2014年01月22日

Wizardry日記(レベル20忍者作成とグレーターデーモン退治)

Pop is dead.
Pop is dead.・グレーターデーモンを倒し続けて盗賊がレベル21になったので「盗賊の短刀」で忍者に転職
・途中まで育てて放置していたビショップを連れて二人でB9Fに行き、ナイトストーカーのエナジードレイン(レベル下げ)に遭ってレベル20の忍者を作る。
・今まで侍・侍・ロード・盗賊・僧侶・ビショップだったが、二人目の侍を外し、侍・ロード・忍者・僧侶・ビショップに新しく作った僧侶を追加。この僧侶は呪文を覚えた後、魔術師に転職させる。

・僧侶をレベル13にまで育てて、そこから転職して魔術師がレベル13になるまでに合計経験値は86万。ビショップを1から育てた場合、経験値86万でも同じレベル13であって、全ての魔法を覚えるレベル22までは450万もの経験値が必要になる。
・この数字を見ると、ビショップを魔法要員として使うのは全く現実的ではない。基本的に鑑定要員であって、おまけとして低級魔法がいくつか使える程度と考えるべきだと思う。
・なので、魔法の主戦力としては「僧侶の魔法も使える魔術師」「魔術師の魔法も使える僧侶」の二人を揃えるのが楽だし現実的
・2回転職して、魔術師→僧侶→ビショップというキャラクターを作る手もある。加齢の問題はあるものの、長くプレイする場合、これが一番良いのかも。

・忍者についての誤解。「忍者の罠解除能力は盗賊より低い」という思い込みがあったが、解除能力は同レベルの盗賊と多分同じ。低いのは「罠識別能力」で、これは識別魔法カルフォとの併用で解決できる問題。

・グレーターデーモンを倒し続ける場合、嫌なのが麻痺+毒攻撃。毒は戦闘終了まで放っておいて良いのかと思ったら、戦闘中でも1ターン毎にHPが減ることが分かった。これはドラクエと違うところで、しかもグレーターデーモンとは何十ターンも戦い続けるので、放っておいたら死にかねない。
・どうせマディで全回復させるので毒についてはHP50くらいまでなら放っておいても良い、という考え方もできるが、麻痺はすぐに直す必要がある。これが厄介で、麻痺を直すアイテムはないのでディアルコで直すしかない。ディアルコが切れるとどうしようもないのだが、前方にいるロードのディアルコを頼りにしていて、そのロード自身が麻痺してしまって「詰み」というミスをしてしまった。ディアルコは後方から優先して使うことを意識しないと。
・あと「蛇のメイス」には毒耐性があるらしいので、ボルタック商店から買い戻して前方に持たせよう。3本あったかな。なかったらB9Fで探すか。
・あとは戦闘が始まったらマゾピック、カルキなどを連続して唱えて、防御力を可能な限り上げるべきか。見てる感じでは防御力が上がっても攻撃は受けるように思えるんだけど、やっぱり上げておいた方が良いのだろうか。

・グレーターデーモンを倒し続ける場合、相手を何体ぐらいでキープすれば良いのだろう、とか考えてたけどそれはあんまり考えなくても良いのか。8体くらいにキープしておくのが一番良いのかな、常時1〜2体の仲間が加わるくらいのイメージで。ディアルコの残りがあと3くらいになったら全滅させる感じかな。それならある程度安全だろう。

・b10Fをウロウロしていて「転位の兜」を見つける。これも確かレイバーロード。どうと言うことはないが、4番目の僧侶に装備させる。あと欲しいアイテムは「シュリケン」と「悪の鎧」ぐらいか。それが終わったらとりあえず一段落。B10Fでとにかく「ぶき」を見つけるのだ。
posted by LSTY | Comment(0) | TrackBack(0) | Wizardry | このエントリーを含むはてなブックマークこのエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック