2006年12月26日

12/25日記(黒い巨星、ついに墜つ)

Pop is dead.
Pop is dead.・JBついに死ぬ。web上でも「残念」という意見が大多数だけれど、僕は不謹慎にも「やっと死んだか」という思い。
・死のうが生きていようが、JBはJBであり、その偉大さに変わりはない。例え死のうがJBは「存在」している。「僕たちの心には生き続けているんだ!」なんていう軟弱なものではなく、もっとはっきりと存在し続ける存在。

・昨日、焼き魚のおいしさに驚いた私は引き続きスーパーの魚売り場へ。
・しかしここら辺のスーパーで新鮮な魚を買ったことがない。生で食べるのは憚られるようなひどい魚ばかりである。
・なので、干物や塩漬けのコーナーを物色。
・北陸で食べた「温泉かれい」がおいしかったので、白身魚の干物を買おうと思うが、そういうのがない。季節柄、「ふぐの一夜干し」なんてのがあるが、中国産である。「JAやまぐち ふぐの一夜干し(中国産)」なんてのがある。わざわざブランドを傷つけるような商品を出さなければいいのに。正にこういうのを「愚」と呼ぶのであろう。
・しかし驚きますね。国産の魚の少ないこと。鮭はノルウェー産、ふぐは中国産。
・嫁のアドバイスに従い、鰯を購入。千葉県産いわしの丸干し。

・随分長い間パスタ生活を続けてきたが、焼き魚でパスタというわけにはいかず、炊飯用の土鍋を買う。1000円也。廉い。

・帰って鰯を焼き、食べる。実に旨い。しかし鰯の場合、肉に比して骨や内臓が多い、つまり雑味が多い。

・昨日のM−1を部分的に見直す。変ホ長調は悪くないな。最低だったのはトータルテンボスとフットボールアワーかな。
・フットボールアワーは好きなんだけど、あんなにポピュラーなネタを持って来るというのがいかにも手抜きだ。少なくとも「テレビではやっていないネタ」を演じるべきだと思った。
・麒麟、面白かったけどなあ。ボクシングネタというのが去年の野球ネタとかぶって多少弱かったかなあ、という感じだけど、ガッツ石松のくだりとかかなり好きでした。
・笑い飯は最初のネタ、敢えてダブルボケを廃した方が良かったんじゃないかと。「はしたろうくん、カッコ箸A」からの怒濤の展開は素晴らしかったです。あそこら辺からミスターXっぽい感じで行けば、個人的にはツボでしたね。二つめのネタが見たかった。

・墓場鬼太郎、角川文庫版の93ページに「タワリシチ」の文字。シティボーイズ公演、斉木しげるの台詞、あれだ!

In the Jungle Groove
In the Jungle Groove
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック