2013年05月23日

Arturia「MINILAB + AnalogLab」を一晩触った感想

Pop is dead.
Pop is dead.・ArturiaのMINILABが届いた。
・久しぶりに楽器で遊んでみたくなり、昔を懐かしんでYouTubeでヴィンテージ・シンセの動画などを見ていると、フランスのArturiaというメーカーが良質なアナログモデリング音源を発売していると知った。
・僕が知っているアナログモデリング音源というと10年くらい前の物(YAMAHAのAN200)で、出来が良いとは思えなかったのだが、今はパソコン上で動く高音質な物が出来て居るんだなあ、と感心した。
・そこで最終的に見つけたのが、Arturiaが今年出したばかりの「Analog LAB」というソフトシンセ。ソフトシンセって好みじゃない気がしたんだけど、今回の音楽製作のテーマに「省スペース」ってのがあり、何しろ場所を取らないのが採用の理由である。というか1万5,000円以下で、ミニムーグやプロフェット5どころか、ムーグIIIcが買えてしまう!と聴けば、ある種のマニアなら無条件に飛びつくだろう。



・で、これはWin/Mac上で動くソフトシンセサイザー「Analog Lab」と、USBにつなげる鍵盤「MINILAB」のセット。キーボードはUSB専用で、MIDI端子は付いていない。
・PCにつなげるキーボード(いわゆるキーボードじゃなくて、鍵盤ね)も欲しかったのでちょうど良かった。25鍵、つまりほぼ2オクターブしか鍵盤がないので少し躊躇したが、コントロールノブやパッドも付いているので、これにした(コルグの37鍵と少し迷ったが)

・で、来ました。箱を開けると、ほぼキーボード本体のみ。ソフトのインストールCDは付いていない。インストーラをインターネットからダウンロードしてテメエで入れる方式。インターネットサイトは英語だが、簡単な手順の流れを日本語で説明した紙切れが一枚付いてくるので、中学生程度の英語が出来れば作業可能と思われる。
・ユーザ登録が必要なんだけど、名前とメールアドレスくらいが必須事項で、住所なんかは登録しなくてもOK。
・「Analog Lab」を入れたら、その後で「MCC」ってのも忘れずに入れること。これはキーボードの制御をするソフトで、インストール不要のEXEファイル。
・キーボード(MINILAB)の接続には、特別なドライバは不要。PCにつなげば勝手に認識してくれる。

・で、「Analog Lab」を起動&アクティベーションし、鍵盤を押してみたが、鳴らない!おいおい、と思ったが初回の起動時に、デバイスの設定をしないといけないのです。これは先述の紙っぺらにも書いてありますので、読み落とさないようにしましょう。

・音は、やっぱり良いね。ただ、いわゆるアナログシンセのピコピコ音ではなく、高級アナログシンセが頑張って出すような重厚なブラスサウンドみたいなのが中心。80年代のロックバンドが使ってたような音、という印象。シンセベースの音も、例えばTB-303みたいな90年代以降の音ではなくて、70年代のファンク系か、あるいは地味目の音がほとんど。
・なのでテクノ系には少し向かないかなあ、という印象があるのもの、レゾナンスやカットオフなどフィルターやエンベロープはいじれるので、プリセットではなく加工した音であればいくらでも使いようはあると思う。
・で、エレクトリックピアノ「Wurlitzer」の音が良い。しみじみとして良い。
・それから松竹秀樹自身が作った(と思われる)、YMOの曲に使われた(と思われる)音がいくつも入っている。これも好きな人にはたまらないポイント(音色作成者にMatsutakeとクレジットされてます)

・ところで「Analog Lab」の動作環境はCPU:2GHz以上。今まで気にしたことがなかったが、私のPCは1.5GHzだった。このスペックで、オーバーハイムのブラスをポリで鳴らすと、CPUの限界に達し、音が見事に途切れる。印象では、オーバーハイムが一番CPUを食うようだ。Wurlitzerなんかは、このスペックでも鳴る。

・で、キーボードなんだけど異様に堅いのね。これはどうなんだろ?最近のミニキーボードってこんなのなの?いや、microKORGなんかはもっとソフトだったと思うが。
・あと、モジュレーションとピッチベンドのインターフェイスが、ホイールではなくタッチ・スライダーなんだけど、これの反応が悪い。使い物にならん。
・というわけで、キーボード目当てに買う人がいたら(いないと思うけど)あまりお薦めできません。

・以上、一晩触った感想でした。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | 機械や機材 | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック