2005年04月05日

愛と渇望の一斉放水

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 僕の家から電車で10分くらいの所に彼女が住んでいるという事実を突然思い出してしまうと、仕事中なのになにもかも全てが抜けてしまって、呆然としてしまう。
 急にその場にへたり込んで泣き出してしまうかも知れないような。失踪&引きこもりの2ヶ月休職を除いて、会社にはそういう恋愛感情とかを持ち込まなかったのだけれど、やはり昨日のあの話が僕にもたらしたショックは大きかったということだ。
 今までは、いや今やっと、僕の人生とは全く別のものだと認めた彼女の人生。もう交叉することはないと割り切った彼女の人生。
 その彼女の近況を、後輩から初めて聞いて、もう僕の中では死んだ、いや消え去った彼女が、本当はまだ生きていて、しかもすぐそこで暮らしていると知ったのだった。知ったというか、今まで気づかないふりをしていたこと、そういう事実を目の前に突きつけられたということだ。
 途端に会いたくなって、会社ではそんなことを忘れているはずなのだけれど、今またそんなことを思い出して会いたいと思っている。春だからだろうか?また消え去りたくなっている。彼女と会えない人生なんていう物に僕はなにも価値を感じないのだよ。だからお前も愛してくれなんていう傲慢さもないのだよ。だからどうしようもない。
 ここ数ヶ月、彼女への気持ちに区切りをつけた気持ちでいたけれど、それは一旦気持ちをダムに溜めていただけだと思えてきた。今、その気持ち一斉放水中。
この記事へのコメント
去年の今ごろあなたがいなくなったとき、とにかく生きて帰ってきてくれることだけを考えていました。
そして、こんなにも愛してくれる人がいるのになぜあの子は逃げてしまったのか・・・バカな女だよなあいつ って思ってたよ。
 結婚を決めたとき、私はあなたとやりたいことがいっぱいあった。だけど、そのどれもが私とあなたが愛し合っていることが前提のことであって、今わたしのことなど一ミリも想っていないであろうあなたとは、何ひとつできない事ばかりだと言うことに気づきました。
 簡単に言えば、もう、あなたとは友達でいいんです。夫婦じゃなくても。
かえってそれが人生の妨げになるそう思えるのです。
だから、この際、手続きがめんどくさいとか言ってないで、離婚しましょ。

あなたは、桜が咲くのを見るたびに、あの子のことを思い出し涙するのでしょ。そんなの嫁として見たくないですからね。
Posted by yomo at 2005年04月06日 16:02
1ミリも思っていないというのは違うよ。
ごめんなさい。
Posted by LSTY at 2005年04月06日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック