2007年01月23日

1/22日記(鶏がら1日目)

Pop is dead.
Pop is dead.・ウォシュレットでお尻を乾燥させていると、ブレーカーが落ちる。この冬初めてのブレーカー落ち。
・エアコン、デロンギ、湯沸かしポット、ウォシュレット、これで落ちるのか。ウォシュレットの乾燥が電気を食うというのは盲点だった。
・お尻丸出しのまま暗闇で電気復旧。

・冬なので何もする気の起こらない日を過ごす。寒いのでやる気のなさは仕方ない。大切なのは、やる気を伴わず、しかし有効に時間をつぶすことである。時間をつぶさなければ、アルコールによって私の体は甚大な被害を被る。
・というわけで、博多風水炊きを作ろうかと思い、鶏がらを購入する。
・鶏がらを下茹でし、それと玉ねぎ、人参、ごぼう、生姜、大蒜。これに水を満たし、中火で煮る。
・二時間茹でたところで鶏がらを出し、骨を切って再度投入し、更に煮る。
・澄んだスープを取りたい場合は弱火で沸騰させないように沸かすが、今回は白濁スープにしたいため、盛大に沸かす。

・失敗の予感がするのですが、失敗するまでちょっと間があるので、料理の基本を。
・鶏でも豚でも牛でも、「煮込んでスープを取る」という場合、一般的には「骨からスープを取る」ということです。で、それは「骨髄の旨味をスープに取る」という事です。
・これは基本なんですが、分かっていない人も多いような感じ。ケンタッキーのフライドチキンの骨、あれを割って赤黒い骨髄をなめてみてください。これ、非常にうまい。この旨味を取る、というのが「煮込んでスープを取る」ということです。
・だから、骨髄を露出させた方が旨味がよく出る。骨を切るのはそのためです。

・関係ないですが、ケンタッキーフライドチキンのおいしい食べ方を一つ。
・まず適当に身をほぐしてしまう。
・それとは別に、長葱を切る。細切りで良いでしょう。これを、ごま油で炒める。音がしてきたら、ほぐしたフライドチキンを投入し、十分に暖まるまで炒める。
・これは結構おいしいものです。

・さて、失敗の予感の鶏がらですが、さらに1時間煮て、とりあえず今日は終了。火から下ろし、屋外に出して冷まし、冷蔵庫で明日まで待機。
・入れ替わりに、冷蔵庫に入っていた白菜漬けを出す。漬物の世界は、多分面白い。

・mixiの足跡を見ていると、先日言及していた工藤澪監督の足跡がある。プロファイルを見ると「包茎を舐める女列伝」はプレイボーイの「変なAVランキング」みたいなキワモノ部門にランキングされたらしい。日本のメディアはやはりクソ以下だ。オーヴァーグラウンド以外の物を認めない。これでは「いじめ」なんてものは絶対に無くならないと思う。

・「いじめ」というのは極めて中学生的な童貞感覚から始まるものだ。つまり「普通でない物は受け入れない、そしてオレは普通だ」という感覚。
・しかし実際は違う。「世の中は普通じゃないことだらけ、そして、オレだって普通じゃない」
・このギャップがつまり「オレという童貞」と、「オレ」の間にある溝だ。
・プレイボーイは「オレという童貞」に媚びを売るメディアの代表格だと思う。それゆえに価値を持つが、しかし最終的にはくだらないメディアだ。いじめっ子であることを自覚しながら、それに気付かないふりをしている、そういう存在。

・包茎についてはもっと語りたいんだけど、まあこの辺で。
・今日料理をしながら思ったのは、僕は大した変態ではないということで、つまり「一生懸命な変態」ではない。例えば「スカトロの求道者」ではないし、「こういうプレイじゃなきゃ、興奮しない」なんていうことは全くない。そういう意味では全くのノーマルである。つまり言うなれば私は「排泄を嫌悪しない物」でしかない。
・つまり変態的な「愛好家」ではなくて変態趣味の「非嫌悪家」であって、これが僕の性的趣味を拡げているだけである。

(以上、後半はかなり酔って書いたものですがそのままアップします)
posted by LSTY | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
デロンギを使っていると知って、「LSTYさんらしいなぁ」と思いました。何でそう思ったのかはよく分かりません。
Posted by junkMA at 2007年01月23日 19:01
■junkMAさん
 舶来品好きですからね。そういうイメージでしょう。無駄にヨーロッパ物が好き。
 あと、デロンギの素晴らしい所はかなり低い温度を維持するのが可能なんです。目盛りを最低近い「1」にして使っています。不快な温風も出ないし。
Posted by LSTY at 2007年01月24日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック