない気分だったけど、少し戻ったかな。たまっていた洗い物を食器洗い機で片付け、台所をすこしきれいにして、タンメンを作る。
・スーパーに行ったらもやしが品切れだったので、カット野菜と生姜、豚肉でスープを作る。味付けは香味(味の素による味覇のコピー品と言って良かろう)ペースで。
・結果、ものすごく薄味のタンメンができた。まあ、薄すぎたら香味足せばいいか。

・一般的な常識として、ラーメンって麺とスープがセットになってるんだけど、麺だけ買ってきてスープは自前で作るというのは、まあ楽しいですよ。鶏ガラスープなんて、時間はかかるけどそんなに難しいものではないし、極端にいえばスープの素使ってもいいしね、さらに鰹、昆布、いりこあたりの無添加の顆粒なんかを足しつつ、とか。
・で「ラーメンは鶏ガラスープが命」なんていう迷信が浸透してるけど、あれは間違いで、タレですね、醤油だれ、あれがうまく作れれば良いように思いますね。僕は豚のかたまりを、味ぽんで煮たりします。味ぽんをビン半分くらい使って煮る。生姜、大蒜、葱とか入れても良い。で、この煮汁をタレとして使うんですな。
・素人っぽい味のラーメンができますよ。ラーメンというより、おでんのつゆに近い味。昔の屋台ラーメンって多分こういう味だったんじゃないか、というような。

・さて、III号戦車完成。色々考えた結果、結局車体番号もドイツ軍の鉄十字マークも表示しない感じに仕上げた。これだと締まらないなあ。
・特に、ジャーマングレイの単色塗装の場合、大きめのデカールを貼らないと締まらない気がする。つーかジャーマングレイに鉄十字は必須だなあ。
・多少考証を無視してでも、デカール貼れば良かったなあ。

・で、III号戦車の前に完成したIII号突撃砲の写真をアップしてみる。
・突撃砲は自走砲の一種で、戦車と違うのは砲塔が回転しないことって事でいいと思う。

IMGP0001s.JPG

IMGP0003s.JPG

・カメラで撮ると、肉眼では気づかなかったアラが目立って恥ずかしいのだけれど、趣味だしその上、人生で初めて作った戦車なので、こんなもんでしょう。
・すきまをパテで埋めたりしないし、部品は失くすし(この写真では方向指示器が両方取れてる)随分適当な作り方をしてます。しかも、作りながらペタペタさわるので、完成する頃には皮脂で結構汚れる。しかし、これは汚し効果として割と良いんですよ、実際。
・汚し作業としては、まず全体にライトサンドをうすくかけてホコリっぽい感じにし、あとはハイライト、すす、錆なんかを塗り(これはアイシャドウとかああいう感じの塗料が売られている)、キャタピラは主にタミヤのウェザリング用ペン(柔らかいクレヨンみたいな物)で泥を塗るという感じ。

・III号突撃砲は基本色をスプレー塗装したんだけど、III号戦車の方はすべて筆塗りにした。戦車塗装の原則はスプレーらしいんだけど、1/48という小さな模型の場合、筆塗りでもいけるんじゃないかと思う。
・もう既に新しいプラモ(ティーガーI)の製作にかかっていて、こっちはスプレー使おうかと思うんだけど、その結果によっては今後も筆塗りメインでいく(ただ平面構成のヤークトパンターやヘッツァーの場合はスプレーの方が無難かも)
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック