2006年12月05日

12/1-4日記(シティボーイズ「マンドラゴラの降る沼」)

Pop is dead.
Pop is dead.・最近、休日は昼から飲んでグダグダと過ごしています。
・今年の冬は暖かいと思っていたら、数日前から急に寒くなって外に出る気がしません。

・金曜、映画「ラストエンペラー」見る。戦後、溥儀が自殺を図るシーンや収容所での寒そうな空気が好き。あといつも思うのだけれど、少年期からジョンローンに至るまでの溥儀役を見ているとベルトリッチには美少年趣味があるのではないかと感じる。
・土曜、「チューボーですよ」でカルボナーラを作っているのだけれど、どういうわけだか玉葱を入れている。玉葱を入れると「喫茶店風カルボナーラ」になってしまうではないか。
・日曜、茄子のミートソースでスパゲティー。料理が面倒臭いので、鍋に青葱・ひき肉・茄子・トマトとトマトソース・油・塩・胡椒を投入して火にかけるという手抜き料理で。
・月曜、ついにHOLGAを購入

・同じく月曜、シティーボーイズ「マンドラゴラの降る沼」DVD届く。近年のシティボーイズ公演の中では出色。2年前の「メザシ〜」で大いに落胆し、昨年の「メンタル三兄弟」では少し持ち直したものの、しかし面白くはなかった。今年は久しぶりに「爆笑できるシティボーイズ」が復活。
・冒頭、きたろうの「それじゃ餃子じゃないじゃないか!」で爆笑。
・オープニングアニメはもろモンティパイソン。原子力発電所のネタなど、ブラックでありながら実に楽しい。それもイギリス風なブラックではなくて、日本ならではの自虐ネタ。
・最近のシティボーイズ公演では、中村有志やいとうせいこうが笑いの中心になっているケースが多かった。彼らがいなければ成立しない感じ。しかし今回はきたろうが大活躍。本来のシティボーイズの面白さが久しぶりに出た公演。ここ5年くらいのリリースの中では最もおすすめできる1枚。
・ジャケットも良し。

シティボーイズミックス「マンドラゴラの降る沼」
シティボーイズミックスPRESENTS マンドラゴラの降る沼


・この週末聴いた落語。

・三遊亭圓生「夢金」
・同「錦の袈裟」
・古今亭志ん朝「二番煎じ」
・立川志の輔「帯屋」
・同「御神酒徳利」
・桂枝雀「質屋蔵」
・柳家小三治「たまごかけごはん・駐車場物語」
・三遊亭金馬「蔵前駕篭」

・冬になると良いのが志ん朝師匠の「二番煎じ」や金馬師匠の「夢金」。圓生師匠の「夢金」はサゲが良くない。
・そういえば米朝師匠の「けんげしゃ茶屋」を買わねば。
・そろそろ志ん生師匠を買い始めても良いかな、と思う。
・しかし昔の音源を買う時に気になるのが「良い高座=良い音質で録音された高座」では無いということ。
・CDになる際には音質が重視されるので「音質は悪いが良い高座」というのがリリースされにくい。これは残念。
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
お買いになったんですねー♪
私にとって初シティーボーイズが
「マンドラゴラ」だったことはラッキーでした。
他の作品だったら、もしかするとシティーボーイズのこと
好きになれなかったかもしれないです。
モンティ・パイソンも気になってるのですが
未体験です。
最近、すっかり読書には興味がなくなってしまって
もっぱらお笑いにはまっています。
Posted by LIN at 2006年12月05日 11:46
■LINさん
 今回はきたろうが光ってました。居酒屋で息巻いてるシーンなんて素晴らしすぎます。
 モンティパイソンはちょっとインテリ臭い部分があるんですよ。ベストがでてるんで、それから見るのが良いのではないかと思います。スティーブマーティンが出てる奴。

>最近、すっかり読書には興味がなくなってしまって

 随分極端ですね。僕は飽きっぽい性格なので、年中いろいろかじっては他に行ってを繰り返しています。
Posted by LSTY at 2006年12月06日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック