2005年04月15日

黄金比についての勘違いと覚え書き

Pop is dead.
DOB_devil(byTakashiMurakami) 半分に折っても長辺:短辺の比率が変わらない紙というのがありますね。その比率を黄金比だと勘違いしていたのですが、違いました。
黄金比のいろいろ
 黄金比とは、(1+√5)/2:1
 具体的に数字にすると1:1.618だそうです。
 ちなみに、さっき書いた「半分に折っても長辺:短辺の比率が変わらない」比率は、長辺=a、短辺=bで、共に正の数だとすると、

 a:b=b:a/2
 b*b=a(a/2)
 b*b=(a*a)/2
 √(b*b)=√((a*a)/2)
 b=a/√2
 b=(1/√2)a
 b≒0.707a
 a:b=1:√2≒1:1.414

 になります。多分、理系の人にとっては当たり前のことなのだろう。そして多分、上の数式の表記とかにも間違いがあるはずだ。
 そんなことはいいや。
この記事へのコメント
よくわからん
Posted by at 2005年11月30日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック