2005年04月07日

4/6日記(YMO・ノクターン号・胴乱の幸助)

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami)・車の中で「YMO GO HOME」を聴いているのだけれど。
・当たり前の事ながら、YMOのすごさっていうのを感じた。
・エヴァーグリーンという言葉があるけれど、YMOはまた違う。
・正に「いつ聴いても新しい」
・「BGM」や「テクノデリック」に収められている内の数曲は、今でも前衛的な魅力を失っていない。
・パーカッションの音やベースライン、SE、何度も聴いている曲なのに、今でも「衝撃」のようなものを感じてしまう。
・YMOを継承した物は、今までも随分いたように思うのだけれど、しかし、これほどまで長きにわたって前衛であり続けるような存在は、あれ以来生まれていない。

・帰宅して「水曜どうでしょう」のサイコロ企画中、最低の駄作との呼び声高い「サイコロ6」を見る。
・いや、ノクターン号が見たかったんです。ノクターン号で「あったか灯油、だもんね♪」というテレビCMを指で指揮している大泉さんがかわいい。

・泡盛を呑んで寝る。
・未明、目が覚めて桂枝雀「胴乱の幸助」聴く。
・いわゆる、枝雀らしい爆笑ネタではないが、実は笑いどころが多い。ベッドの中で2度ほど爆笑。(ヘタレの方が喧嘩のいきさつを説明した後の幸助のリアクションと、「向こう傷のおやっさん」を夢見る幸助の独白の部分で)
・しかしそれ以上に、構成が非常に複雑な落語だと気づく。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック