2013年05月20日

Electribeだけで作ったトラック

Pop is dead.
Pop is dead.・職場の同僚がコルグ・volcaを話題にしていて、そういえばうちにElectribeがあるなあ、と久しぶりに引っ張り出して遊んでいた。Electribeくらいのサイズだと、パソコンの隣に置いて遊べる。

・それで作ったトラック。


・バスドラムとハンドクラップは、サンプリングCDから録った物、あとの音はアルミ缶を潰した音(生録音)それにアナログシンセで演奏したパターンをフレーズごとサンプリング。
・シンセをフレーズごとサンプリングするという発想はなかったけど、こうやってループを組んでフィルターをかけるだけでトラックらしきものができてしまう。

・やっぱり面白いな、と思ってYouTubeや通販サイトを見てみると、今の楽器はすごい。なにしろ小さいのが良い。僕は20年来のミニ鍵ユーザーなんだけど、それこそ20年前にはミニ鍵は邪道、下の下、みたいな扱いだった。それが今はDTMに関してはミニ鍵が主流、これがまず嬉しい。
・そしてコルグなんかが小さくて面白い楽器を色々出してる。volcaもそうだし、microKORGシリーズなんかすごく良い。で、廉い。microKORGも廉いし、ベリンガーのミキサーなんて、1万円台だよ。
・また、ソフトウェアがすごい。Arturiaというメーカーのビンテージシンセ音源とかすごい。パソコンでシーケンスするだけじゃなくて、録音まで出来るとか、そういう時代になってたのか、全然知らなかった。

・学生をやめてから、何度か楽器を買ったりしたけど結局音楽はほとんどやらなかったんだけど、こういう状況なら気力的にも経済的にも空間的にも出来るなあ、と思い、早速、機材の整理を行った。
・とにかく、うちにある使わない機材、大きい機材を処分することが先決。でかいキーボードを処分してDTM用ミニキーボードに交換し、でかいミキサーを処分してラック搭載の小さなミキサーにする予定。そうです、基本的にはラックに集中させる。ミキサーもエフェクターもラック。あとは原則、小さな音源だけ使う。

・そんな構想を描いて、まずTASCAMのUS-200という機械を買った。これに Cubase(キューベース)のLE5というソフトが入ってるので、シーケンスも録音もこれだけで出来る。キューベースといえば昔からプロも使っているシーケンサーの定番なのでこれを使おう。
・ライセンスの発行がめんどくさいけど、インストールは普通に出来た。操作も思ったよりは難しくない。難しいけど。
・それで驚いたのは、キューベースの中に音源があって、さらにエフェクターも使える。早速エレピの音にオーヴァードライブとロータリースピーカーなんかかけてみる。面白みのない音だけど、キューベースがあれば一応なんでも出来てしまうんだなあ、と技術の進歩に感心した。

・あとはキーボードとミキサーを買えば最小の構成は出来る。あと、ラックのミキサーを使うんだったら、パッチベイも要るよなあ。

・現時点で気付いたこと、問題点など。

■Cubase LE5
・操作や概念の理解が難しいかと思ったが、外からの録音・内部音源・演奏データ(MIDIデータ)なんでも記録できるテープが何本もあって、そこに音やデータを配置するという考え方。意外と分かりやすい。
・入力音量を表わす右側のインジケーターの他に、左側のインジケーターがチラチラしている。接触不良によるノイズかと思ったが、どうもそういう感じでもない。謎。
・新規プロジェクトは「空白」で立ち上げるのが普通?
・内蔵音色は足りない。これだけで音楽作るのは、無理とは言わないが厳しい。

■US-200
・キヤノン型とかいうケーブルが必要かと思ったら、標準モノプラグが使える(キヤノン型でも標準プラグでもさせる形状の入力端子だった)
・出力はわりと小さい。USBハブに外部電源供給しても変わらないので、電力不足というわけでもないと思う。そういう仕様
・接続しっぱなしにしてたら、一夜明けるとバグってるっぽい(PCからの出力音がノイズだらけになる)

■Electribe-S mkII
・演奏させながらリアルタイムでトラックを編集する場合、音色を選ぶためにパッドを押すと、その音が出てしまう。シフトを押しながらパッドを押せば、音を出さずに音色の切り替えだけ出来る(こっちをデフォルトにして欲しい気もするが)
・フレーズサンプリングして、それをパターン(トラック)で鳴らす場合、音が途中で消えるケースがある。ホールドされずに、トリガーが出ている時間だけ再生されているような感じ。これは原因不明
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械や機材 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック