2011年08月19日

8月中旬日記(文房具の話)

Pop is dead.
Pop is dead.・twitterはblogを書くためのメモ帳として使おうとか思ったけど、どうもそういうわけにいかないようだ。twitterに書くような内容は100文字やそこらで完結する内容であって、blogに書く内容とは違う。
・blogに書く内容は、twitterとは別にメモしておいて調べたり練ったりしてから書きたい感じ。その時の「メモ」っていうのは、例えばiPhoneなのかというとちょっと違うんだよなあ。以前から僕は携帯で文字打つのが嫌いで、iPhoneであってもそれは変わらない。メモは手書きだろう、と思うわけです。
・だから、モレスキンのメモ帳付きiPhoneケースっていうのは画期的だと思うわけですよ。でもあれってiPhone4には対応してないので。
・で、ちょっと検索してみたんだけど、iPhoneとメモ帳とペンを同時に携帯できるiPhoneケースって見あたらない。ニーズないのかね。

・そんな事を考えていて、そういえば文房具って気の利いた物がないなあ、とかいう事に気づいた。以前も書いたけど「片手で書けるメモ帳」って、あるのかもしれないけど、僕は見たことない。いや、書斎館のノベルティーでもらった革のメモ帳はそれに類するものだったか、しかし普通の文具として「片手で書けるメモ帳」を見ない。
・何のことを言ってるのかというと「背面に滑り止めがついたメモ帳」です。左手に受話器を持ち、電話しながらメモを取る。この時、メモが滑ってうまく書けない。こんな事、誰もが経験していると思うのだが、それを解決するメモ帳がない、というのはどういう事か。文房具メーカーは無能揃いか!と思うわけです。
・さらに言うと、手帳っていうのは無数に発売されてるわけですが、手帳に挟んで持ち歩けるようなペンっていうのは、すごくニッチな市場らしく、あるにはあるが種類が少ない。技術が進化すれば、極細のシャーペンや万年筆も作れそうなはずなのに、ボールペンしかないし。
・最近流行った「クルトガ」とかね、あんな地味な機能要らないっていうの。もっと開発に力入れるべき部分があるんじゃないの?と思って怒っておったわけです。

・で、クルトガで気づいた。あれは主に中高生の間で流行ったと思うんだけど、そもそも文房具の主要市場は中高生なんであって、大人は相手にされてないんだ、という事です。
・文房具を自分で選んで買うのって中高生から大学生なわけですよ。大人は買わないじゃない。大人は、会社にある文房具を使う。自分で選ばない、自分で買わない。だから、大人向けの文房具を一生懸命開発してもしょうがない、というハラが文具メーカーにはあるんだろうなあ、という事です。中高生は電話しながらメモなんて取らないし、手帳を持ち歩いてスケジュール管理なんかしない。だから、ビジネス向けに最適化された文房具というのが少ないのだろう、という気がします。
・だから大人たる物、文房具ぐらい買おうよ、と思うわけですよ。お仕着せの文房具じゃなくて、自分で選んで買え、そしてレビューせよ、と思う。

・言った手前、ちょっと書いておくと、僕が使ってる文房具の一部は、
・LAMYサファリの万年筆(黒・赤)とローラーボール:すべてスケルトン。仕事で日常使う筆記具はこの万年筆(ペン先はEF)。仕事で使うので、手軽なカートリッジを使用。半年に1度くらいペン先掃除が必要だけど発色・書き味ともに普通に良い感じの万年筆だと思う。対してローラーボールは結構最悪の書き味で、かすれが出やすい。サファリの上位にアルスターというシリーズがあるが、つや消しの金属製のため、キャップをお尻に付ける時に「カシュ」という独特の感触がある。あれが嫌なので、僕はサファリ派。
・PARKERのボールペンとシャーペン:PARKERのシャーペンは、ノックすると先端部分が引っ込んで本体に収納される。先端の細い部分はポケットに入れると引っかかったり布を破るし、折れる可能性もある。この先端部が本体に入る仕組みは良い。ボールペンはそもそも嫌いなのだけど、ないと困るので1本だけ持っている。やはりちゃんとしたメーカーなので、ボールペンもかすれは少ない。

・家にはウォーターマンのカレン、ペリカンのデモンストレーター、LAMYのnexxなんかがあるけど、あまり使わない(これはもったいない、と我ながら思うが)カレンは持ち運ぶとインクが漏れるのが難。デモンストレーターはLAMYと同じEFを買ったんだけど、LAMYよりずっと細くて、というか細すぎて書きにくい感じ。nexxは子供向け万年筆なんだけど、なんとなく絵を描くのに向いてるような気がしている。
・家ではむしろサクラのPIGMAをよく使う。高校生のころからPIGMA好き。

・LAMYのサファリは万年筆入門として良い感じがします。カートリッジでも手軽に使えるし、コンバーター(インク壷からインクを吸い出すユニット)にも対応してるし、値段も実売3000円くらいで廉いし。

LAMY(ラミー) サファリ 万年筆 ペン先 EF(極細) スケルトン
LAMY(ラミー) サファリ L12 万年筆 ペン先 EF(極細) 万年筆 約142×14mm スケルトン(l12ef)

・注文していたAKGとJBLのイヤフォンが届く。ともに3000円程度(定価は1万円くらいだと思う)
・JBLの方はバルク品ということだったが「中古品か?」と思うほどの簡易包装で届いた。カナル式というのか、あの装着感にまだ慣れないが、きょうびのイヤフォンというのは随分音が良くなったものだとは思う。
・しかし、もとより私はオーディオマニアではないので、高級メーカーの音の違いなど、よく分かりません。

JBL 高音質インイヤーヘッドホン JBL referense220(ホワイト) JBLREF220WHT-H
JBL 高音質インイヤーヘッドホン JBL referense220(ホワイト) JBLREF220WHT-H←現在2,500円。この価格でJBLオーナーというのは素敵です。
・この異様に廉いやつは三和商事という所が扱っているバルク品という事で、箱・説明書・交換用の耳栓やその他のアクセサリはなし。激烈簡易包装で届きました。そういうの苦手な人はやめた方が良いかも(通常品もAmazonの上記ページから買えますが、1万円近くするようです)

AKG カナルタイプイヤフォン K324P CHROME
AKG カナルタイプイヤフォン K324P CHROME←これも3,000円くらい。
・こっちも三和商事というところから買ったけど、これは箱など全部附属。
・ただAKGの方はジャック部分がごつめなので、カバーを付けたiPhoneには入らない可能性あり。というわけで私はBluetoothレシーバ専用にします。もったいない感じもするが。

・最近、肉食文化の分布と被差別部落についてちょっと興味が出てきたので軽く調べようかと思う。
関西の牛肉文化、関東豚食文化の原点はどこでしょうか?。 - Yahoo!知恵袋
・肉食が禁忌だったころの、実際の状況はどうだったんだろう。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック